メゾネット物件に限らずですが、どういったメリットやデメリットがあるを前もって調べておくことは重要です。

メゾネットがどういった物件で、どういう人に向いているかをご紹介致します。

メゾネットタイプのマンション(賃貸・分譲)メリットやデメリットは?の画像01

人気のメゾネットタイプのマンション特集、メリット・デメリットは?内見でチェックすべきポイントは?



メゾネットタイプのマンションとは?ロフトやテラスハウスとの違いは?

メゾネットタイプのマンション(賃貸・分譲)メリットやデメリットは?の画像02

メゾネットタイプのマンションとは、2階以上の階層からなる居住空間に内階段が設置されている物件を指します。1階と2階を内階段でつなぐ特徴のある間取りは、2階建て戸建に近い感覚を味わうことができます。

メゾネットとは、もともとフランス語の「maisonnette」から由来しており、「小さな家」を意味します。

メゾネットタイプの間取りは、デザイナーズマンションやタワーマンションの上層階や1階部分にあることが多く、ワンフロアの物件に比べると数も多くはありません。もちろん高級マンションだけではなく、他にもいくつか種類があります。

メゾネットタイプの物件の種類とは?

メゾネットタイプの物件には、種類がいくつかあります。

上下に住戸を重ねるタイプでは、例えば1階と地下1階で1住戸、2階と3階を1住戸とするものが多いです(1階層違いで1住戸を作るイメージです。階層が上がって11階と12階というケースなどもあります)。
また、2階と3階の半分で1住戸、3階の残り半分と4階で1住戸とするものもあります。こちらの場合は1階と2階の2階層まるごとを1住戸とする場合と比べて上階の天井は低くなります。

珍しいタイプのものだと、2階住戸にルーフバルコニーの付いた、ルーフメゾネットタイプなどもあります。賃貸で憧れのルーフバルコニーで、仕事後や休日にゆっくりお酒飲んだりプランターや植木鉢でガーデニングしたりするのは至福ですよね!

メゾネットタイプの物件には、専用庭がついている間取りもあります。ルーフバルコニーからの眺望や開放感も素敵ですが、自分専用のガーデンビューも捨てがたいものです。ガーデニングを楽しんだり、お子様のプール遊びなども楽しんだりできます。1階のメゾネット物件には、戸建てでよく見られる床下収納があることも嬉しい点です。

メゾネットマンションとロフト付きマンションの違いとは?

メゾネットマンションと、ロフト付きマンションはちょっと似ていると思いませんか?

ロフトは「居室」として建築基準法で認められておらず、「小屋裏物置等」と定義されています。あくまで収納という位置づけなので、エアコンが設置ができなかったり、大きな窓がつけられなかったりなど制限があります。面積に関しても制限があり、居室部分の面積の半分未満にしなければならない規定があります。部屋にある梯子を登ると、広めの収納スペースがあるというのがイメージしやすいです。

メゾネットは「居室」として認められている空間なので、エアコンや窓の造作制限はありません。部屋にしっかりした上下階をつなぐ内階段があり、それを上ると別の部屋があるというイメージです。生活空間を分けたい方にお勧めできる造りと言えるでしょう。

メゾネットマンションとテラスハウスの違いとは?

メゾネットマンションとテラスハウスも、たびたび比べられることがあります。

テラスハウスとは、一言でいえば「現代風の長屋住宅」です。それぞれ独立した戸建てが、壁を隔てて連なっている造りになっています。各住戸には専用のテラスと庭があることが多く、室内はメゾネットの造りになっています。

メゾネットタイプのマンション6つのメリット 戸建て感覚の快適さ!

メゾネットタイプのマンション(賃貸・分譲)メリットやデメリットは?の画像03

メゾネットタイプのマンションにおける最大のメリットは、一軒家と共同住宅の良いとこどりができ、戸建て感覚でマンション暮らしができるというポイントですよね。

でも1階と2階が分かれていると、具体的にどんなメリットがあるのでしょうか?

