@nifty不動産トップ > 住宅ローン > 住宅購入費用のすべて > フラット35の融資手数料
住宅ローン ケース別借り方講座

何にいくらかかるの?マイホーム購入にかかる諸費用

フラット35の融資手数料

融資手数料とは、住宅金融支援機構と民間金融機関の提携ローンであるフラット35という住宅ローンを利用する場合に必要となる費用です。

 

フラット35は、長期固定金利型の住宅ローンとして注目すべきものですが、これは民間の金融機関(都市銀行・地方銀行・信用金庫・信用組合・モーゲージバンク)が取り扱っており、各々の金融機関によって金利が異なります。そして、融資手数料も金融機関によって異なるのです。

 

フラット35には、大きくわけて金利を高く設定したタイプの住宅ローンと逆に金利を低く設定したタイプの住宅ローンがあります。前者の金利を高く設定したタイプの場合は融資手数料を低くし、後者の金利を低く設定したタイプの場合には融資手数料を高くすることが一般的です。

 

つまり、当初の諸費用の負担を抑える代わりに金利を高くするか、逆に当初の諸費用を高くする代わりに金利を低くするかの違いですね。

どちらがお得であるかは、借り入れする人の条件や返済計画によって異なります。

 

前者の金利を高く設定したタイプの場合で数万円程度であり、後者の金利を低く設定したタイプの場合で融資額の1.5%程度(融資額3,000万円であれば、45万円)の金額となります。






このページの先頭へ戻る




戻るMyhome@niftyトップへ戻る
新築情報トピックス
新築マンションセレクション
新規発売をさきどり!好みの物件をみつける
新築一戸建てセレクション
いち早くお届けします。新着物件特集!

売買物件検索