結露防止の対策はグッズ(ワイパー・スプレー・シート・ヒーター)より物件選び!の画像01

そしてなにより注意すべき点は、物件探しにあり!快適な生活をおくるためのチェックポイントをぜひ参考にしてみてくださいね。

結露が家の窓できるメカニズムとは?掃除を怠るとカビ・ダニ虫・腐食の原因に!

結露防止の対策はグッズ(ワイパー・スプレー・シート・ヒーター)より物件選び!の画像02

結露のできる原因は、湿度(水蒸気の量)と温度のバランスにあります。
例えば、冬場に暖房を入れると窓やサッシ枠に水滴がつきますよね。
これは、室内の暖かい空気が外気で冷えた窓にぶつかって冷やされ、空間に存在できる水蒸気の量(飽和水蒸気量)を超えた分が水滴となっているのです。
温度が高いと飽和水蒸気量は大きくなり、温度が低いと小さくなるので、一般的には温度が低い季節の方が結露しやすくなります。
ただ、温度が低くても湿度も低ければ、余分な水蒸気がない状態なので、結露を防ぐことができます。

結露を掃除しないと、カビ・サビ・ダニなどの害虫・腐食の原因に!

結露の掃除をしないと、カビやサビ(腐食)、ダニの発生原因になります。
結露をそのまま放置していると、窓枠のゴムやカーテン、壁紙へとカビ等がどんどん広がってしまい、ひどい場合にはフローリングの床まで腐食してしまうことも。
また、カビやダニはアレルギーや肺炎の原因にもなるため、住まいだけでなくわたしたちの体にも深刻な影響が出てしまうのです。

賃貸物件の場合、結露を放置したらどうなるの?

賃貸物件で結露が発生した場合には、結露の防止対策をした上で、大家さんや管理会社に相談することが大切です。
なかには建物の構造上どうしても結露が出る物件もありますが、報告や対策をせずに結露を放置してカビ等の損害が発生してしまうと、入居者の注意不足とみなされ、退去の際に多額の原状回復費用がかかる恐れがあります。
自然災害による雨漏りであれば火災保険で補償されるケースもありますが、結露による損害の場合には保険ではカバーされないのでご注意を。

結露防止と対策グッズ(シート・テープ・スプレー・ワイパー・ヒーター)【予算別】

結露防止の対策はグッズ(ワイパー・スプレー・シート・ヒーター)より物件選び!の画像03

結露を防ぐにはどんな対策をすればよいのでしょう。
ここではコスト別に、結露対策グッズなどを紹介していきます。

最も結露になりやすいのは窓ガラスやサッシ枠。
下記の3か条を踏まえておくことが大切ですよ!

結露防止の3か条と対策法
その1:外気と室内の温度差を少なくする
その2:湿気がない室内状態を保つ
その3:空気の循環を良くする(換気)

結露防止対策①スプレーやワイパーなどのグッズ使用【1,000円未満】

まずは、お金をかけずにできる結露防止対策を紹介します。
気軽に試せるので、手間をかけたくない人におすすめですよ。

結露防止グッズ(ワイパー・スポンジ・モップ・水とりぞうきん)で拭き取り

ワイパーやスポンジ、モップ、水とりぞうきんなどで、結露を直接拭き取りましょう。
まずはワイパーで水滴を落として、そのあとで拭き取ると効率UP!
どのアイテムも100均やホームセンターなどで購入できます。

