キムチ鍋からのアレンジとは思えない!キムチ味のコロッケ

キムチ鍋からのアレンジとは思えない!キムチ味のコロッケ

ジャガイモとキムチを組み合わせたお料理が好きで、思いついたレシピです。

ザルを使ってキムチ鍋から具材だけを取り分けます。このとき汁もスープなどに使えるので、捨てないでくださいね。具材はよく水分を切り、細かく刻み、マッシュポテトと混ぜます。あとは普通にコロッケを作る要領で調理するだけです。鍋にお肉が残っていないときは、ひき肉を炒めて入れるとおいしくなります。衣を付けるのが面倒なら、餃子の皮に包んで揚げるのもおすすめです。

いつもと一味違うコロッケに、家族はどんな顔をするでしょう……!?そんなことも楽しみにしながら作ってみてくださいね。

キムチ鍋の残りを使えば、味付け不要で炊き込みごはんが完成♪

キムチ鍋の残りを使えば、味付け不要で炊き込みごはんが完成♪

キムチ鍋の汁には、肉や野菜のうまみがたっぷり♪そのままスープに使うのもありですが、炊き込みごはんにすると、一気にご馳走になりますよ。

研いだお米にキムチ鍋の汁をお釜の目盛りまで入れます。このとき、お釜の上にザルを置いて入れると、具材も分けられて簡単です。汁が足りない場合は、水を足しましょう。

ザルに残った具材は、好みに合わせて刻み、お釜に入れ、普通に炊けばOK!具材の水気はしっかりと切っておくのが、上手に作るポイントです。具材が少なく寂しい感じのときは、お肉やキノコ類を加えると豪華になりますよ。

また、お茶碗に盛り付けた後に、ネギやゴマ、刻み海苔、チーズなどをかけるとより一層おいしくなります。
おにぎりにしておけば、夜食にもいいですね。おこげもおいしくて、争奪戦になってしまうかも♪

お茶碗1杯分残ったら、翌日のお昼はキムチチーズチヂミに!

お茶碗1杯分残ったら、翌日のお昼はキムチチーズチヂミに!

鍋底に少しだけ残ったキムチ鍋。このまま洗ってしまおうか悩んでしまいますが、ぜひお皿に入れて冷蔵庫に入れておいてください。翌日のお昼にキムチチーズチヂミにして食べましょう。

汁椀1杯分で2枚のチヂミを焼くことができます。残ったキムチ鍋に薄力粉(160グラム)と片栗粉(40グラム)、卵1個を入れて混ぜます。よく混ざったらチーズを入れて焼くだけです。

お腹がすいているときは、お餅を入れると腹持ちがよくなります。好みに合わせて、具材を追加してもいいですね。

残りのスープを活用すれば、マーボー豆腐もお手のもの☆

残りのスープを活用すれば、マーボー豆腐もお手のもの☆

スープだけが残ってしまったら、マーボー豆腐にするのはいかがですか?既に味がついているので、様子をみながら醤油と砂糖、豆板醤で味付けをするだけ。料理初心者の方にもおすすめです。

キムチ鍋のスープが入っているお鍋に、小さく切った豆腐、ひき肉、みじん切りにした長ネギ(玉ねぎでもOK)を入れ、火にかけます。お肉の色が変わったら、醤油と砂糖、豆板醤で味付けをします。そして最後に水溶き片栗粉でとろみをつけたら完成です。

そのまま食べても、ご飯の上にのせてマーボー丼にしてもいいですね。キムチ鍋のリメイクだとは気付かれない1品です。

キムチ鍋を作った後も楽しめるレシピの数々。手軽にアレンジでき、失敗しにくいものばかりです。ぜひ試してみてください。

便利に物件を探すならニフティ不動産アプリ

部屋を借りる!賃貸版はこちら

住宅を買う!購入版はこちら