どう作る?一人暮らしのキッチン!の画像01

今までは当たり前のようにお母さんのお料理を食べていたのですから、そろえなければいけない調理用具、食器、料理の基本など、わからないことだらけのはず。

でも大丈夫!!
一人暮らしの料理について、今から一緒に確認していきましょう。



最初に買うべき台所用品は何でしょう?

ここでは、一人暮らしの料理で必要となる台所用品をざっとご紹介します。
初めての一人暮らしでは、「はりきっていろいろ買いすぎた」「置き場所に困る」という声も。
まずは、必要最低限のものをおさえて、あとから追加していくのも一つの方法ですよ。

一人暮らしで最低限必要なキッチンツールとは?


器具 数量 ポイント
まな板 1枚 100均のものより、きちんと厚みがあり、平面に置いてみて、よれていないものを選びましょう。
包丁 1本 最初に買うのは万能包丁がおすすめ。切れ味の良いものを選んだほうが却って怪我をしにくいですよ。
ボール・ザル 大中小各1 ボールとザルは対で使えるように、深さや形が合っているものが便利です。
計量カップ・計量スプーン 各1 慣れるまでは、面倒でも計って調理するのが、料理上手への近道!
大小各1 まずは汁もの用に直径12cm程度、煮炊き用に16cm程度のものを用意しましょう。
フライパン 1個 直径21cm程度のもので、慣れないうちはフッ素樹脂加工のものがおすすめ。
電気ケトル 1個 電気式のものは湯沸かしが早く便利です。
炊飯器 1個 ご飯を炊くだけでなく、調理に使うこともできます。
調味料入れ 2~3個 砂糖や片栗粉など、袋入りの調味料は片手で開けられる調味料入れに移しかえると、こぼれにくく、虫の発生も防ぎやすいので◎。
菜箸 3膳程度 生もの、加熱中のものをつかんだ箸は盛りつけ時、新しいものに持ち替えると食中毒予防になります。
フライ返し・おたま 各1本 加熱・盛りつけ時に必要です。
ピーラー 1個 包丁でも大丈夫ですが、あるとスピーディーに料理ができます!

その他に、ラップや保存容器、ファスナー付き保存袋、台拭き・布巾、食中毒予防にハイタ―・消毒用アルコールスプレーなども用意しましょう。

食器は何を買っておけばよいでしょう?

お椀にお茶碗、直径18~21cm位の平皿、小皿、どんぶり、マグカップ。
この程度あればまずは大丈夫。
両親や友達が来る予定なら、予備のセットに加えて、大皿もあると良いですね。

最初に揃えておくべき調味料や保存しておきたい食材は?

基本は塩、砂糖、コショウ、醤油、日本酒、サラダオイル。
お好みでケチャップ、マヨネーズ、ソース類。
だし類は、実家で使いなれた味のものを用意しましょう。

さあ、料理の準備をしよう

調理器具がそろったら、料理の準備に入ります。
メニューを決めて、食材の調達や保存方法について学びましょう。

メニューを考えましょう

いきなりメニューを考える…といわれても難しいですよね。
料理の組み合わせには、「一汁三菜」という考え方があります。
汁物が一つに、主菜が一つ、付け合わせが二つ(+ご飯)という意味です。

しかし、疲れて仕事や学校から帰ってきてからこんなに作るのは、料理になれた主婦でもなかなかハードルが高いもの。
最初は、無理をせず一品二品からつくりはじめましょう。

メニューを考えるときに便利なのが、時間割のように表を作る方法です。

煮る A B C
焼く D E F
炒める G H I

表のA~Iに、たとえばお肉なら「牛」「豚」「鶏」をあてはめます。
「牛肉」を和風で煮るなら肉じゃが「豚肉」なら白菜と豚肉のミルフィーユ鍋など、レシピサイトを活用して考えていくのも良いですね。
この表は、野菜を中心に作る副菜にも活用できます。

上手にできたらSNSにアップしてみるのも◎。
みんなに見てもらえたら励みにもなりますし、後々メニューに困ったとき、見返すこともできますよ。

上手に買って食費を抑えよう

一人暮らしだからと少量パックの食材を利用していると、結局は割高なものを購入することになります。
思った以上に食費がかかる原因はここ!

