マイホームの値段はいくら?年収別に購入金額とローンの返済額、31人の体験談の画像01

世帯年収〜400万円の方のマイホーム購入体験談

マイホームを購入した時に重視したのは、自分で色々と選びたかったので注文住宅にした点です。 家事をする私の背が高かったのでキッチンの台の高さをあげてもらったことや、オール電化にしたかったのでソーラパネルをつけてもらったこと、お風呂にテレビがあること、出窓をつけること、など理想を叶えることができました。
また、壁紙も可愛らしい感じがよかったので自分で選べて大満足でした!注文住宅、とてもおすすめです。
これがしたいあれがしたいなど、1回家族で話し合いしながら決めるのがいいと思います! (20歳/購入金額:3150万円、世帯年収:400万円、ローン返済額:月々 10.5万円、ボーナス時:0円、頭金:0円、ローン年数:35年)

注文住宅なので間取りでこだわることができました。具体的には、2階に上る階段を、居間からしか登れないようにしてもらいました。子供部屋を2階に作ったので、子どもが思春期になった時でも必ず居間を通るようにしたかったからです。1日に1回でも見れる状況を作ることができました。
友達の家が床暖房をつけているのですが、冬はとても暖かいし、電気代もあまり変わらないので、床暖房をつけとけばよかったなぁ?と後悔しています。自分がしたいと思った事はお金がかかっても実行した方が良いと思います。一生に一度なので…。(30歳/購入金額:2500万円、世帯年収:350万円、ローン返済額:月々 4.5万円、ボーナス時:20万円、頭金:500万円、ローン年数:25年)

子どもがいたので部屋数と玄関の広さにはこだわりました。子どもがいると靴も増えますし、自転車やキックボードなどとにかく物に溢れますので玄関を広くして収納をしっかり取ってもらいました。おかげでスッキリした玄関が実現しました。
地盤によって基礎補強が必要で、数十万円かかったのが意外でした。家の基盤に関わることなので、建築会社と納得行くまで話し合うのが大事だなと感じました。そして建てる住宅業者はきちんときた有名なところをおすすめします。わたしは、値段重視で小規模なところを選んだのですが、いろいろと気になる点があったので後悔しています。(34 歳/購入金額:2000万円、世帯年収:350万円、ローン返済額:月々 5万円、ボーナス時:10万円、頭金:300万円、ローン年数:30年)

マイホームでこだわった点は、楽器が好きなので楽器を演奏する部屋を作るため窓をつけず防音にした点です。また、壁の色も暗めに、リビングは明るめになど、部屋により壁紙の色を変えました。あとは玄関の靴箱は広くでかいのを決めました。
マイホーム購入で気をつけた方がいいと思ったのは、耐震での強度や、太陽光を付けるのであれば太陽光の耐久性や停電時の事など詳しく聞いておいた方がいいです。周りに田んぼや畑がある場合、野焼きなどがあるので匂いを気にする方やアレルギーの方は要注意すべき点だと感じています。(22歳/購入金額:2500万円、世帯年収:300万円、ローン返済額:月々 6.5万円、ボーナス時:0円、頭金:0円、ローン年数:40年)

世帯年収400〜600万円の方のマイホーム購入体験談

マイホームの値段はいくら?年収別に購入金額とローンの返済額、31人の体験談の画像02

明るい家が良かったのでリビングに吹き抜けを作りました。それに伴って階段もリビング階段にしました。常に家族の存在が感じられる様になりました。窓もたくさん付けて夏は日差しが暑い位ですが理想通りになって良かったです。
ハウスメーカー選びはけっこう迷いました。予算と自分が建てたい家を建てられるメーカーか、あと営業との相性もあったかもしれないです。家を建てるまでけっこう長い間打ち合わせなどで会うので合う人じゃないと難しいと思います。あと土地のチェックは大事だと思います。液状化になったりしたら困るので。耐震ももちろん気を付けた方が良いですね。マイホームの金額やローンの返済額もあまり無理な金額設定にしない方が良いと思います。後々困るのは自分なので。(27歳/購入金額:3500万円、世帯年収:600万円、ローン返済額:月々 9万円、ボーナス時:14万円、頭金:0円、ローン年数:35年)

