一人暮らしの経験者から学ぶ!一人暮らしの失敗談とアドバイスの画像01

これからの一人暮らしでどんなことに気をつければよいのか、リアルな意見をぜひ参考にしてみてくださいね。



一人暮らしの物件探し

一人暮らしの経験者から学ぶ!一人暮らしの失敗談とアドバイスの画像02

物件の場所

駅の近くを選んだら、電車の音がうるさくて生活に支障の出るほどだった。地方の電車は数時間に一本だったので、都内はひっきりなしに電車が通っていることを知らなかった。
女性・山形県・30代

勤務地から近くて安い物件を選んで引っ越したものの、駅から遠くて電車も普通列車しか止まらず、バスも使うことになったため、引っ越したのにあまり通勤時間が変わらなかった。
女性・大阪府・30代

大学から近い場所を選んだと思ったが、選んだ場所が思っていたより離れていて、交通費が余計にかかってしまった。
女性・福島県・30代

資料には駅までバスで8分、バス停まで徒歩3分と書いてあった。しかし、実際通勤時に乗車したところ、渋滞に巻き込まれ各バス停で大人数が乗車するので、駅まで20分以上かかってしまった。
男性・神奈川県・40代以上

物件情報では80m=徒歩1分と表示する決まりがあり、坂や踏切などは考慮されないため、実際にはもっと時間がかかることも。
地図や物件の情報を見るだけでなく、実際に現地周辺を歩いてみたり、通学・通勤時間帯の駅や道路状況を確認したりすることが大切なようです。

部屋の設備

家賃の安い物件を探していて、その他の設備の事をあまり考えずに契約してしまった。コンロが1つしかないので料理がしづらく、全体的にスペースも狭いため安易に物を購入すると移動する場所が限られてしまう。
男性・埼玉県・20代

古いマンションをリノベーションした部屋を借りた。確かに内装はとてもきれいになっているものの、入居早々にトイレの水漏れやコンセントの接触不良、断水など、ハプニングが連続した。
男性・群馬県・40代以上

部屋の契約アンペアが小さくて、冬場にエアコンと電子レンジを同時に使うとブレーカーが落ちて、暮らしにくかった。事前に聞いておくべきだった。
女性・新潟県・40代以上

エレベーターのない物件は、重たい荷物を持って上がるのがかなり大変。エレベーターがついているかを確認した方が良い。
女性・徳島県・30代

駐車場が4000円(税抜)で名古屋市内としては安かったが、出入口に電信柱があって駐車するのが大変。
女性・愛知県・40代以上

一人暮らしのお部屋探しでは、物件の家賃だけでなく、自分自身の生活に必要な設備もしっかり確認しておきましょう。特に、キッチンのコンロの数や、ガス・電気・IHかは使い勝手に影響します。
リノベーション(リフォーム)物件では、水回りや電気系統などの老朽化にも気をつけて!

▼一人暮らしで人気のロフト 使い勝手は!?

一人暮らしであこがれのロフト付きに住んだが、ロフトは湿気がすごくて夏は暑く冬は寒い。せっかくのロフトがほとんど物置状態に…。
男性・神奈川県・40代以上

ロフト付きを選ぶなら、ある程度の高さが必要。特に男性は狭かったり、低かったりするところが多いので確認を。トイレも実際座ってみて、圧迫感がないか確認した方がいいです。
女性・福島県・40代以上

一人暮らしに人気のロフトですが、部屋を広く使える反面、暑さ寒さが原因で光熱費がかかり、有効活用しにくいというデメリットも。
また、寝室として利用したい場合には天井の高さも確認した方がよいでしょう。

▼オートロックなどのセキュリティって必要?

オートロックの物件から、オートロックがない物件に引っ越した。なくても支障はないだろうと思ったが、訪問販売などが多くてオートロックはあった方が良いと感じた。
男性・大阪府・30代

セキュリティが厳しいことを重視しすぎて、エレベーターにもキーのいる物件を選んでしまった。来客の際にいちいちエレベーターまで迎えに行かなくてはいけなくなった。
女性・大阪府・30代

一人暮らしでは男女問わず、防犯上オートロックのある物件を選ぶべきという意見が多数ありました。
しかし、オートロックの扉やエレベーターにも鍵が必要な物件では、鍵の出し入れが面倒といった意見も。自分にとって有効な機能や設備を見極める必要がありそうです。

