国内最大級不動産ポータルサイトの@nifty(ニフティ)不動産の売却 不動産売却・売買の流れ

@niftyトップ

不動産売却の基礎知識不動産売却・売買の流れ

一戸建てでも、マンションでも、売却完了までの流れは基本的には同じです。
売却完了までの流れ、住み替えの場合は購入までの流れをきちんと把握し、事前に準備・計画的に進めることが成功のポイントです!

  • 売却の流れ
  • 条件整理
  • 不動産会社
    の検討
  • 物件調査

    訪問査定
  • 媒介契約
  • 売り出し
  • 売買契約

    引渡し

売却完了までの目安:2~6カ月

【STEP1 条件整理】相場を把握し、売却価格の目安を立てる

売却活動をスムーズに運ぶためには、目的の整理と具体的な条件を事前に整理しておく必要があります。以下のポイントを抑えておきましょう。

CHECKポイント

  • ① 売りたい不動産の相場を事前に把握しておきましょう。
  • ② いつまでに、いくらで売れば良いのかを整理しておきましょう。
  • ③ 売却する際の条件を洗い出し、その優先順位を明確にしておきましょう。
  • ④ 売りたい不動産の問題点を把握し、価格査定時に伝えられるようにしましょう。
  • ⑤ 共有者がいる場合は、その全員に売却の意思があるかを把握しておきましょう。

【STEP2 不動産会社の検討】無料査定を依頼し、信頼できる不動産会社を探す

住まいを売却するためには、信頼できる不動産会社との出会いが大切です。一括査定を利用すれば、一気に複数社に査定依頼、比較もできるのでオススメです。

CHECKポイント

  • ① 3社程度に同じ情報を提供し査定をしてもらい、査定結果を比較しましょう。
  • ② 無料査定は価格で見ないこと。なぜその価格なのか理由を理解することが重要。
  • ③ 無料査定はコメントもしっかりと確認。担当者に売却する自信があるのかないかを読み取りましょう。
  • ④ 冷やかしと思われるとおざなりの査定をされるもの。売却する意思があることはしっかりと伝えましょう。
  • ⑤ 諸条件や問題の有無によって価格は変わるもの。査定の際に伝え忘れていないかを確認しましょう。

【STEP3 物件調査・訪問査定】基礎データと現地の状況から信用性の高い査定を

簡易査定だけでは、実際の価格との誤差が生じる可能性があります。現地の状況を実際に見てもらい、信用性の高い価格を提示してもらいましょう。

CHECKポイント

  • ① 売却をするには訪問査定は必須。1時間は時間を取ってしっかりと訪問査定をしてもらいましょう。
  • ② 担当者がどのような人かも重要。信頼して任せられるかを見極めます。また意思疎通が取りやすい人かの見極めも重要です。
  • ③ 気になる点はすべて質問すること。また、重要な点は書面で質問をして、あとで言った・言わないがないようにします。
  • ④ 訪問査定時には不動産に関する資料はすべて用意しておきましょう。資料の有無で査定価格が変わることも多々あります。
  • ⑤ 売主と買主は見るポイントが異なるもの。どこが売りなのかを訪問査定を通じて知っておくのもいいでしょう。

【STEP4 媒介契約】不動産会社に仲介を依頼

比較検討後、不動産会社を選び、媒介契約を結びます。契約には3種類あり、それぞれメリット・デメリットがあります。不動産会社とよく話し合って決めましょう。

CHECKポイント

  • ① 査定価格の理由や担当者に納得がいく不動産会社を選びましょう。
  • ② 売却時期や売却価格、諸条件、問題点などを明確に伝えましょう。
  • ③ 専属専任媒介契約、専任媒介契約、一般媒介契約、3つの媒介契約の特徴をよく理解した上で依頼をしましょう。
  • ④ 仲介業務の範囲や手数料を事前に確認しましょう。
  • ⑤ 今後の流れを一通り聞き、必要な書類は早めに入手・準備しましょう。

【STEP5 売り出し】販売方法を決め、物件を売り出す

いよいよWEBやチラシ、店頭などで売却活動がはじまります。購入希望者の内覧に備えた準備やスケジュールの調整を行っていきましょう。

CHECKポイント

  • ① 居住中で販売をするなら内覧に対応できる日、できない日は不動産会社に事前に伝えておきましょう。
  • ② 購入希望者に好印象を持ってもらうため、内覧日は電気をつけるなどできるだけ明るく見せましょう。
  • ③ 事前に部屋の片付けや掃除は必須です。購入希望者に「このような不動産を買いたい」と思わせるのが重要です。
  • ④ どのような販売活動を行いどんな反響があったかを確認しましょう。
  • ⑤ 反響によって価格や諸条件の見直しをしましょう。

【STEP6 売買契約・引渡し】契約を結び、住まいを引渡す

買主様が決まったら、価格や引渡し条件の最終調整を行い、売買契約を締結。各種書類の準備や、引渡しと引越しの準備を進めましょう。

CHECKポイント

  • ① 価格と諸条件の内容をしっかりと確認。あとで考えていたのと違ったということがないようにしましょう。
  • ② 譲渡所得税など税金についても価格が決まる前に自分で調べておきましょう。
  • ③ 売買時に必要な書類などは多くあります。事前の確認が大事!
  • ④ 買主様に設備の故障や不具合、問題点は書面で必ず告知しましょう。
  • ⑤ 引渡しまでの期間に無理はないか、引越し準備と合わせて考えましょう。

買い替えの最適な流れは、売却と家購入のタイミングを合わせることが理想的!