お買い得品の食材を上手に利用して、食費を節約しましょう。
作り置きのレシピサイトや本を利用し、休日にまとめ買いをして、調理・保存するのがおすすめです。

一人暮らしは、とかく栄養も偏りがちになります。
副菜を中心に作り置きを活用して、栄養の偏りと食材の無駄を防ぎましょう。

冷凍?冷蔵?それとも冷暗所?保存の方法を知ろう

とはいえ、下ごしらえする時間さえないときもありますよね。
そんな時はどうやって保存すれば良いのでしょう?

土の中に育つジャガイモやごぼう(いわゆる根野菜)、しょうが、ニンニクは、冷暗所に保存します。
冷蔵庫に入れると温度が低すぎて、傷みやすくなるのでご注意を!

葉もの野菜は、流水でざっと洗ったら軽く水気を切り、キッチンペーパーにくるんでビニール袋に入れ、できるだけ立てて冷蔵庫の野菜室に保存します。

肉・魚類は臭みや乾燥を防ぐために下味をつけて、一回分ずつラップフィルムで包み、厚みを均一に整えて冷凍します。
厚みにばらつきがあると、解凍時間にムラができてしまう原因になります。

いよいよ調理の始まりです

ここまで準備が整ったら、調理を開始していきましょう。
ここでは、レシピの読み方や下ごしらえの基本を解説します。

知ってる?レシピの読み方

レシピサイトを見てみると、事細かに書かれたものからポイントのみをかいつまんだものまで、いろいろあります。
レシピの投稿者も、料理のプロから趣味で投稿している方までさまざまです。

キーワードで検索すれば、同様のレシピがたくさん出てきます。
少しずつ、材料の種類や調味料の割合が違っているはずです。

▼ポイント① レシピを見比べて自分好みの味に

みりんや砂糖が多ければ甘め、全体に調味料が多ければ濃いめの味に仕上がります。
出身地によっても味の好みは変わるもの。
レシピを見比べて、好みの味付けを探しましょう。

▼ポイント② 調理時間は余裕をもって

はじめのうちは調理に思ったよりも手間がかかり、食事時間に間に合わなくなることも、よくある失敗の一つ。
朝のお弁当調理は、特に時間に余裕をもってはじめましょう。

▼ポイント③ 火力の違いにご注意を

自宅のガスコンロやIH調理器が、レシピとは火力に差があることも。
加熱時間のチェックも必要ですが、それだけではなく、実際に火が通ったかどうかを確認するために、味見をしてみるのも大切です。

▼ポイント④ 最初の味付けは控えめに

煮る料理は、火を止めて一度冷ますと、温度が下がるのと同時に味も入っていきます。
冷ます時間も、おいしく作るポイントの一つなのです。

また、煮物や汁ものは煮炊きしているうちに水分が蒸発し、どんどん味が濃くなっていきます。
そのため、はじめは旨味や塩辛さは控えめにして、食べる直前に味をととのえるとよいでしょう。

「つくれぽ」がいっぱいあるのに、うまくいかないのはなぜ?

レシピには調理のコツが載っていないことがよくあります。

たとえば、野菜の「くし切り」。野菜をどの向きに切ったらよいのでしょうか?
答えは「繊維の方向」にあります。
野菜が成長するとき、縦長に伸びますよね。そのため、繊維も縦長にはいっているのです。

野菜を繊維にそって切れば、歯ごたえがパリっとしたものになるので、スティックサラダなどに向いています。
逆に、繊維に対して直角に切ると柔らかい食感になり、煮物を速く柔らかく仕上げたいときにおすすめです。

同様に、肉類にも筋肉繊維の向きがあります。
脂肪分の少ないヒレ肉や鶏もも肉などは特に、よく見れば繊維の向きを確認することができます。
肉類の場合は、繊維にそって切ると筋ばってとても固くなってしまうので、注意が必要です。
野菜とは逆に、繊維に対して直角に切るようにしましょう。

このように、仕上げたい料理をイメージし、切り方も工夫してみるのが大切です。

つくれぽをよく読んでみると、「はじめは失敗したけれど、次にこうしたら上手にできた」というものもあります。
失敗談にはコツが多く含まれていますよ!

