国内最大級不動産ポータルサイトの@nifty(ニフティ)不動産の売却 ローンについて

@niftyトップ

不動産売却のノウハウ不動産売却時のローン

「住宅ローンが残っているから、買い替えなんて難しいのでは」、と心配される方は多いと思います。ポイントは、残債を返しきれるかどうか。必要な条件をクリアして売却をすすめましょう。

住宅ローンが残っていても売却は可能

家族が増えて手狭になった、急な転勤になったなどの諸事情でライフスタイルがかわることは少なくありません。むしろ家を売る方の中で住宅ローンをすべて完済してる人はそう多くないのです。

一般的には売却した時に購入者から支払われる代金で、住宅ローンを完済します。ただし、売却代金で住宅ローンが返しきれず、残債がでてしまう場合には自己資金で完済するなど対策が必要です。

ポイント
  • · 家の査定額>住宅ローン残高+仲介手数料+諸費用になっていますか?
    ローン残高の方が多い場合は、貯金などの自己資金で返せるかどうか、計算しましょう。
  • · 貯金でも返済が難しい場合は、優遇税制・買い替えローンを検討しましょう

抵当権の抹消が必要な条件

通常、売却したい不動産には住宅ローンの担保として「抵当権」が設定されています。
一般的には売却するために、設定された抵当権を抹消する必要があります。そして抵当権抹消には住宅ローンの完済が条件になります。

そうしますと、ローンが残っていては売却できないではないか、と見えますが、実際には金融機関が売却代金を受け取ったと同時に、ローン残高を引き落とし、抵当権を抹消するという流れになります。

ポイント
  • · 抵当権抹消には、司法書士の先生が行う抹消手続きが必要ですが、不動産会社がその手配などをサポートしてくれますので、慌てず相談しましょう。

優遇税制措置・買い替えローンについて

例えば、ローン残高が3000万円の住まいを、2500万円で売却できた場合、ローンの完済には500万円足りないことになります。さらに自己資金にてすべてまかなえない場合は、以下のような方法を検討する必要がでてきます。

優遇税制措置を利用し、それを返済原資として親族から借りる
住宅の売却損は住民税・所得税の軽減対象となりますので確定申告すれば、優遇税制を受けることも可能です。それを返済原資として抵当権抹消を行うための自己資金を親族から借りるという手立てもあります。ひとまず諦めずに不動産会社に相談をするのが得策です。
買い替えローンを利用する
買い替えローンとは、新しく購入する自宅のための購入資金+売却した自宅の住宅ローンの残債を返済するための資金を融資してもらうものです。都市銀行でおもに扱っています。
借入額が増えるので、その分リスクが高くなります。本当に返済できるのかどうか、慎重に検討した上で利用する必要があります。
また、審査も厳しくなってきますので、誰でも借りられる訳ではないことも念頭にいれましょう。
ポイント
  • · 住宅ローンの残高が多い場合は、買い替えは自己資金が貯まってからにしましょう。無理のある資金計画では将来家を手放すことも!

簡単60秒!無料一括査定はココから

  • 簡単
    入力は最短
    60秒で完了!
  • 便利
    最大4社
    一括査定!
  • 安心
    信頼できる
    会社が見つかる!

郵便番号から査定

  • ステップ1
    例)123-4567
  • ステップ2
  • 株式会社大京穴吹不動産
  • 近鉄不動産株式会社
  • オークラヤ住宅株式会社
  • 三井不動産リアルティ株式会社
  • 日本住宅流通株式会社

あなたの家いくらで売れる?最大4社に一括査定

郵便番号から査定

  • ステップ1
  • ステップ2

不動産売却の基礎知識

不動産売却体験談

  • ※【Windows】Internet Explorer8.0以上/Firefox最新版、【Macintosh】Safari最新版でご覧ください。
  • ※このサイトは、ブラウザーによって、一部文字サイズの変更ができない箇所がございます。
  • ※文字サイズを大きくしてみたい場合は、ブラウザーの拡大で大きくしてください。
  • スマートフォン
  • PCサイト