@nifty不動産トップ > 住宅ローン > 住宅購入費用のすべて > 火災保険料・地震保険料・家財保険料
住宅ローン ケース別借り方講座

何にいくらかかるの?マイホーム購入にかかる諸費用

火災保険料・地震保険料・家財保険料

住宅を購入される方の多くが火災保険に加入されています。火災が起こった際に保険金を支払われるのはもちろんですが、保険内容にもよりますが、水漏れなどの被害の際にも保険金が支払われることが多いです。

 

火災保険に加入していれば、この保険金で住宅ローンを返済し、新たな住宅ローンで家を新築することもできます。住宅ローンがない場合であれば、保険金で新築する(もしくは新築費用の一部に充てる)ことができますね。

 

住宅ローンを融資する金融機関の立場としては、火災保険に加入してもらった方が債権保全の面で安心ですが、火災保険への加入は任意が増えています。ただ、住宅購入者の立場で考えても加入しておく方が賢明でしょう。

 

さて、多くの住宅購入者が迷われるのは、地震保険と家財保険への加入です。

 

最近は地震保険への加入率が上昇していますが、火災保険に比べて高い保険料が判断を迷わせるようです。地震保険は、エリアや建物の構造によって保険料が異なります。

 

家財保険は、火災で家具や衣服に損害があっても火災保険では補償されないため、これを補うためにも重要ですね。家具も新しく揃えるとなりますと、決して負担は軽くありません。

地震保険も家財保険も任意ですので、よく検討してみてください。






このページの先頭へ戻る




戻るMyhome@niftyトップへ戻る
新築情報トピックス
新築マンションセレクション
新規発売をさきどり!好みの物件をみつける
新築一戸建てセレクション
いち早くお届けします。新着物件特集!

売買物件検索