結露防止スプレーを使用

結露防止スプレーは、商品によっては結露だけでなく、水だれやカビを防ぎ、断熱効果のあるものも。ドラッグストアやホームセンター等で購入できますよ。

効果は2週間~1ヶ月程持続し、スプレーするだけのものと、スプレー+拭き取りが必要なものの2種類があります。
凹凸のある窓ガラスなど、ガラスの種類によっては使えないケースもあるので、購入前に必ずチェックしてくださいね。

h4:結露予防に食器用洗剤入りの水で拭き掃除

食器用洗剤には、水をはじく成分(界面活性剤)が含まれているため、撥水による結露防止効果が期待できます。

<洗剤水の分量>
食器用洗剤 ペットボトルのキャップ1杯分
水 100~150cc

事前に窓ガラスの汚れをふき取ってから、洗剤水を布に浸してコーティングします。
ただし効果はあまり長く続かないので、週に1~2回は塗りつける必要があります。

結露がでる夜対策 寝る前に換気

結露対策で、一番お手軽&効果的な方法は換気!
人が普通に生活しているだけでも、室内に湿気が発生します。
結露が出やすい夜には、就寝前に湿気を含んだ空気を外に出しておきましょう

結露はDIYで防止!お金をかけずにできることもある

DIYで結露対策をするなら、包装等に使用されるプチプチシートや段ボール、新聞紙を窓ガラスに貼る方法もあります。
これらのアイテムは断熱性が高く窓を冷やさないため、結露を防げるのです。

窓の内側だけでなく外側にもこれらを貼れば、より高い断熱効果に。
貼った新聞紙をはがすとき、そのまま窓拭きに利用するとインクが汚れを吸収して、ガラスが綺麗になりますよ。

ただし、プチプチシートや段ボール、新聞紙が窓に貼られていると、どうしても見栄えが悪くなるので、使える場所や時間帯は限られるのがネックと言えます。

結露防止対策②シート・テープ・ヒーターの使用【1万円未満】

次に、もう少しお金はかかるけれど、効果的に結露防止できる対策をまとめます。
結露対策としては以下の方法が主流なので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

結露防止シートやフィルム、防水・吸水テープを使用

「プチプチシートじゃ見た目がイヤ!」という方におすすめなのが、結露防止シートやフィルム。表面はお洒落な模様で、裏面は粘着シールとなっているものが多く、窓に貼っても違和感がありません。
また、プチプチシートよりも断熱効果が高いため、結露対策だけでなく冷暖房費の節約にも最適です。価格は1,500~2,000円程度。

窓を透明なまま保ちたいという方は、窓の下や窓枠に結露防止テープや結露吸収テープを貼るとよいでしょう。結露の水滴を防止・吸収することで、サッシの腐食やカビの繁殖を防ぐことができます。
こちらもさまざまな柄が販売されていて、価格は1,000~1,500円程度。

結露が出やすいヒーターの使用をやめてエアコンに切り替える

暖房器具の種類によっては、水蒸気が出やすいタイプがあります。これは室内の空気を燃焼させて暖める仕組み(開放型)で、石油・ガスのストーブ・ファンヒーターなどです。

開放型暖房器具からエアコンやハロゲンヒーター、カーボンヒーター、オイルヒーターなどに変えるだけで、結露が改善することも。
石油・ガスの場合よりも電気代は高くなってしまいますが、買い替えを考えているならぜひ検討してみてはいかがでしょうか。
ハロゲンヒーターなら3,000~7,000円程度で購入できますよ。

結露防止の対策はグッズ(ワイパー・スプレー・シート・ヒーター)より物件選び!の画像05

結露の元となる湿気を取り除く除湿機の導入

結露対策はもちろん、衣類の乾燥や洗面所のカビ対策にも効果的なのが除湿機。
コンパクトなものなら1万円以下でも購入でき、部屋ごとの持ち運びにも適しています。

結露防止にサーキュレーターや窓用ヒーターを使用

窓用ヒーターを設置すれば、窓そのものを暖めることで結露を防止できます。窓の幅にしっかりあったサイズを選ぶことがポイント。
窓用ヒーターは結露対策としては強力なアイテムですが、全ての窓に導入するとコストがかかってしまうのがネックと言えます。

そんな場合には、サーキュレーターや扇風機を窓際に置くという方法も。
窓付近の空気を絶えず循環させることで、結露になるのを防げます。
サーキュレーターや扇風機は、安いものなら3,000円前後で購入できるのでおすすめですよ!