間取りについては、リビングに物を置いてしまって散らかってしまう傾向があるのでリビング内にクローゼットを作りました。また、子供とのコミュニケーションが取れる間取りがよく、リビング内に階段を設置してもらいました。2階は、子供部屋を確保しつつ、壁がない広いサンルームのような場所を作りました。
建築の業者については、色々回って考えるべきだと思います。間取りや見積もりを出してもらう事でよりリアリティが湧くし、イメージしやすくなると思います。まずは、営業の方やその会社の雰囲気が自分たちに合っているかをしっかり見極めて、決定するのがいいと思います。また、耐震は大事だと思います。
あと、やっておくといい事は、一緒に住む家族との生活観の違いや自分たちの生活していく上での癖などを見つめ直すことです。可能であれば、二世帯住宅などを建てる前に、一度同居してみると、よりよいマイホームづくりができると思います。(28歳/購入金額:3580万円、世帯年収:600万円、ローン返済額:月々 9万円、ボーナス時:15万円、頭金:250万円、ローン年数:35年)

マイホームについて、わたしたちはマンション購入を前提に考えていました。一番に優先したのは、通勤や生活環境(買い物や郵便局、銀行が近隣にある)に便利な立地です。次に、最低1台は駐車できる駐車場の確保、そして、専有面積、バルコニーなどの広さなどの間取り、あとは、管理費や修繕積立金などの経費を気にしました。
マンションをマイホームとして購入する場合は、後々売却することも考慮し、検討した方が良いと思います。現在ではリノベーションが流行っており、購入時点よりも高価で売却できる可能性があります。また、管理や修繕が、定期的計画的に行われているかを確認した方がよいです。マンションは、不特定多数の住人がいるため、管理が不十分だと劣化が進んだり汚れたりする可能性があるからです。 また、近隣の環境をチェックは大事です。昼間と夜間とでは周辺環境が違ってくるので、時間帯を変えて複数回現地に行くことをおすすめします。(40歳/購入金額:2700万円、世帯年収:600万円、ローン返済額:月々 7万円、ボーナス時:10万円、頭金:0円、ローン年数:35年)

マイホームでこだわった点は、小さくも和室はほしかったので、5畳ほど部屋をつくった、老後のことも考えて寝室は1階にもってきた、リビングに書斎がほしかったので中二階のようなところをつくってリビングと一体にした、明るく開放感あるリビングにするため吹き抜けにした、という点です。
マイホームの検討において、一番の不安はお金だと思いますが、購入のためにお金を貯めるなら早めに購入して返済した方がいいです。ほしかった家に住みながら返済できるので、個人的には満足度が高いです。 老後のことも考えて設計すると長く住めると思います。土地から購入するかたは地盤調査をしっかりした方がいいです。間取りで失敗したのはトイレの場所が寝室から遠い所になってしまったところです。住む場所を決めるときは隣近所にどんな人が住んでいるのか(小さい子どもがいる家庭、老夫婦など)わかる範囲で調査しておくと住んでからのトラブルが少ないです。(30歳/購入金額:3200万円、世帯年収:600万円、ローン返済額:月々 8.2万円、ボーナス時:7.5万円、頭金:100万円、ローン年数:35年)

今まで二口コンロで困っていたのでキッチンは三口にしました。後は地震にそなえて耐震に気を付けること、前の部屋は狭かったので子供の部屋を作ること、将来夫婦二人になった時不便じゃなぃ生活の導線を考えることです。
買う人によると思うのですが、家の高さはあまり高くしないほうがいいと思います。あまりに階段が多いと自分が歳をとってから再度リフォームしなくてはならなくなります。また、子供が増えることも想定して、マイホームを買う際は多少部屋多めで考えてもいいと思います。
また、旦那さんが一人になれるような、ちょっと落ちつける場所を作ってもいいと思います。(35歳/購入金額:3500万円、世帯年収:600万円、ローン返済額:月々 5万円、ボーナス時:15万円、頭金:10万円、ローン年数:30年)

