左右どちら? 招いている手に注目!

左右どちら? 招いている手に注目!

まずは、招き猫の手に注目。右手を上げているものや、左手を上げているもの、中には両手を上げているものもありますよね。実は、上げている手によって、招くものが違うんです。

<右手を上げている招き猫>
右手を上げている招き猫は、「福を招く」猫。ここでいう「福」とは、主に金運のことです。金運アップや、運気上昇を願う人にぴったりの招き猫です。

<左手を上げている招き猫>
一方、左手を上げている招き猫は「人を招く」猫。そのため、飲食店やサービス業など、お客さんにたくさん来てほしい店に置かれることがよくあります。

<両手を上げている招き猫>
両手を上げている招き猫は、人も金運も両方招く猫。しかし同時に、両手を上げたポーズは「お手上げ」にも通じるとして、商売をしている人の中には敬遠する人も少なくありません。自分用に買うのはともかく、人へのプレゼントには避けたほうがいいかもしれませんね。

また、よく見ると招き猫によって上げている手の高さも違います。手は高く上げていれば上げているほど、より遠くからも福や人を集めるといわれています。商売をしている人はどんなお客様に来てほしいかを考えて選ぶといいでしょう。

白? 黒? 三毛? 体の色に注目!

白? 黒? 三毛? 体の色に注目!

続いて、体の色に注目。招き猫の体の色でよく見かけるのは、三毛と白、黒の3種類。この色にも、ちゃんと意味があるんですよ。

<三毛の招き猫>
三毛の招き猫は、運を呼ぶとされています。

<白い招き猫>
白い招き猫は、福を呼ぶとされています。

<黒い招き猫>
黒い招き猫は、厄除けや魔除けの意味があるとされています。

このほか、最近では金運を招いてくれるという金の招き猫や、恋愛運・結婚運を招いてくれるというピンクの招き猫なども登場。招き猫を選ぶときには、招きたい福や運に合った色のものを選ぶといいでしょう。もちろん、自分の好きな色を選ぶというのもありですよ。

東西南北、どこに置く?

東西南北、どこに置く?

招き猫を置く場所の基本は、お店なら店先、自宅なら玄関。外にいる福や運をおいでおいでと招くことができる場所です。また、自宅に置く場合はリビングなど、家族がよく目にする場所に置くのもOK。

最近はさらに風水の考え方を取り入れて、招き猫の色ごとに置き場所を考える人もいます。いくつか例をあげると、白い招き猫は北西、黒い招き猫は北または北西、金色は西、ピンクは東や南西がいいのだとか。

さらに縁起をかつぎたい人は、人の頭より上の高さに招き猫を置くそうです。確かに、お店などを見ると高い場所に棚を作ってそこに置いているところも多いですね。自宅ではそこまで凝ることは難しいかもしれませんが、可能であれば試してみてもいいかもしれません。

可愛い招き猫の意味を知って、自分に合ったものを選んで、今年1年の福を呼び込んでくださいね。

便利に物件を探すならニフティ不動産アプリ

部屋を借りる!賃貸版はこちら

住宅を買う!購入版はこちら