国内最大級不動産ポータルサイトの@nifty(ニフティ)不動産の売却 住み替えのコツ

@niftyトップ

不動産売却のノウハウ不動産売買(住み替え)のコツ

住み替えが理由で不動産の売却を行う人は多いと思います。売却と購入の両方の手続きが必要で、やることが多く大変そう・・と心配な方も多いと思います。事前に準備をしっかりして自分の条件に合う進め方を事前に決めておきましょう。

売却と購入両方の段取りをしっかり組むこと

住み替え時には、売却と購入のタイミングをよく考える必要があります。
最初に優先する事項を決めておけば、スムーズに進めていけるでしょう。

売却を先行させる場合

先に現在の住まいを売却し、その後物件を探し、購入するという進め方。資金繰りが明確になるため、堅実的な段取りです。住宅ローンが残っている場合などにもオススメ。

  • メリット

    • ○ 購入資金の目処が立つため、資金計画が立てやすい。
    • ○ 売り急ぐ必要がないので、高値で売却できる可能性が高い。
  • デメリット

    • △ 売却決定から新居に引っ越すまでの仮住まいが必要となる。

購入を先行させる場合

先に新しい物件を探し、購入してから、現在の住まいを売却するという進め方。今後暮らす家なので、納得できる家探しをしたいという場合にはオススメですが、資金に余裕がないと厳しく、2重ローンとなる危険性もあります。

  • メリット

    • ○ 希望条件に合った物件を、じっくりと探すことができる。
    • ○ 先に引っ越せるので、仮住まいの賃料や無駄な手間がかからない。
  • デメリット

    • △ 売却に焦りがでて、売却価格が下がる可能性がある。
    • △ 売却がうまくいかない時など、場合によっては申し込んだ物件を解約することも。

売却・購入を並行させる場合

理想的なのは同時期に売却と購入ができること。
しかし、売却・購入ともに相手がいることなので、なかなか思い通りには進みにくいものです。念入りに準備し、状況をみて臨機応変に対応できる余裕が必要です。

  • メリット

    • ○ 新居を探しつつ売却も進められるので、時間的なロスが少ない
  • デメリット

    • △ どちらかが決定したら、もう一方も急ぐ必要がでてくるので、焦りがでがち。
    • △ 両方の活動があるので、土日のスケジュールは一杯に。体力も必要です。
ポイント
  • · 焦りは禁物!迷ったときは自分にとっての優先事項を振り返りましょう。
  • · せっかく住み替える新居は、妥協しないで!ただ、資金計画に余裕がないときは無理をせず売却から始めましょう!

関連不動産売却・売買の流れ

住み替え後のローンについて

例えば、売却時にローンの残債ができてしまった場合でも、新しく購入する住宅を担保にその残債の分も含めてローンを組める場合があります。
ただし、年収が確実にあがるなど、返済能力に不安がないことが前提です。安全な住み替えとしては、現在のローン残高よりも住み替え後のローン残高が増えないような資金計画で確認することが重要でしょう。

また、返済期間もきちんと考えましょう。最初の購入時よりも年齢が高くなっているはずですので、30年とか35年に設定するのは危険です。

ポイント
  • · 無理しないためにも、資金計画は綿密に行いましょう。慎重なくらいが安全です。

関連不動産売却時のローン

簡単60秒!無料一括査定はココから

  • 簡単
    入力は最短
    60秒で完了!
  • 便利
    最大4社
    一括査定!
  • 安心
    信頼できる
    会社が見つかる!

郵便番号から査定

  • ステップ1
    例)123-4567
  • ステップ2
  • 株式会社大京穴吹不動産
  • 近鉄不動産株式会社
  • オークラヤ住宅株式会社
  • 三井不動産リアルティ株式会社
  • 日本住宅流通株式会社

あなたの家いくらで売れる?最大4社に一括査定

郵便番号から査定

  • ステップ1
  • ステップ2

不動産売却の基礎知識

不動産売却体験談

  • ※【Windows】Internet Explorer8.0以上/Firefox最新版、【Macintosh】Safari最新版でご覧ください。
  • ※このサイトは、ブラウザーによって、一部文字サイズの変更ができない箇所がございます。
  • ※文字サイズを大きくしてみたい場合は、ブラウザーの拡大で大きくしてください。
  • スマートフォン
  • PCサイト