1LDKの賃貸物件

寝室は別で欲しいなど、優雅な一人暮らしを満喫するならおすすめの広さです。そこで今回は1LDKにスポットを当てた賃貸物件をご紹介します。

1LDKの賃貸物件とは・・・

1LDKとは、1部屋+リビングダイニングキッチンのことですが、リビングと呼ばれるだけあり、1DKよりもダイニングキッチンが広く、通常は8―10帖以上あります。1LDK賃貸は、アパートでもマンションでも、特に単身や二人暮らしにはぴったりの人気の間取りです。

おさえておきたい2つのポイント!1LDKの賃貸物件

1.女性の一人暮らしには、低―中層階がおすすめ

女性のひとり暮らしで1LDKの賃貸物件をお探しの方には、アパートの1LDKならば2階、マンションの1LDKならば2-4階くらいの高さが丁度良いと思います。2階以上の賃貸物件をおすすめする理由は、やはり防犯上の問題と洗濯物を表に干した際に外から見えにくくなることです。ただし、点検や故障などでエレベーターが使えなくなる可能性もあります。階段で昇り降りすることを考えると、体力的に、高くても4階くらいまでが妥当であると思われます。

2.窓の方角で部屋の性格ががらりと変わります

賃貸1LDKの部屋では、メインとなる窓の数も限られますので、その窓がどちらの方向を向いているかは、部屋選びにおいて重要なポイントの1つになります。必ず1LDK賃貸の間取り図で窓の方角を確認しておきましょう。窓の方角によって、朝日が入るのか、昼間に日光が当たるのか、西日がさすのかが変わってきます。同じ建物の中の賃貸1LDKの部屋でも、窓の向きが違えば、同じ時刻でも部屋の印象が全く異なることもあります。在宅する時間帯や、洗濯を干すことの多い時間帯を考慮して、ご自分にあった賃貸1LDK物件をみつけましょう。
画像

住みやすい街を探す

住みやすい街サーチ 住みやすさから街を探す。理想の住まいを見つけよう。

街の住みやすさ情報を掲載中!

街の特色や教育・保育・治安などの情報、交通情報やイベント情報、口コミなどを集めました。
あなたにぴったりな街を見つけましょう!

住みやすさ情報をもっと見る>>

1LDKの賃貸マンション・賃貸アパート・賃貸住宅を探すなら@nifty不動産。
1LDKでは部屋数が限られているので念入りなお掃除もし易いですし、リビングを生活の場として1部屋を個室に使っても、二人用の寝室にしても使い勝手が良いです。その他の設備によって、様々な種類の1LDK賃貸物件が見つけられます。フローリングや2階以上などの人気の条件からも検索可能!あなたに合った理想の住まいがきっと見つかります!

閉じる