マイホーム選びでこだわったのは、子供がいるので学校が近く静かな場所、また防災マップで河川が氾濫した場合そこは大丈夫かチェックしました。間取りについては、1階には客間が欲しかったので和室必須、キッチンは対面式でIHにして収納扉は掃除しやすい鏡面素材にしました。
マイホーム購入にあたって、気をつけた方がいいのは、まず土地をよく調べたほうがいいと思います。宅地になる前は何の土地だったか、防災マップを見て河川が氾濫した場合その土地は大丈夫か、近隣の住民で問題ありの人はいないか等。
あとはいい加減な建築会社もあるので見積書はよく中身を確認する。後からどんどん上乗せしてくる会社もあるみたいなので要注意。着工し出したら、建ててる途中何度も見に行き基礎部分からしっかりやってるかチェックしました。人間がやってる事なのでミスしたりもあるので安易に相手任せにしないように心がけました。(40歳/購入金額:3000万円、世帯年収:550万円、ローン返済額:月々 7万円、ボーナス時:10万円、頭金:10万円、ローン年数:35年)

ハウスメーカーで作成された間取りはほぼ一階に収納が少ない事が多かったです。私自身、掃除のしやすやを重視して一階の収納箇所を多くして清潔感とすっきり感を保てるようにした。例えば玄関にコートなどかけられる収納を作り、リビングには少しのデッドスペースも書類や筆記用具などを入れる狭い収納を作りました。
まずはハウスメーカーで悩むと思いますが、沢山足を運びお値段や理想の家を夫婦で一致させていき、担当者にどんどん相談して絞って行く事が大事かと思います。最初は理想ばかりの考えが先行しがちですが、現実は厳しく支払えない額の提示になります。ほとんどの方が無くても良いものは省いていき、理想と現実に折り合いをつけていきます。建てる事が決まったらとにかく基礎を立てている時に頻繁に見に行った方が良いです。家の基礎は1番大切なところなので見落とすと取り返しのつかないこととなります。ビビはないか、穴はないか、しっかりとみて下さい。(30歳/購入金額:2900万円、世帯年収:500万円、ローン返済額:月々 8.5万円、ボーナス時:0円、頭金:100万円、ローン年数:35年)

階段を上がるところの壁をなくしてもらって、2階からも玄関(1階)が見えるようにしました。 吹き抜けとまではいきませんが、狭苦しい階段に解放感が出ています。 出窓もほしくて変えてもらいましてが、カーテンやブラインドをつけるにもレール代が高いので後悔しています。
排水管が細いとすぐに詰まります。 排水溝まわりならまだ何とかなりそうですが、外の排水管が詰まることが多くて直すのに業者を呼ぶしかありません。 簡単に交換できるものではないのでお気を付けください。 また、窓の数とコンセントの数は、出来るだけ多くしてもらうと良いと思います。 窓は風が抜けるように4方向で、どちらから吹いても風が入って心地よいです。 コンセント四方向にあれば、もどこに家具を置いても(模様替えしても)困ることはありません。(21歳/購入金額:2400万円、世帯年収:500万円、ローン返済額:月々 8万円、ボーナス時:40万円、頭金:100万円、ローン年数:35年)

一番重視したところは、部屋の数と駐車場2台分あるところです。それと、一回に一部屋ほしかったのでそれもかんがえました。スーパーが近い所、子供もいるので公園も重視しました。
メーカーの対応(大切)それで決めたのもあります。 耐震も重要で木造と鉄筋があって鉄筋のほうが良いと言われたので、それにした。 家の中はキッチンは対面式が良いです。 将来子供ができた時を考えて部屋の数は3部屋以上がよいです。リビングは広くて、1番失敗したなと思う所は玄関で、どうしても玄関に棚が欲しかったけどそれを言ったら、必要ないでしょうと言われて無理でもおして作ってもらえばよかったと後悔しています。 駐車場も図で狭そうだったので、言ったらこのくらいでしょうと言われて、実際みたら他の所よりも狭かったです。一番重要なところは、自分がこうしたいと思ったら曲げないことです。できないこともあるかもしれないけど、あと面倒くさくなったりしないことが大事だと思います。(36歳/購入金額:3580万円、世帯年収:500万円、ローン返済額:月々 7万円、ボーナス時:0円、頭金:300万円、ローン年数:35年)

