住宅ローン ケース別借り方講座

何にいくらかかるの?マイホーム購入にかかる諸費用

修繕積立一時金

修繕積立一時金とは、新築マンションを購入した場合に必要となることがある費用です。

マンションを購入すると、建物を維持・修繕していく上で様々な費用が必要となります。

これらの費用は、そのマンションの所有者が共同して負担するわけですが、その費用の徴収方法としては、修繕積立金を毎月徴収する方法が一般的です。各所有者ごとに決められた金額を毎月支払っていくことになります。

 

しかし、修繕計画の内容によっては、毎月の負担とは別に、一時的にまとまった金額を徴収することもあります。これを修繕積立一時金といいます。

この修繕積立一時金は、新築時の1回だけ負担する修繕計画の場合もあれば、10年ごとに負担する修繕計画となっている場合もあります。

 

つまり、この修繕積立一時金はマンションによって負担する回数・時期・金額が異なるものです。

 

但し、マンションの新築時には、最初の1回に限っては修繕積立一時金を負担することになっているケースが多いです。

金額は、10〜50万円程度であることが多いです(専有面積が大きいほど負担が大きくなります)。

 

中古マンションを購入する場合は、この修繕積立一時金が必要な修繕計画になっているかどうかを契約前に必ず確認しておき、必要であれば、「いつ」「いくら」必要なのかも購入の参考にすると良いでしょう。

 

 





このページの先頭へ戻る




戻るMyhome@niftyトップへ戻る
新築情報トピックス
新築マンションセレクション
新規発売をさきどり!好みの物件をみつける
新築一戸建てセレクション
いち早くお届けします。新着物件特集!

売買物件検索