一人暮らしの費用

一人暮らしの経験者から学ぶ!一人暮らしの失敗談とアドバイスの画像03

家賃と広さで選んだら暖房がガス式だった。しかもプロパン!北海道の冬は暖房が必需品なのに、なんてことだと後悔…。
女性・北海道・30代

洗濯物を外に干すことが禁止されている物件だと知らずに契約してしまい、浴室乾燥機を使用しないと洗濯物が乾かず、光熱費が高くなってしまった。
女性・東京都・30代

シェアハウスで安いと思っていたが、共益費や管理費(清掃サービスも含む)が高くて、予算オーバーに。
女性・愛知県・30代

家賃の他、共益費や駐車場代など色々かかってくるし、電気・ガス・水道代なども頭に入れて物件探しをして!
男性・三重県・20代

一人暮らしの物件探しでは家賃の価格に着目しがちですが、共益費・管理費や水道光熱費などもトータルで考えて予算を決めましょう。特に、プロパンガスは都市ガスよりも料金が高いため要注意です。

日当たり・風通し

場所の良さと家賃の安さで選んだら、すごく日当たりが悪く湿気の多い家だった。カビがとても生えやすくて困った。
女性・東京都・20代

浴室に換気できる窓がなかった。最初は防犯上ない方がいいと思ったが、換気扇だけでは不十分で、カビ掃除が大変だった。
女性・東京都・30代

実家のように生ごみをシンクに放置していたら、風通しの悪さであっという間に腐り、部屋中に匂いが蔓延した。ワンルームだったので、しばらくどこからも匂いがしていた。
女性・神奈川県・20代

新築で分譲タイプの2階に住んだ。気密性が高く、冬になると結露がひどかった。深夜に仕事から帰ってくると、玄関ドアの外まで水が滴っていた。
部屋に24時間換気の機能があっても、1日1回は窓を開けて換気をしたほうが良い!
女性・東京都・20代

部屋の日当たりや間取り、風通しをチェックすることで、湿気のたまりやすい物件を排除することができます。サーキュレーターや除湿器を使うのも一つの方法ですが、物件探しの段階であらかじめ注意しておくことが大切です。

<関連記事>結露対策はグッズより物件選び!

1階と2階以上、どっちがよい?

1階に住んでいたので、ゴキブリなどの虫が結構頻繁に出てきた。もう少し家賃を上げてでも、2階以上の部屋に住めばよかった。
男性・東京都・30代

立地も家賃も間取りも希望通りだったが1階しか空いておらず、妥協して1階の部屋に住んだ。ベランダが外から丸見えで、洗濯物が干しづらく、なかなか窓もあけられなかった。やはり、女性の一人暮らしは2階以上がいいと思う。
女性・奈良県・30代

2階に住んでいたが、下がアパートの出入口と車庫だったため、冬場寒くて仕方がなく、灯油代が高くつくはめに。
女性・北海道・20代

すぐ出入りできるので1階の部屋がいいと思う。次回の引越しも楽。
男性・福島県・40代以上

一人暮らしでは防犯や害虫予防の観点から、2階以上の部屋が好まれる傾向です。ただし、建物の構造によっては、2階の部屋が底冷えしたり、湿気や結露に悩まされたりすることも。
また、自分だけで引っ越し作業を完結する場合には、搬入のしやすい1階がメリットとなりえます。

周辺状況

「駅から徒歩10分」に惹かれて部屋を借りたら、夜すごく暗い閑静な住宅街だったので、歩くのがとても怖かった。部屋を見学するときは、昼間だけじゃなくて、夜の周りの環境も見たほうが女性は良いと思う。
女性・宮城県・20代

部屋の前に新聞販売店があり、引越し当日から勧誘セールスが来た。そこから引越しをするまで何度もセールスがあり面倒だった。
女性・神奈川県・40代以上

家賃が安くてとても良かったが、コンビニが近くになかったので買い物が大変。
男性・群馬県・30代

車を持つ予定はなかったので、駐車場のない、狭い路地に入った賃貸アパートにした。引越しの時道が狭く、トラックが通るのも大変そうだった。
女性・千葉・40代以上

一人暮らしの物件自体は良くても、近くにスーパーやコンビニ、病院等がないと生活に支障をきたします。また、周辺が暗い住宅街だったり、治安の悪い場所を通らないと帰れなかったりする場合にも注意が必要です。