我が家は1から作りました。重視というか1階の扉は全て引き戸にしました。これは私のこだわりで、開き戸だと開くときにデッドスペースがあるからです。もちろんトイレも引き戸です。それからリビングにスタディスペースのカウンターを窓辺に作り、その横にはカウンターから上に天井までの可動式本棚を作りました。子供たちがリビング学習できるようにと、これだけはこだわりました。なので子供部屋には机とテレビは置かないと決めています。
我が家は手付金のみしか現金を用意できなくて、いざ購入契約したはいいものの、火災保険10年分や固定資産税の数ヶ月分などを払うことを知らされず、予定外のお金が出ていきました。当たり前かもしれませんがもっと住宅購入について勉強しておけばよかったです。会社の社員さんが同じ時期に住宅を購入しましたがその方は大手メーカーで建てられて、まだ引き渡ししたばかりなのに欠陥だらけと言っていました。頼んでないものがついていたりしたそうで。我が家は小さな工務店にお願いしました。とても仕事が丁寧でなんでも相談に乗ってくれ、伺うたびに「ここの高さはこんなもんですか?」など聞いてくれました。大手か工務店かは一概にどちらがいいかと言えないなと思いました。(29歳/購入金額:2600万円、世帯年収:500万円、ローン返済額:月々 7.4万円、ボーナス時:0円、頭金:0円、ローン年数:35年)

マイホーム選びでこだわった点は、主人の勤務地に近く、市の中心部へ公共交通機関を使って30分以内で行ける立地条件です。後は、3000万円以内で購入できる事、収納する場所が多い事も条件にしていました。子供が大きくなったら、学校に通いやすい事も重視しました。
これからマイホームを購入する方に気をつけたほうがいいよ、と言えることを4つ紹介します。
1、年をとっても買い物などに便利な場所を選ぶこと。
2、将来的に一階しか使わなくなるかもしれないので一階の収納スペースの使いやすさを重視すること。
3、施工業者との話し合いをたくさんし、その業者で実現できるかを確認すること。
4、耐震はもちろん、燃えにくい素材の壁や、換気機能も重視すること。 (34歳/購入金額:3000万円、世帯年収:500万円、ローン返済額:月々 5万円、ボーナス時:10万円、頭金:800万円、ローン年数:35年)

日当たりを重視したので、リビングが南向きのとても日当たりがよく、ポカポカしたリビングになっており、日中は電気なしで過ごせます。あとは、立地にこだわりました。ある程度の住宅街であること、徒歩圏内にスーパーがあることを基準に選びました。
子供が大きくなってくると、ご近所に年が近いお友達が多いと遊び友達にも困らず、安心なので、住宅街であることを重視しました。土地から購入する場合、更地になる前は何が立っていたのかをチェックした方がよいです。田んぼがあって、潰して間もない場合は地盤がすこし弱いのではないでしょうか。住宅が建つ場所には、きちんと地盤改良をしてくれていますが、庭部分はしてくれない事は多いです。コンクリートがすこし下がり、雨水が溜まります。(33歳/購入金額:3000万円、世帯年収:450万円、ローン返済額:月々 6万円、ボーナス時:0円、頭金:700万円、ローン年数:35年)

マイホーム選びの際は、キッチンのシンクの高さにこだわりました。私の身長に合わせた高さにしたので腰痛がなくなりました。また、ベランダの広さにもこだわりました。洗濯物を干したり、テントを張ってキャンプ気分を味わったりと楽しみたかったので、かなり広めに作りました。
私が唯一失敗した事はパントリーを作らなかった事です。 何年かしたら部屋を狭くしてでもパントリーを作るつもりです。(35歳/購入金額:2500万円、世帯年収:450万円、ローン返済額:月々 7.5万円、ボーナス時:30万円、頭金:500万円、ローン年数:35年)

世帯年収600〜800万円の方のマイホーム購入体験談

マイホームの値段はいくら?年収別に購入金額とローンの返済額、31人の体験談の画像03

広いリビングと広いベランダが欲しかったので、そのあたりをこだわって作りました。特にベランダは、家族でバーベキューをしたり、読書をしたり、夜空を見ながらお酒を飲んだり、プライベートな空間にしたかったので、外から見えにくくする為に壁を高くしてもらいました。
高い買い物だし、気に入らないから直すという事も出来ないので、先々の事(高齢になった時)まで十分に考えた上で、間取りなどを決めた方がいいと思います。段々と物が増えていくので、収納スペースも多い方がいいと思います。いろいろなハウスメーカーがあって、驚くような低価格で家を建てる所もありますが、多少高くても大手のメーカーさんの方が、建てた後のメンテナンスなどがしっかりしているし、不具合があった時や修理を依頼したい時など対応が早く安心だと思います。(30歳/購入金額:4000万円、世帯年収:800万円、ローン返済額:月々 8万円、ボーナス時:35万円、頭金:200万円、ローン年数:35年)