カツやフライの衣に使う小麦粉は、「強力粉」がおすすめ!
「薄力粉」よりもダマにならず、きれいにまぶすことができるよ。

下ごしらえも大切!調理の基本を知ろう

繊維のほかにも、食材ごとに注意すべきポイントがあります。
ここでは、「肉・魚類」「野菜類」「乾物類」の下ごしらえで気を付けることをまとめました。
他にも、「食材名 下ごしらえ」で検索するといろいろヒットしますので、気になったら調べてみるのも、料理上手への近道ですよ!

▼肉・魚類
肉類は、買ったものに脂身が多すぎれば、事前にある程度切り取っておきます。
豚ロース肉は、脂身と赤身の間に筋が通っています。
境目に包丁やキッチンバサミを立てて刺し、筋を切っておくと、丸まらずきれいに調理できますよ。

肉・魚類を調理した後は、食中毒予防のためにも、包丁・まな板を念入りに洗浄して、手洗いもしっかりとしてくださいね。

▼野菜類
ごぼうはアクが多く変色するので、切ったらさっと水にさらします。
ほかの野菜も水にさらすことがありますが、アクを抜く場合シャキっとさせる場合の、二種類の目的があります。

また、生の山芋や里芋の皮をむくと、手がかゆくなることも。
アトピーやあかぎれで肌が荒れていると特に症状が出やすいので、流水をかけながら、またはあらかじめ電子レンジなどで加熱してから、皮をむきましょう。
もしかゆみが出てしまった場合には、お酢を患部に塗り、水で流してください。

▼乾物類
干ししいたけなどの乾物類は、時間に余裕を持って先に戻して(水につけて)おきますが、種類によって戻し方や戻し時間が違います。
購入時の外袋や、「○○(乾物名) 下ごしらえ」で検索するとレシピサイトにも掲載されていますので、調べておきましょう。

また、乾燥ワカメに代表される海藻類は、戻すと量がものすごく多くなります。
レシピの分量が乾燥した状態のものか、戻した状態のものかを、しっかりと確認しましょう。
もし戻し過ぎてしまったときは、濃い目の味をつけてご飯に混ぜたり、ひじきなどは作り置きとして冷凍したりしても良いですね。

コンビニ食材でもできる、簡単レシピ

ここでは、一人暮らしの料理にぴったりの、コンビニ食材を使った簡単レシピをご紹介します。
気になったら、ぜひ試してみてくださいね。

サラダチキンのピカタ

コンビニで人気といえば、ヘルシーなサラダチキン。
でも寒い冬に冷たいものはちょっと…という方も多いのでは?

それでは、焼いてしまいましょう!
加熱するとサラダチキンはパサパサしがちですが、卵でコーティングすることでしっとり仕上がりますよ。

【材料】一人分

どう作る?一人暮らしのキッチン!の画像02
材料 数量
サラダチキン 1個
塩コショウ 適宜
1個
青ネギ
(お好みでドライバジルや大葉、チーズ)
適宜
サラダオイル 少々

【作り方】

① サラダチキンは一口大のそぎ切りにする。卵をボールに割り、青ネギ、塩コショウを加える。

どう作る?一人暮らしのキッチン!の画像03

② サラダチキン全体に、卵液をまぶしかける。

③ フライパンにサラダオイルを熱し、②の肉を入れて、両面をさっと焼く。

④ 皿に盛りつけ完成。

どう作る?一人暮らしのキッチン!の画像04

鶏唐揚げで!カンタン酢豚風

たまに食べたくなる酢豚。お惣菜コーナーの唐揚げをリメイクしてみませんか?
野菜もたっぷり食べられます。

【材料】一人分

どう作る?一人暮らしのキッチン!の画像05
材料 数量
鶏唐揚げ 5個
にんじん 3cm程度
玉ねぎ 小1/4個
パプリカ・ブロッコリーなど 各適宜
ごま油 大さじ1程度
☆ケチャップ 大さじ1
☆砂糖 大さじ1
☆酢 大さじ1
☆しょうゆ 大さじ1/2
片栗粉 小さじ1
大さじ1

