ディスポーザーとは?故障修理・交換・設置費用、詰まり対策・掃除のやり方まで解説の画像01

衛生的かつゴミ捨てが楽になる便利アイテムではありますが、設置費用や交換・修理費用などがどれくらいかかるのかイメージがつかないものでもありますよね。
金銭面以外にも、生ごみが詰まってしまったときの対処法や、毎日の掃除のやり方など気を付けなければならないポイントもいくつか存在しています。

せっかく手に入れた便利アイテムがトラブルのもとになってしまっては本末転倒!
今回は、ディスポーザーのトラブルを防止するために知っておくと便利な情報をまとめてみました!

調理の際に出た生ごみをシンク下で粉砕し水に流せるディスポーザー。ごみを溜めておく必要がないので衛生的ですよね!便利なアイテムを使いこなすためにも、トラブルが起きる前に対処法をチェックしておきましょう。



ディスポーザーとは、新築マンションのキッチンシンクの生ごみ処理機 デメリットは?

ディスポーザーとは?故障修理・交換・設置費用、詰まり対策・掃除のやり方まで解説の画像02

ディスポーザーとは、キッチンシンクの下に設置できる生ごみ処理設備です。
生ごみをシンク下で粉砕し、そのまま下水に流す仕組みになっています。

ディスポーザーとは?故障修理・交換・設置費用、詰まり対策・掃除のやり方まで解説の画像03

ディスポーザーは一戸建てにも取り付けることはできますが、浄化槽の設置が必要になるため、マンションに取り入れられていることが多い設備です。

生ごみの処理方法としては、生ごみを次々と投入し粉砕していく「連続投入式」と、粉砕室にごみを溜めてから一括で処理する「バッチ(一括投入)式」の2種類があります。
どちらも生ごみを入れる前に、必ず水を流すのがポイントです。

ディスポーザーのメリットは生ごみ&臭いの軽減

ディスポーザーは「衛生面」と「手間が省ける」という点で非常に便利なアイテムです。

<ディスポーザーのメリット>

・生ごみの臭いに悩まなくていい
・排水溝に黒カビや黒ずみが生えない
・ぬるぬるした三角コーナーを掃除しなくていい
・いつものごみ出しが楽
・キッチンを清潔に保てる
・ゴキブリやネズミなどの害虫や害獣が減る
・ネットの取り換えをしなくていい

数あるメリットの中でも「悪臭」と「害虫」対策になることから、ディスポーザーを取り入れる新築マンションが増えています。
特に食べ物が傷みやすい夏場では、少し生ごみの処理を怠っただけですぐに臭い、害虫がわき出てきます。ご近所トラブルに発展する可能性もありますから、今後ディスポーザーの人気はどんどん高くなっていきそうですね。

ディスポ―ザーのデメリットは故障や交換費用

衛生的かつ便利なディスポーザーですが、デメリットももちろんあります。

<ディスポーザーのデメリット>

・故障したら修理や交換の費用がかかる
・寿命で取り外すのも取り替えるのも出費がある
・詰まったら最悪業者を呼ばないとダメ
・機種によっては音がうるさい(騒音)
・定期的なお手入れや掃除が必要
・どの家でも付けられるものではない

まず、ディスポーザーは処理した生ごみを下水に流す仕組みなため、物件に排水処理施設が併設されていないと設置できません。そのため戸建てや既存のマンションに新たにつけるということが難しく、多くは新築マンションに導入されています。

また電気製品ですので、故障や機械の寿命があります。
一度設置すればずっと使えるというわけではなく、故障した場合は業者を呼ぶ必要があります

三角コーナーの掃除はなくなりますが、その分ディスポーザーの掃除をしなければならないため、どちらが良いかは人によって判断が分かれるところでしょう。

上記にまとめたデメリット以外では、水道代や電気代などを気にする方もいるかもしれません。ただ、ディスポーザーはそこまで水や電気を消費するものではないため、月々の料金がものすごく高くなるということはないでしょう。

ディスポーザーが故障したら?修理・交換・設置の費用は?賃貸マンションは?