メゾネットマンションだと、フロアを分けられて便利

忙しくてあまり掃除できてない時に限って、急な来客があったりしませんか?
メゾネットの便利は、そんな時に発揮されます。

例えばメゾネットの2階部分を寝室にしている場合、1階の玄関から来客を迎えてリビングダイニングで来応することによって、プライベートスペースを自然に隠すことができます。
寝室などのプライベートスペースは、できれば来客の目に触れさせたくないですよね。

メゾネットタイプだと近隣への音を気にしなくていい

メゾネットタイプは、子育て中のファミリーにも人気があります。

幼児がいる家庭やわんぱく盛りの子供がいると、どうしてもドタバタしてしまうものです。しかし2階部分をキッズルームにすることによって、騒音が階下の自分達で留まるので安心することができます。

メゾネットタイプだと適度なプライべート感を保てる

メゾネットタイプの間取りは、上階と下階で居住空間を分けるのに適しています。同居人がいたとしても、別々の階層にいる時間を作るなどするとプライベート空間を保てるのは大きなメリットといえます。

生活時間帯が異なる夫婦にも向いているメゾネットタイプですが、友達とのシェアにも最適ですね。

メゾネットタイプは螺旋階段や吹き抜けがあっておしゃれで開放的

メゾネットタイプは、おしゃれな空間に住みたいよいうこだわり派にもお勧めです。
メゾネットタイプには螺旋階段や吹き抜けがあることが多く、開放的で洗練された空間で毎日を過ごせます。
こんなおしゃれな部屋に住んだら、クリエイティブなお仕事をされている方などは想像力を刺激されそうな気がしませんか?

猫や小型犬のペット可の物件もある

メゾネットタイプの物件は、比較的自由度が高くペット可物件も多いのが特徴です。通常の物件でペットを飼うと、どうしても騒音も問題がでてきてしまいます。その点メゾネット物件は、騒音については通常のワンルームのより気にしなくてもいいと言えます。

ピアノ可・楽器可の物件も中にはある

ピアノ可の条件が多いのも、メゾネット物件の特徴の一つです。上階と下階に分かれている
メゾネットは、音が他の部屋に響きにくい点でピアノや楽器を演奏する方に向いています。

ただし全く近隣に響かないわけではないので、音量の調整や、時間帯によってはヘッドホンをするなどの配慮は必要です。

メゾネットはうるさい?!

インターネットでたまに見る、「メゾネットはうるさい」内容の記述。
これはメゾネットマンションではなく、木造建てのアパートタイプや、長屋タイプのテラスハウスの事が書いてあるケースがほとんどです。

メゾネット物件に限らず、マンションタイプよりも木造アパートの方が騒音は気になるものです。

マンションの上層階にあるメゾネット物件は、防音対策をしていることが多くみられます。
だからこそ、幼児連れのファミリーやペットがいる人から人気があるのです。メゾネットマンションの中にピアノ可・楽器可であるも、騒音が響きにくい造りになっている為です。
メゾネットマンションに住みたいけれど、どうしても隣人への生活音や足音が気になってしまう方は、一方が住戸と接していない角部屋を選ぶのも一つの方法です。

メゾネットタイプのマンションの6つのデメリット おしゃれな螺旋階段のはずが…

メゾネットタイプのマンション(賃貸・分譲)メリットやデメリットは?の画像04

メゾネット物件のおしゃれポイントであるはずの螺旋階段ですが、実生活上で不便なところもあるようです。

メゾネット物件に限らず、何事にもメリットとデメリットがあります。ただし、少し工夫すれば悪いところもそうではなくなることもあるので、解決策を探すことが重要です。

メゾネットタイプは掃除や洗濯物を干すのがめんどくさい

メゾネットタイプは、掃除や洗濯物を干すのがめんどくさいという意見があります。メゾネットの螺旋階段を、重い洗濯物や掃除機を持って移動するのは、確かに大変なことですよね。

この場合、洗濯機を置く場所と、洗濯物を干す位置を近くにしてみてはいかがでしょうか。メゾネットの螺旋階段をわざわざ行き来しないで済むように、あらかじめ設置場所を考えてみましょう。

メゾネット物件の掃除に関しては、各フロアにハンディ掃除機を置くことによって解決します。ハンディ掃除機が一台あると、メゾネット物件に限らずお子様やペットを飼っているご家庭では大変重宝しますよ!

メゾネットタイプのマンションは、夏は暑くて冬は寒い

メゾネットタイプは、夏の暑い時期と冬の寒い時期には対策が必要かもしれません。メゾネットタイプはフロアが二つあるため、空調機器を1台で済ますのがそうと難しいからです。
各フロアに分けて、冷暖房機器を設置すればこの問題は解決するでしょう。

メゾネットタイプは、インターネット回線の工夫が必要

メゾネットタイプのインターネット回線は、別途ルーターの設置が必要になる可能性がありますので、引っ越しの時に対応してしまいましょう。物件によっては、ケーブルテレビのインターネット回線が使えるものもあります。メゾネットタイプのマンションはフロアが分かれる構造上Wi-Fiが届きにくいこともあり、別途ルーターの追加が必要となる場合もあります。
各フロア毎に有線のLANポートが設置されているかあらかじめ確認しておくと安心です。