【作り方】

① ☆の材料を混ぜとかしておく。

② 片栗粉と水を合わせておく。(片栗粉は調理前に水に入れ、水分を含ませておくのがまんべんなくきれいにとろみをつけるコツです。)

③ 野菜は一口大に切り、ニンジンはあらかじめ茹でるか水を少しはった皿に入れ、ふんわりとラップをして電子レンジにかけ、すっと箸が入るよう加熱しておく。(糖分の多いニンジンは、そのままレンジにかけると発火する恐れがあります。必ず水分を加えましょう。)

どう作る?一人暮らしのキッチン!の画像06

④ フライパンにごま油を熱し、③の野菜と唐揚げを炒める。

どう作る?一人暮らしのキッチン!の画像07

⑤ 全体に温まったら①の甘酢あんをよく混ぜてから全体に回しかける。

どう作る?一人暮らしのキッチン!の画像08

⑥ 続いて、②の片栗粉を加えて全体を良く混ぜる。あんに透明感が出て、とろみがつけば出来上がり。

どう作る?一人暮らしのキッチン!の画像09

使う野菜の種類が多いので、きっと余ることと思います。
そんなときには、市販の寿司酢や甘酢を利用して、ピクルスにしてしまいましょう。
ちょっとひと品足したいときにも朝ごはんにも、すぐに食べられて便利ですよ。

どう作る?一人暮らしのキッチン!の画像10

おつまみにも朝ごはんにも、トースターで作る納豆巾着

「作る」なんていうと大げさすぎるほど簡単ですが、大豆の栄養もしっかり摂れますよ。

【材料】2個分

どう作る?一人暮らしのキッチン!の画像11
材料 数量
納豆 1パック
油揚げ 2枚
青ネギ 2本程度

【作り方】

① 油揚げは熱湯をかけて油抜きし、少し冷めたらしっかりと水気を絞る。一辺を切り落とし、破らないように注意しながらポケット状に開く。

どう作る?一人暮らしのキッチン!の画像12

② 納豆にたれや辛子、ネギを加えて混ぜ合わせ、①の中に詰める。

どう作る?一人暮らしのキッチン!の画像13

③ ②の口を楊枝で留める。

どう作る?一人暮らしのキッチン!の画像14

④ 700Wのトースターで3分程度、焦げすぎないように焼く。盛り付けの際には、半分に切って断面を見せるとお洒落!

どう作る?一人暮らしのキッチン!の画像15

油揚げが余ってしまった場合は、①で油抜きしたものを線切りにして、薄くラップに包み冷凍しておきましょう。お味噌汁を作る時にすぐ使えて便利ですよ。

どう作る?一人暮らしのキッチン!の画像16

一人暮らしの料理は気負わずに、やれることから始めよう!

どう作る?一人暮らしのキッチン!の画像17

はじめての一人暮らしは、ドキドキして何から手をつければよいのか、きっと迷われることと思います。
一人暮らしの料理は、はじめから完璧にしようとせず、「スーパーのお惣菜コーナーやコンビニで二品買ったら、一品は自分で作る」「ごはんは自分で炊いてみる」などからスタートしましょう。
怪我と食中毒には気をつけて、お料理を楽しんでくださいね。

一人暮らしのお部屋探しは、ニフティ不動産におまかせ!
ニフティ不動産では、大手不動産サイトの中から気になる物件を一括検索できます。
キッチンについても12個の「こだわり条件」で検索できるので、お気に入りのお部屋が見つかりますよ♪

便利に物件を探すならニフティ不動産アプリ

部屋を借りる!賃貸版はこちら

住宅を買う!購入版はこちら