ディスポーザーとは?故障修理・交換・設置費用、詰まり対策・掃除のやり方まで解説の画像04

新築マンションを中心に設置されることが多くなっているディスポーザー。
エアコンより壊れる確率は低いといわれていますが、いざ故障したら修理費用や交換費用としてどれくらいのお金が必要なのでしょう。

ディスポーザーのよくある故障例としては「詰まり」「噛みこみ」「水漏れ」の3つがあります。
故障の原因が生ゴミのつまりであれば、トイレ用の詰まり取りで改善することもありますが、それでも改善しない場合には業者を呼ばなければなりません。

今回はディスポーザーが故障してしまった場合の費用について、「修理する場合」「シンクを変える場合」「ディスポーザー自体を新しいものに交換する場合」の3パターンに分けてまとめてみました。

ディスポーザーが故障して修理できる場合 費用相場は1~1.5万円

故障の原因が、異物混入などによる「詰まり」「噛みこみ」である場合の修理費は、1~1.5万円が相場です。実際は、修理費以外にも出張費用や部品代などが発生します。
出張費用であれば、事前にどれくらいかかるのか確認できるため、業者選びの際にチェックしておくと良いでしょう。

一方、ディスポーザーを修理できなかった場合、次にとれる選択肢は2つに絞られます。

ディスポーザーを取り外して普通のシンクに戻す 費用相場は2万円

「修理できないならディスポーザーはもういらない」
そう思われる場合、シンクをディスポーザー無しの普通のものに戻すことも可能です。

その場合の費用感は約2万円
ディスポーザーを取り付ける前の排水管などがない場合は、取り付け費用として+5,000円前後かかります。

また、取り外したディスポーザーの処理を業者にお願いする場合は別途費用が発生しますので、気を付けましょう。

ディスポーザーを新しいものに交換する 費用相場は9万円前後

ディスポーザー自体を新しいものに交換する場合は約10万円必要になります。
費用の内訳としては、設置費として2万円前後、本体代として6~7万円前後、また今まで使っていたディスポーザーの処分費として3,000円ほどかかります。

参考までに人気メーカーの価格帯をまとめておいたので、ぜひチェックしてくださいね。

メーカー 本体価格
LIXIL 60,000~70,000円
Panasonic 60,000円前後
MAX 80,000円前後
安永クリーンテック 60,000円前後

賃貸マンションの人は注意!
・賃貸マンションの場合、ディスポーザーの交換は自己負担になることがほとんどです
・「故障が怖くて使わない」という場合でも、入居時に動作に問題がないか確認しておくことが大切です!
・ただ、どうするのかは管理会社や大家側の判断になるので、一度相談してみるのもアリ

ディスポーザーの使い方は?流してはいけない物はメーカーによって異なる

ディスポーザーとは?故障修理・交換・設置費用、詰まり対策・掃除のやり方まで解説の画像05

ディスポーザーには、連続投入式バッチ(一括投入)式の2タイプがあります。どちらのタイプかはメーカーによって異なりますが、使い方の基本は「水を出しっぱなしにしておく」こと!

まずは各タイプの使い方を確認しましょう。

<連続投入式の使い方>

①水を流しっぱなしにする
②ディスポーザーの電源を入れる
③生ゴミを次々入れていく
④処理が終わったら電源を切る
⑤水を止める

<バッチ(一括投入)式の使い方>

①水を流しっぱなしにする
②ディスポーザーに生ごみを入れる
③ふたを回してディスポーザーを起動
④処理が終わったら水を止める

ディスポーザーのタイプによって、起動のタイミングが異なりますが、基本動作としては「水を出す」「ごみを入れる」「水を止める」の3段階になります。

ディスポーザーに流してはいけない物は、メーカーや機種によって異なる

ディスポーザーは生ゴミを粉砕処理するといっても、すべてのゴミを処理できる訳ではありません。
また、処理ができない具体的な品目はメーカーによって異なります。トラブル防止のためには、事前に確認しておくことが重要です。

▼ディスポーザーに流していい物


・果物や野菜のくず
・ごはん
・魚の小骨
・手羽元などの鳥の骨
・海藻類
・肉類
・麺類……など

家庭内で出てくる生ゴミであれば基本的には問題ありません。
パスタやラーメンのような麺類も粉砕できますので、そのまま流しいれてしまいましょう。

りんごやグレープフルーツなど、果物の皮や芯、大きく厚みのあるものは数センチ程度にカットしてから流せば問題なく利用できます。

▼他の生ごみと混ぜればディスポーザーに流せるもの


・玉ねぎの皮
・あさりやしじみといった小さな貝殻
・枝豆の皮

玉ねぎや枝豆の皮のような繊維質が多い食材の場合、単体で大量にいれると粉砕しきれず残ってしまう場合があります。そのまま使い続ければ詰まりの原因になりますので、他の生ゴミと混ぜてディスポーザーに入れましょう。

