国内最大級不動産ポータルサイトの@nifty(ニフティ)不動産の売却 注意点

@niftyトップ

不動産売却の基礎知識不動産売却の注意点

安心して売却活動をするために、知っておきたいポイントはたくさんあります。
会社選び~引渡し時まで、タイミング別に気をつけたい事項をピックアップ。いまの自分に該当する項目をチェックして、円滑な売却活動を進めましょう。

不動産会社選びの際の注意点

不動産会社の選び方はさまざまです。ただ、単に高い査定価格のところを選ぶとなかなか売れないと痛い目にあうことも・・なぜその査定価格になるのか理由がハッキリしない不動産会社の選定は注意します。

不動産会社と担当者をよく見極めましょう。
不動産会社だけではなく誰が担当者かでも売却期間や価格が変わります。信頼と自信の両方を見ます。
訪問査定時の担当者の言動に要注意!
建物を良く見ず査定価格をいう担当者は要注意。実物をしっかりと査定してもらいましょう。
希望する条件への対応策は?
担当者が希望する条件にどう応えてくれるかを見ます。一緒に考えてくれる担当者がいいでしょう。
媒介契約は専任媒介契約が基本
需要が高いエリアや希少性が高い物件は一般媒介で複数社に出すのも手ですが、基本は専任媒介契約です。複数の他社へ依頼できない分、しっかりと不動産会社を見極めます。

売り出し時の注意点

不動産会社にすべてお任せしたから後は何にもしなくてもいい・・・少しでも高く売ろうとするなら、この姿勢はいただけません。売り出し時の注意点を述べます。

価格設定は相場内で高くが基本!
買主側も相場など、多くの情報を持っています。相場から離れた売出価格は長期化させるだけです。
不動産会社任せはNG!
部屋の片付けなど売主自身でできることは数多くあります。また、買い物の便や近隣の情報など売主しか知らないことも積極的に買主へ教えてあげましょう。
セールストークは実態にあったものを!
買主がそう思わないセールストークは意味ありません。誰が聞いても「そうですよね!」と言えるセールストークを用意しましょう。
内覧時の2つの注意点
内覧時の注意点は2つあります。1つ目は少しでも明るく、2つ目は隅々まで部屋を見てもらうこと。電気代がもったいなくとも照明をつけ、物が溢れていても収納の中を見てもらいましょう。

売買契約・引渡し時の注意点

買い手が決まってから売買契約となり、その後、売買代金をいただいて引渡しとなります。買い手が決まるとホッとして気を抜きがちですが、引渡しという最後までは気を抜かないようにしましょう。

価格交渉などは不動産会社に任せて!
価格交渉や諸条件については、購入希望者と直接するとトラブルの原因になります。
必要書類は早め早めに準備をしましょう
引渡し時になって「あれ、権利証がない!」では困ったもの。必要書類の準備はお早めに!
条件や問題点は契約前にすべて伝えることが基本
売買契約の後になってから「実はこんなことがあって・・」と条件や問題点を伝えることはNG。トラブルの原因になります。
急がず、ゆっくりともせず
売買契約から引渡しまでは売買契約書内のスケジュールを見て、急がず、でもゆっくりともせず、必要に合わせて動いていきます。

簡単60秒!無料一括査定はココから

  • 簡単
    入力は最短
    60秒で完了!
  • 便利
    最大4社
    一括査定!
  • 安心
    信頼できる
    会社が見つかる!

郵便番号から査定

  • ステップ1
    例)123-4567
  • ステップ2
  • 株式会社大京穴吹不動産
  • 近鉄不動産株式会社
  • オークラヤ住宅株式会社
  • 三井不動産リアルティ株式会社
  • 日本住宅流通株式会社

あなたの家いくらで売れる?最大4社に一括査定

郵便番号から査定

  • ステップ1
  • ステップ2

不動産売却の基礎知識

不動産売却体験談

  • ※【Windows】Internet Explorer8.0以上/Firefox最新版、【Macintosh】Safari最新版でご覧ください。
  • ※このサイトは、ブラウザーによって、一部文字サイズの変更ができない箇所がございます。
  • ※文字サイズを大きくしてみたい場合は、ブラウザーの拡大で大きくしてください。
  • スマートフォン
  • PCサイト