トップバリュにグルテンフリー食品が登場

トップバリュにグルテンフリー食品が登場

我が家には小麦アレルギーの息子がいるので、グルテンフリーの食材を探すのにいつも苦労していました。

「あれもこれも食べられない」という思いをさせたくないという気持ちはあるのですが、仕事が忙しいときなどはレトルト食品やカップラーメンが食べられたらなあ……なんて思ってしまうことも正直あります。

米粉でパンを焼いたり、成城石井で販売している米粉のパスタを定期的に買いに行ったり、レトルト食品の原材料名をチェックして「小麦成分含む」と表示されていないものを探したり。

ネットで探したら?という人もいますが、食事は毎日のことなので、できるだけ身近で安く手に入れられるものを探したいというのが本音です。

テレビCMで特定原材料7品目を使用しない食品「やさしごはん」の発売を知ったときは、「おお、ついにイオンがやってくれた!」ととてもうれしくなりました。

私が買ってみたグルテンフリー食品はコレ!

私が買ってみたグルテンフリー食品はコレ!

早速買ってみたのは「発芽玄米で作ったショートパスタ」「発芽玄米パスタと野菜のホワイトソースでつくるカルボナーラセット」「野菜と米ピューレでつくったペーストタイプのカレールー」です。

ほかにもケーキミックス粉やミックス粉(お好み焼き粉)やホワイトソース、トマトソース、シリアル、スープなど、品揃えは豊富。

小麦を使っている一般的な食品と比較すると当然割高になりますが、小麦アレルギーだと食べられないパスタやグラタンなどをおいしく手軽に食べられると思えば、決して高いとは思えません。

加えて、イオンに行けば確実に売っているという安心感、イオンのネットスーパーを利用すれば自宅に届けてもらえるというのも忙しいときはとても便利です。

ショートパスタを使ってグラタンを作ってみました

ショートパスタを使ってグラタンを作ってみました

<作り方>
1.薄切りにした玉ねぎをバターで炒め、ベーコン、しめじを加えてさらに炒めます
2.米粉30gとバター30gを鍋に入れて、少しずつ牛乳400ccを加えながらホワイトソースを作り、塩コショウで味を調えます
3.ショートパスタを固めに茹で、1と2を加えます
4.耐熱容器に3を入れて、とろけるチーズをたっぷり乗せてオーブンかオーブントースターで焼き色がつくまで焼いたら完成です

米粉で作ったパスタは茹ですぎると粘りが出るので、少し固めに茹でるのがお勧めです。

食物アレルギーの子をもつ親として一番注意しなければならないのは、「アナフィラキシーショック」から子供を守ること。ときには、こういった食品を上手に利用して、ごはん作りの手間を少しだけ省いてみてはいかがでしょうか。

便利に物件を探すならニフティ不動産アプリ

部屋を借りる!賃貸版はこちら

住宅を買う!購入版はこちら