結露防止対策③塗料・二重窓・カーテンの導入【1万円以上】

最後に、コストをかけてでも、徹底して結露を防止できる方法をまとめます。
ただし、賃貸物件では原状回復できないものはNGなので、ご注意を。

結露防止の塗料を使用(業者に頼む)

天井から結露の水だれがする場合には、天井に断熱・調湿作用のある塗料を塗ることで、結露を防ぐ方法があります。
ただし、水だれの原因が雨漏りによる場合もあるので、リフォーム業者にきちんと見てもらうことが大切です。

結露に強いカーテンに変える

窓ガラスの結露をカーテンで防ぐのには、2つの方法があります。

①断熱性の高い厚手のカーテン+カーテンカバーで窓全体を覆う
②薄手のレースカーテンで暖房の熱を通過させて、窓の表面を暖める

一見、相反する方法のように思われるかもしれませんが、実はどちらも理にかなっています。
①の場合には、カーテンで窓を密封状態にすることで、内窓のような構造を作り出して結露を防ぐ、②の場合には、暖房の熱でなるべく窓表面を暖め、室温と窓表面の温度差を少なくすることで結露を防ぐというわけです。

どちらの場合もワンルームなら1万円以下でできますが、戸建ての全室を変えるとなると、かなりの費用がかかってしまうのが難点。

結露対策のため、二重窓・二重サッシ・複層ガラスにリフォーム

ここまで紹介した中で結露対策として最も効果的なのは、窓そのものをリフォームしてしまうこと。二重窓(二重サッシ)や複層ガラスなどで空気の層を作り出し、外気と室温の差を段階的に調整します。
内窓の工事費用は、標準サイズの掃き出し窓なら8~10万円程。内窓は一番コストがかかりますが、結露対策はもちろん、遮熱性・断熱性・防音効果も優れています。

結露対策は物件選びで防止できる!マンション(賃貸・分譲・中古)や戸建ての見分け方

結露防止の対策はグッズ(ワイパー・スプレー・シート・ヒーター)より物件選び!の画像04

結露の悩みは、家探しの時点で気をつければある程度防止できます!
いざ住んでから大変な思いをしないように、下記のポイントに注意してください。

結露のしない家 戸建てや分譲マンションの場合

基本的には、二重窓(二重サッシ)の物件が一番結露を防止できます。
ただ、北海道や東北などの寒い地域以外では、全室二重窓の物件はかなり限られるのではないでしょうか。
そのため内窓がなくても、断熱サッシや複層ガラスが採用されている物件を探すのが、現実的と言えます。

結露のしない中古物件や賃貸物件の見分け方

中古や賃貸の物件探しでは、内見で以下の項目を必ずチェックしましょう。

・室内側の窓やサッシがびっしょりと濡れていないか
・クローゼットや押入れの中が湿っている・カビ臭がないか
・室内の壁紙が浮いている・水だれなどのシミがないか など

このような状態の物件は、建物の構造上どうしても結露が出てしまう可能性があります。
無理をして住むと、自分の家具や服にもカビがはえたり、健康被害が出たりすことも。内見の段階で見つけられたら、避けるのが無難です。

結露防止対策のお部屋探しは、ニフティ不動産のこだわり検索が便利!

結露防止対策についてお分かりいただけたでしょうか?
ニフティ不動産では、大手不動産サイトの中からお気に入りの物件を一括検索できます。
また、「こだわり条件」で検索できる項目はなんと142個!
結露対策としては、「南向き」「西南向き」「風通し良好」「24時間換気システム」「複層ガラス」などの条件設定がおすすめですよ◎

結露防止の対策はグッズ(ワイパー・スプレー・シート・ヒーター)より物件選び!の画像06
結露防止の対策はグッズ(ワイパー・スプレー・シート・ヒーター)より物件選び!の画像07

便利に物件を探すならニフティ不動産アプリ

部屋を借りる!賃貸版はこちら

住宅を買う!購入版はこちら