義理の母と同居だったので、居間の隣に和室、仏間を作ること、後は対面式のキッチンでカウンターが欲しかったこと、にこだわりました。収納がたくさん欲しかったので、トイレや、居間などにも棚をつけてもらいました。階段下も収納スペースにしてもらいました。
家を建てることを決めた時、安かったこともあって、個人の建築業者に頼んだのですが、建て終わる寸前で、業者が潰れて、その後大変でした。業者選びは慎重にしたほうがいいと思います。後、私達は貯金がほとんどなく、頭金も義理の母に100万借りたのですが、その後のローンの支払いは、月々かなり厳しいものとなりました。少しでもローンを減らすために、ある程度の貯金はしておいたほうがいいと思いました。住んで2〜3年で、あちこち故障したりもするので、保証がついているかも確認したほうがいいです。(26歳/購入金額:2500万円、世帯年収:800万円、ローン返済額:月々 6万円、ボーナス時:36万円、頭金:100万円、ローン年数:25年)

夫婦子ども2人と、母が同居していたので、4LDKで、母用の部屋がリビングとは離れて1階にある間取りにしました。また、汚れた子どもが玄関からすぐ洗面所に行けるように、リビングからと廊下から洗面所に行ける間取りにこだわりました。
まずは、間取りですごく悩むと思いますが、自分の理想が実現できるかどうかは設計してくださる方次第です。希望通りにできないと言われても、諦めずに設計の方を変えてくださいと訴えてみると、状況が変わることがあります。また、重い本棚やピアノを置く床の補強や、室内の天井付けの物干しなど、細かいところで値引きしてくれることがありますので、値引き交渉はした方が良いです。
あとは、家の引き渡し前に、家の中をチェックさせてくれますので、そのときに、傷や壁紙の剥がれなどを細かく確認し、気づいた点は伝えるとやり直してくれます。遠慮せず言った方が良いです。(30歳/購入金額:3500万円、世帯年収:800万円、ローン返済額:月々 10万円、ボーナス時:0円、頭金:0円、ローン年数:35年)

マイホームへのこだわりとしては、玄関、LDKをとにかく広くしました。流行りのスタイルにすると飽きがきてしまいそうなので、カフェ風やリゾート風などではなく、なるべく高級感を重視した家にした。
キッチンの背面収納(カップボード)を少しでも予算削減するために、メーカー品ではなく造作家具で依頼したのですが、実際仕上がりを見ると色味や使い勝手など、イメージと違いました。また、造作家具ならではの独特な臭い(だんだん消えていくのかもしれないが、4か月経った今も全然ひかない。またせっかく綺麗に洗った食器を収納しても、いざ使うと臭いが食器に移ってしまって、また洗い直す手間がある)があるので、背面収納はメーカー品をお勧めします。(27歳/購入金額:3000万円、世帯年収:700万円、ローン返済額:月々 8万円、ボーナス時:0円、頭金:500万円、ローン年数:35年)

収納とキッチンを重視しました。収納に関しては収納スペースの数や広さなどです。できるだけ家具類などを必要最低限にして室内をシンプルにしたいと考えていたので、あまり使わない物などは収納スペースにまとめられるようにしました。
キッチンにもこだわりました。作業しやすく、作業するスペースの広さが欲しかったこともありI字キッチンではなく、対面式L字キッチンにしました。
マイホーム購入の際は、まずたくさんの家を見た方がいいと思います。すると、だんだんと自分達はどのような家が欲しいのかが明確化されてきます。マイホームが欲しいけど何を重視すれば良いのかがわからないと感じている方は、とにかくたくさん家を見てください。
それから金銭的なことですが、ボーナスの返済額はよく考えた方が良いです。私も当初はボーナス払いを考えていましたがやめました。やはりボーナスは会社の業績などで変動しますし、急な出費などの穴埋めなどに利用することもあるかと思います。(32歳/購入金額:3450万円、世帯年収:700万円、ローン返済額:月々 8.5万円、ボーナス時:0円、頭金:200万円、ローン年数:35年)