メゾネットタイプは、引っ越し時の家具や家電の搬入が大変

メゾネットタイプは、2階部分に家具は家電を搬入するのが大変との声もあります。特に螺旋階段の場合は、特別に吊り上げが必要になる可能性が出てきます。大型冷蔵庫やドラム式洗濯機など、業者に頼んで吊り上げると数万円プラスになることがあります。
2階部分に設置予定の家具家電がある際には、階段の幅をあらかじめ測っておくと良いでしょう。

引っ越しする時は、メゾネットのこの部分にソファーやベッドを置きたいとあらかじめイメージをし、搬入はどこからするかまで考える必要がありそうです。

しかし引っ越しにお金がかかっても、一度引っ越しをしてしまえばこっちの物!
憧れのイメージ通りの生活を毎日送れると思うと、苦労した甲斐があるってものです。

メゾネットタイプは、フラットタイプよりも狭いことがある

メゾネットタイプは螺旋階段や吹き抜けがあって開放的ですが、家具などを置く床面積が狭いことがあります。おしゃれさを求めるならメゾネットタイプですが、フラットタイプの方が空間に無駄がないといえます。

メゾネットタイプは、年配の方や赤ちゃんがいると不便

階段があるメゾネットタイプは、段差をなくしたバリアフリーとは逆のタイプと言えます。足腰の弱い年配の方にも、階段があるメゾネットタイプはお勧めはできません。赤ちゃんがいるご家庭では、ベビーモニターやベビーゲートが必要になる可能性があります。また階段があるため、乳幼児がいると常に落下の心配が伴います。

メゾネットタイプのマンションが向いている人

メゾネットタイプのマンション(賃貸・分譲)メリットやデメリットは?の画像05

メゾネットタイプのマンション物件のメリットやデメリットを紹介してきました。
メゾネットタイプのマンションには沢山の利点がありますが、ちょっと不便な部分もありましたね。
特殊な構造の間取りだけに、メゾネットタイプは向く人と向かない人がはっきり分かれるとも言えます。

では、具体的にどんな人に向いているのでしょうか?
パターンごとに分けて考えていきます。

ファミリーの場合

・階段は危ないものだと分かっている年で、わんぱく盛りのお子様がいる
・生活時間帯が異なる方がいる
・ワンランク上の上質なデザイン性の高い部屋に住みたい
・来客が多い

カップルの同棲の場合

・生活時間帯が異なる
・同棲というより、ルームシェアのようにプライベートな時間が必要

一人暮らしの場合

・おしゃれな物件に住みたい方
・来客が多い
・食事する場所と寝る場所を分けたい
・自宅兼オフィスのように使いたい
※メゾネット物件をオフィス事務所として使いたい際には、物件ごとに「SOHO可かどうか」の確認が必要です。

メゾネット物件は、オシャレに空間を分けたい人にオススメ!

メゾネット物件に向いている人の例を挙げさせて頂きました。メゾネット物件は、おしゃれでありながら、しっかりと空間分けがされています。共同生活で二人の活動スペースとリラックススペースを分けたい場合や、SOHOでお仕事スペースとプライベートスペースを分けたい場合、来客向けのスペースと家族のみが使う場所を分けたい場合など、さまざまなシーンで役立ちます。

あなたはどれに当てはまってましたか?

メゾネットタイプのマンション物件の内見でチェックしたい7つのポイント

メゾネットタイプのマンション(賃貸・分譲)メリットやデメリットは?の画像06

どんな方がメゾネット物件に向くかは、分かって頂けましたか?
では実際にメゾネットのマンション物件を内見する時には、どんなことをチェックすればいいのでしょうか。
内見の際にチェックするポイントをご紹介しますので、是非参考にしてみてくださいね。

メゾネットマンションの内見でチェックすべきポイント

1.建物の構造に注意する(木造アパートだと防音面は弱い)
2.玄関とトイレが同じ階にあるか(来客が来た際に便利)
3.メゾネットはデッドスペースが多いが収納場所は足りるか
4.ロールスクリーンなどで空間を仕切れるか(仕切れれば冷暖房費が節約できるかも?)
5.階段を実際に上り降りをしてみる
6.家具家電搬入のために、階段やドアのサイズを測っておく
7.コンセントやLANケーブルを挿せる場所をチェックしておく

ここさえチェックすれば、メゾネットタイプのマンション物件選びで失敗することはありませんね。
ニフティ不動産では、おしゃれなメゾネットタイプの賃貸マンション・分譲マンションが沢山あります!
おしゃれで快適なメゾネットマンションの物件探しは、ニフティ不動産へ!

便利に物件を探すならニフティ不動産アプリ

部屋を借りる!賃貸版はこちら

住宅を買う!購入版はこちら