誰も見ていないテレビの電源は消す

誰も見ていないテレビの電源は消す

見ないのにテレビをつける人がいますが、電気代が無駄になるので消すようにしましょう。わずかな電気代でも、合計すると大きな節約になります。テレビをつけないと静か過ぎる場合は、ラジオをつけるようにしましょう。ラジオの方が消費電力が少ないので、電気代の節約になります。そして、待機電力をカットするために、寝る時や外出する時はプラグからテレビの電源ケーブルを抜いておくようにしましょう。

適切な大きさのテレビを購入する

テレビの大きさに比例して、消費電力も大きくなります。無理に大きなテレビを購入すると電気消費量が増える上に、部屋が狭くなってしまいます。テレビを置く部屋にあった大きさのものを購入するようにしましょう。テレビを購入する場合は、省エネ機能のついたテレビがおススメです。部屋の明るさに応じて画面の明るさを自動的に調節してくれますので、見やすくて電気代も節約することができます。

テレビを適度に調節して使用する

テレビ画面の明度を上げすぎたり音を大きくし過ぎると、消費電力も大きくなってしまいます。見やすくて聞きやすい状態に調節することは必要ですが、度を過ぎないようにしましょう。体調や環境の影響で、テレビが見にくかったり聞こえずらいこともありますから、定期的に購入時の状態にリセットして、その状態でどのように感じるか試してみましょう。もしも、見えにくかったり聞き取りにくかったら、適度に調節をしましょう。

テレビ画面の表面のホコリを取り除く

テレビ画面の表面は静電気の影響で、ホコリがつきやすくなっています。ホコリがついて画面が暗くなると、明度を上げてしまうので電気消費量が増えてしまいます。乾いた布で拭けばホコリは簡単に取れますので、汚れているように感じた時に掃除をするようにしましょう。ホコリが取れれば、画面が暗く感じることもないので、明度を上げることもなくなります。

テレビが何台もある家庭も珍しくありませんので、一台一台しっかりと管理して無駄な電力消費をしないようにしましょう。最も身近な家電製品の一つなので、意外と見落とすことも多いので注意しなくてはなりません。

便利に物件を探すならニフティ不動産アプリ

部屋を借りる!賃貸版はこちら

住宅を買う!購入版はこちら