キッチンとダイニングはくっつけて、家事動線が短くなるようにと、家族の団欒の場を重視しました。家にいる時間は私の方が多いので、妻である私の希望をメインにキッチン、ダイニングを考えました。ダイニングとキッチンで会話できるように対面式にしました。
マイホーム選びについては、何事もゆったり余裕を持って、決めて行くのが良いと思います。一生の買い物なので、じっくり考えることを意識することをオススメします。
また、家族が増えたり、住む年数が長くなってくると物が増えたりするので、一部屋に一つ収納を作っておくと便利で整理整頓しやすくなります。逆に大きな収納場所は1、2個程度で充分だと思います。 (35歳/購入金額:3800万円、世帯年収:700万円、ローン返済額:月々 8万円、ボーナス時:10万円、頭金:600万円、ローン年数:35年)

世帯年収800〜1000万円の方のマイホーム購入体験談

マイホームの値段はいくら?年収別に購入金額とローンの返済額、31人の体験談の画像04

とにかく洋風の一戸建てにこだわりを持って購入しました。ハウスメーカーの中で輸入住宅を扱っていた会社を探して建築依頼しました。隣の家と同じつくりは絶対に避けたかったので、周辺住宅も車、徒歩で回りチェックもしました。お陰で同じハウスメーカーで建てた家は周辺2キロ内にはありませんでした。
安い建売住宅とハウスメーカーの家では10年ぐらいを超えてくると、老朽化が目に見えて明らかになります。やはり、土地込みで安い物件は最初は「安い買い物をした」と思いますが、あとでリフォーム費用を要するので、結果的に最終的に同じ価格となります。元々の作りがしっかりした注文住宅の方が、総合的に見てお得だと思います。(35歳/購入金額:3500万円、世帯年収:940万円、ローン返済額:月々 7.5万円、ボーナス時:25万円、頭金:0円、ローン年数:30年)

家族みんながリビングでくつろげるようにリビングを広くする点をこだわりました。子供が生まれることを想定してリビングに暖炉を設置しました。木のぬくもりを感じられる空間を作りたくて、ペンションのような木をメインにした作りにしてもらいました。
子供が生まれてお風呂とトイレを広くしたのは正解だと感じています。モデルハウスを見て吹き抜けが素敵で憧れて採用しました。吹き抜けの作りは満足しているのですが、エアコンが冷えにくく電気代がかかるのは建ててから気付きました。注文住宅の場合金銭感覚がわからなくなり、あれもこれもとやってしまうとあっという間に予算オーバーになります。実際今思うともっと安く済ませておけばと思うので、これから購入を考える人は、冷静になってすすめてください。(30歳/購入金額:3500万、世帯年収:900万円、ローン返済額:月々 10万円、ボーナス時:0円、頭金:500万円、ローン年数:35年)

立地を第一に考えました。子供がいるので、評判の良い学校の区域内での購入することが最優先でした。部屋自体のこだわりは収納が多いこと。ものが多いので、特にウォークインクローゼットは欲しいと考えていました。
中古のマンションを購入するのであれば、管理状況の確認をきちんとしておいた方が良いと思います。過去に修繕等されているのであれば内容を確認することや、現地の居室だけでなく、建物全体を見て手入れが行き届いているか清掃の仕方、掲示板の様子などもチェックしておくと良いと思います。
費用に関しては、マンションそのものの価格に目が行きがちですが、管理費・修繕積立金・固定資産税等のランニングコストも考慮しないと、諸々で賃貸の方が安かったと後悔するケースもあると思うので、必ずシミュレーションした方が良いと思います。(32歳/購入金額:3000万、世帯年収:900万円、ローン返済額:月々 8万円、ボーナス時:0円、頭金:500万円、ローン年数:35年)

一番こだわったのは、フローリングの色です。白いフローリングが好きで部屋全体的に白色ベースにしました。また、オープンキッチンがよかったので広さとリビングを見渡せるぐらいの広さにもこだわりました。お庭も好きなので広めのお庭があるところと景色が綺麗なところにしました。
最近は地震など自然現象なのが多いので崩れにくい耐震性の壁や天井にもした方がいいと思います。ただし、予算は決めておいた方がいいです。業者さんとの相談でどんどん予算オーバーしていくので自分で決めたことはしっかり守った方が安全です。業者の言いなりになったら、必ず予算より高くなります。(25歳/購入金額:5800万円、世帯年収:900万円、ローン返済額:月々 10万円、ボーナス時:50万円、頭金:500万円、ローン年数:30年)