  • 購入の流れ
  • 条件整理
  • 物件選び
  • 資金計画
  • 売買契約
  • 住宅ローン契約
  • 残代金
    支払い

    引渡し

購入完了までの目安:2~6カ月

【STEP1 条件整理】希望条件や予算、おおまかなスケジュールを立てる

予算、住みたい地域、住宅の種類、広さや間取り、入居したい時期などの希望条件を事前に整理しておきましょう。

CHECKポイント

  • ① 希望条件は事前に整理して優先順位をつけておきましょう。譲れるところは譲らないと検討物件が少なくなります。
  • ② 資金計画を立てて買える不動産の価格を明確にしておきましょう。
  • ③ 資金計画で無理は禁物。余裕を見て計画を立てましょう。
  • ④ 住み替えの場合は、スケジュールが命。無理のない予定で進めましょう。
  • ⑤ 希望条件や資金計画が詰まってから物件選択へ。逆だと物件に自らの希望条件などを合わせてしまうかも。

【STEP2 物件選び】気に入った物件を探し、実際に見学に行く

できるだけ多くの情報を集めることが重要!有名不動産サイトの物件をまとめて検索できる@nifty不動産の住宅購入がおすすめ。

CHECKポイント

  • ① まずはネットで情報を集めますが、見てみないと分からない物件も多いので過信をしないようにしましょう。
  • ② 気になる物件は積極的に見学しましょう。どこの不動産会社から案内を受けるのかも大事です。
  • ③ 物件選びに迷ったら住宅のプロに相談するのもひとつの手!また、見た物件をどう思うかをプロに聞いてみましょう。
  • ④ 周辺環境や昼夜間の差などもしっかりと確認しましょう。
  • ⑤ 見た印象に左右されることが多いのも事実。いろんな視点で検討しましょう。

【STEP3 資金計画】毎月の返済額や住宅ローンについて計画を立てる

物件探しと並行して、資金計画もより具体化させていきます。住宅ローンの金利、毎月の返済額などをシミュレーションしましょう。

CHECKポイント

  • ① 提案された資金計画をそのまま利用せず、自分でもよく検討しましょう。
  • ② 自己資金もいくらまで用意できるかを明確にしましょう。
  • ③ 住宅ローン以外にかかる費用も確認。税金、修繕積立金にも注意しましょう。
  • ④ 目先の安さも大事ですが、トータルの支払いもしっかり見ましょう。
  • ⑤ つい忘れてしまうのが住宅ローンの保証料。諸費用に組み込みましょう。

【STEP4 売買契約】売買契約を結び、引渡し時期などを決める

契約前に重要事項説明を受けてから、売買契約の締結・手付金の支払いを行います。不明な点をしっかり確認しながら進めましょう。

CHECKポイント

  • ① 重要事項説明書は契約当日よりも前にもらい、内容を確認してから当日の契約に臨みましょう。
  • ② 契約を結んだら解除は必ずペナルティー付に。慎重に。
  • ③ 契約時に重要なことで知らないことが突然出てきたらひとまず契約は保留に。勢いでの契約は辞めましょう。
  • ④ 売主があっての売買契約。そのため契約日近くのキャンセルは迷惑です。するなら1日でも早くしましょう。
  • ⑤ 引渡し時期は、購入のスケジュールや仕事の状況などを考えて余裕を見て決めましょう。

【STEP5 住宅ローン契約】売買契約後に金融機関に借入れの申し込みを行う

売買契約を結んだら、金融機関を選び、そこと住宅ローンの正式な契約を結びます。不明な点は金融機関にきちんと確認して進めましょう。

CHECKポイント

  • ① 金利だけではなく、ライフプランに応じて変更に対応できるなど、総合的に見て金融機関を決めましょう。
  • ② 金融機関や商品によって特徴があります。金融機関や担当する不動産会社に聞くなどして調べましょう。
  • ③ 住宅ローンの総支払額など、「トータルでの返済額」でも見てみましょう。
  • ④ 人によって固定か変動が良いのかは異なります。
  • ⑤ 団体信用生命保険は必ず入り、しっかりと事実の告知をしましょう。

【STEP6 残代金の支払い・物件の引渡し】最終確認をしてチェック引渡しを受ける

物件の最終確認を行い、引渡しを受けます。重要な確認ポイントとなりますので、最後まで気を抜かないで手続きをしましょう。

CHECKポイント

  • ① 引渡しを受ける前に、1度は物件の再内覧を行いチェックしましょう。
  • ② 引越しスケジュールなどは事前に調整しておきましょう。
  • ③ マンションでリフォームをする場合は、隣接住戸の承認が必要なことがあります。注意しましょう。
  • ④ 瑕疵担保責任期間内に故障や不具合は確認しましょう。
  • ⑤ 賃貸からの引越しは賃貸借契約の解除日にも注意しましょう。

簡単60秒!無料一括査定はココから

  • 簡単
    入力は最短
    60秒で完了!
  • 便利
    最大4社
    一括査定!
  • 安心
    信頼できる
    会社が見つかる!

郵便番号から査定

  • ステップ1
    例)123-4567
  • ステップ2
  • 株式会社大京穴吹不動産
  • 近鉄不動産株式会社
  • オークラヤ住宅株式会社
  • 三井不動産リアルティ株式会社
  • 日本住宅流通株式会社

あなたの家いくらで売れる?最大4社に一括査定

郵便番号から査定

  • ステップ1
  • ステップ2

不動産売却の基礎知識

不動産売却体験談

  • ※【Windows】Internet Explorer8.0以上/Firefox最新版、【Macintosh】Safari最新版でご覧ください。
  • ※このサイトは、ブラウザーによって、一部文字サイズの変更ができない箇所がございます。
  • ※文字サイズを大きくしてみたい場合は、ブラウザーの拡大で大きくしてください。
  • スマートフォン
  • PCサイト