▼ディスポーザーに流す時に注意が必要なもの


・餅
・うどん
・鶏の皮
・生魚の皮

繊維質が多い食材以外にも、粘性があるものもディスポーザーとの相性が悪いです。
代表的なのはうどんと餅。
また鳥の皮のような包丁で切りづらい食材も故障の原因になりやすいので、少しずつ分けて利用しましょう。

▼ディスポーザーのメーカーによって異なるもの


・卵の殻
・魚の骨
・魚の頭

最新機種であれば問題なく利用できる食材ですが、古い機種だとNGの場合もあります。
また、利用OKだとしても枝豆の皮などと同様に、一気にたくさん粉砕できないこともありますので、分割して投入するのがおすすめです。

▼ディスポーザーに絶対流してはいけない物


・肉類の大骨
・ティッシュ
・タバコ
・スプーンやフォーク

ディスポーザーに流してよいものは生ゴミのみです。
ティッシュやタバコの吸い殻などは故障の原因になります。絶対に流さないでください。

スプーンやフォークなどは、食器を洗っている間に間違って混入する恐れがあります。
こちらも故障に直結するものなので、誤ってディスポーザーに落ちないよう洗い物中は蓋をするなど工夫が必要です。

ディスポーザーの掃除の仕方は?洗剤?それとも重曹?ふたや配管はどうする?

ディスポーザーとは?故障修理・交換・設置費用、詰まり対策・掃除のやり方まで解説の画像06

便利で衛生的なディスポーザー。
毎日使うことを考えると、気になってくるのがお掃除のやり方ですよね。
基本的には洗剤とブラシを使えば、ぬめりなどの汚れはすぐとれます。
手を入れてゴシゴシ洗う必要はなく、ブラシで優しくブラッシングするだけで十分です。

しかし気を付けなければいけないのが洗剤の種類!
塩素系洗剤は金属疲労を起こす可能性があるので使えません。
ディスポーザーを洗う際は、かならず中性洗剤を使用してください。
重曹をぬるま湯に溶かして流すのも有効ですよ。

また熱湯消毒もオススメできません。本体がプラスチックでできているため、割れる可能性があるので要注意です。

最後にもう一つ気を付けなければならないポイントがあります。
ディスポーザーを掃除する際は必ず電源を切りましょう。
ブラシを使っていれば怪我をする可能性は低いですが、事故が起こさないためにも電源を確認しておかないといけないですね。

ディスポーザーの毎日のお手入れは氷を粉砕?!臭い対策はレモンの皮

上記でまとめたのは、汚れが気になってきた場合のお掃除法でした。
他にも、毎日のお手入れとして気軽に取り入れられるやり方が2つあります。

1つ目は氷を粉砕させるやり方。
氷を数個ディスポーザーに入れるだけで、基本的な汚れは全て取れます。
そのためディスポーザーを使った直後に氷を粉砕させておけば、大掛かりな掃除はあまり必要ないでしょう。

2つ目として、夏場など臭いが気になってきたらレモンの皮を使いましょう。
ディスポーザーにレモンの皮を2.3切れ入れて粉砕するだけです。
こちらも、ディスポーザーの使用後に簡単に取り入れられるのでおすすめですよ。

ディスポーザーは新築マンションに増えている!生活の必須アイテムになるかも?

賃貸物件の設備として人気のディスポーザー。新築マンションを中心にどんどん導入されています。便利なディスポーザーは、これからの生活における必須アイテムになりそうですね!

ディスポーザーの耐久年数は平均7年前後といわれているので、賃貸として物件を選ぶ際は築年数をチェックするのがポイントです。

理想の新生活を送るためにも、ニフティ不動産で物件選びを始めましょう!

便利に物件を探すならニフティ不動産アプリ

部屋を借りる!賃貸版はこちら

住宅を買う!購入版はこちら