世帯年収1000万円以上の方のマイホーム購入体験談

マイホームの値段はいくら?年収別に購入金額とローンの返済額、31人の体験談の画像05

将来的に親が一緒に住むことが可能な家というのが前提条件だったので、敷地面積、間取りともに広めの物件を探していました。また夫婦共に荷物が多いので、収納がしっかりあること。通勤が可能なこと。子育てを考えて、周りに自然があること。などを重視しました。
時間の余裕を持って探すべきです。私は間取りや家を見るのが好きということもあり、いつ買うか決めず、まずは探し始めました。たくさん見て、具体的な条件を絞りつつ見ていくのが良いと思います。漠然と見ていると、いい物件に巡り会っても、決めきらず、迷っている間に他の人に買われてしまう可能性があります。お買い得な物件はすぐに売れてしまいます。また、リノベは業者に頼むべきです。金額を考えて友人などに頼むと、何か起きた時に、言えなかったり、友人を失くしたりすることになってしまいます。(37歳/購入金額:2350万円、世帯年収:1000万円、ローン返済額:月々 6万円、ボーナス時:0円、頭金:500万円、ローン年数:20年)

環境はお金で買えないので周辺環境にこだわりました。スーパー、コンビニや病院が近くにあって、車に乗らなくても生活できるような場所、公園や学校が近くにあって子育てにも便利と思われる場所を選びました。あとは価格と間取りのバランスです。
最近、自然災害が多いので地盤や土地の高さはしっかり確認したほうがいいと思います。地震が起きても液状化しないところや洪水で浸水しないところは自治体が出しているハザードマップである程度確認できるはずです。
また高い買い物ですから妥協しないことも大切だと思います。私もこの家を購入するまで何件かマンションを見学に行きましたがどれも何か一つ足りなくて購入まで至りませんでした。結果としてその後自分の希望にピッタリの物件が見つかり、あわてて購入しなくてよかったな、と本当に思いました。(25歳/購入金額:3000万円、世帯年収:1000万円、ローン返済額:月々 5万円、ボーナス時:10万円、頭金:500万円、ローン年数:35年)

駅から徒歩10分以内のマンションに絞って探していました。大手デベロッパーの所で世帯数が50戸以上の所、南向きか東向きで予算が5000万円前後であることも重視しました。 また今後子供が出来た時のために周辺環境も重視しました。公園が近くにあるかや治安に関しても調べました。
夫婦二人のときに物件を探していたのでそこまで気にしていなかったのですが、騒音対策がしっかりしているかも重要だと思います。引っ越してすぐに子供が出来ましたが、歩くようになったらその足音がうるさいと下の階の方からクレームが来ました。防音効果のあるマットなどを敷いていますがそれではやはり限界があります。床や天井がしっかり対策されているかというのは見ておいた方が良いと思いました。(33歳/購入金額:4680万円、世帯年収:1000万円、ローン返済額:月々 13万円、ボーナス時:40万円、頭金:700万円、ローン年数:35年)

リビングの広さをある程度(15畳程度)確保することにこだわりました。リビングと隣室の間仕切りができて、子供の成長に合わせて家をデザインできるタイプのオートロックのマンションで探しました。
友人が耐震のミスでマンションの退去を余儀なくされていたので、マンションでも耐震については吟味すべきだと思います。30代での購入だといずれまた売る可能性があると思うので、駅近、駅からの道のりがフラットであることもできればクリアしたいなと思います。またライフスタイル、家族のステージによって家を少し模様替えしやすいようなタイプの家にするとあとあと後悔しないで済むのではないかと思います。(31歳/購入金額:4500万円、世帯年収:1000万円、ローン返済額:月々 12万円、ボーナス時:10万円、頭金:0円、ローン年数:35年)

マイホームの購入を考えるときは、ワクワクする一方で、不安なこともたくさんありますよね。家族みんなが満足できるよう、しっかりと相談して家族みんなが安心して住める物件を探しましょう。