住宅ローン ケース別借り方講座

何にいくらかかるの?マイホーム購入にかかる諸費用

団体信用生命保険料

民間金融機関の住宅ローンの借入の際には、通常、団体信用生命保険という保険への加入が義務付けられています。

この団体信用生命保険は、略して団信(だんしん)とも呼ばれています。

フラット35でも、原則として、機構団体信用生命保険特約制度に加入することになっています。

 

この団体信用生命保険は、住宅ローンの債務者(=借入人)が死亡した場合に保険金が支払われ、これにより住宅ローンの残債を全て返済するためのものです。

この保険に加入していないと、遺族は住宅ローンを支払っていくことになりますが、一家の大黒柱を失った遺族にはあまりにも荷が重いものですね。

 

住宅ローンの借り手としては、たいへん重要な役割を果たすものです。

万一、団体信用生命保険への加入が義務付けられていない住宅ローンであっても加入した方が良いでしょう。

また、住宅ローンの貸し手である金融機関にとっても、債務者(=借入人)が死亡した場合に全額の返済を受けられるのですから、住宅ローン債権の保全という点で非常に重要なものです。

 

一方で、この団体信用生命保険が障害となり住宅ローンを借入できない方もいらっしゃいます。

金融機関がこの保険への加入を義務付けているわけですから、この団体信用生命保険に加入できない方は住宅ローンの融資対象外となります。あくまで保険ですから誰でも加入できるわけではないのですね。

 

この団体信用生命保険料は、民間金融機関であれば金融機関側が保険料を負担します。

しかし、フラット35の場合は、機構団体信用生命保険の特約料を住宅ローンの借入人が負担することになります。

この特約料は年払いとなっているため、毎年、支払う必要があります。

 

その金額は条件にもよりますが、借入金額3,000万円・返済期間30年で、10万円弱程度が初年度の支払額となります。

2年目以降は、支払額が減少していきます。

 






このページの先頭へ戻る




戻るMyhome@niftyトップへ戻る
新築情報トピックス
新築マンションセレクション
新規発売をさきどり!好みの物件をみつける
新築一戸建てセレクション
いち早くお届けします。新着物件特集!

売買物件検索