一人暮らしのトラブルに備える

一人暮らしの経験者から学ぶ!一人暮らしの失敗談とアドバイスの画像04

▼騒音トラブル

ペット可の物件を探していて、予算の都合で3LDK築15年以上の物件にした。物件自体は家族所帯の住民が多数を占めていて、ペット可であってもうるさいと近隣の方から苦情がきて大変困った。「ペット可」の条件にしか目か行かずに決めて後悔。
男性・神奈川県・30代

住んでいたアパートはワンルームだったため、ほとんどの入居者の人が独身の若い人で、週末になると音楽がガンガンかかって迷惑だった。
女性・沖縄県・20代

アパートの壁の薄さを気にしていなかったので、騒音問題で近隣住民とのトラブルがあった。せっかくの一人暮らしには、プライバシーを守れる環境が大事!物件を選ぶ時は、壁の厚さや構造(木造か鉄筋コンクリートか)をよく確認した方がよい。
男性・千葉県・30代

せっかく一人暮らしを始めても、騒音トラブルで揉めるのはイヤですよね。
内見の際には、①不動産の担当者に住人情報をきく、②自分でも近隣住人にヒアリングしてみる、③壁や床を叩いて厚さや音の響き方をチェックするなど、自衛手段を講じるとよいでしょう。
また、昼間と夜とで住人の在宅状況も異なるので、夕方や夜間にも物件を下見しておくことをおすすめします。

<関連記事>一人暮らしでもペット可の賃貸物件は沢山!マンション探しのコツや注意点を解説!

▼季節によって発生するトラブル

古い木造の部屋を借りたら、冬に何度も水道管が凍結して、12月~2月までの3ヶ月間、毎月4万円の費用がかかった。
男性・北海道・30代

周りに住宅がない方が静かでいいと思い、裏が大きな畑があるアパートを選んだ。しかし、春先から夏にかけて虫が大量に発生して、外に洗濯物が干せず。
女性・大阪府・30代

いろいろな季節に下見ができればベストですが、現実的には難しいもの。1年を通してどのような環境になるのかを想定して、部屋選びをすることが大切です。
また、近隣住人にヒアリングしてみるのも、トラブルを防ぐのに有効ですよ。

事前調べを忘れずに

面倒だったので下調べもせずに不動産屋に行き、言われるがままに契約した。あとで友人から「同じ家賃でもっと良い物件がネットに出ている」ときかされた。
男性・神奈川県・40代以上

昔、世田谷区の経堂で部屋を借りた。2LDKのなかなかいい部屋だったので、東京にいる間は最後まで住みたかったが、10年後に「取り壊すから立ち退いてくれ」と言われて引っ越した。都市計画なども含めて調べておけばよかった。
女性・秋田県・40代以上

▼内見は誰と行くべき?

内見をする場合、一人ではなく家族や友人など、複数で行った方がいいです。客観的に見てくれるので、自分では気付かない不便な点などに気付いてくれる可能性があります。
女性・佐賀県・30代

物件の内見や事前調べはとっても大事!もし失敗しても、次に引越すまでに時間と費用がかかってしまいます。
内見のポイントは下記記事をぜひ参考にしてみてくださいね。

<参考記事>内見は不動産屋と行こう!予約・当日の流れ・チェックポイント解説

一人暮らしの家具・家電・インターネット

一人暮らしの経験者から学ぶ!一人暮らしの失敗談とアドバイスの画像05

一人暮らしの家具選びは?

家具類はサイズを確認せずに目分量で買うと失敗する。突っ張り棒やカラーボックス、カーテンなど、サイズが違うと部屋がどんどん狭くなっていく。ちゃんとサイズを測って!
女性・愛知県・30代

一口コンロで電気式だったのに、ガス用の調理器具しか持ってなくて、買い直すのに結構お金が掛かってしまった。
女性・愛知県・30代

一人暮らしで使う家具は必要最低限だけ用意して、生活しながら足りないモノを買い足すのが◎。その際には、部屋のサイズを測ってから購入しましょう。
また、調理器具を新たに買い足すなら、ガスとIHの両方で使えるものを選ぶとよいでしょう。

一人暮らしの家電選びは?

洗濯機は特に重くて設置が難しいので、電気屋さんに即使える状態で設置してもらうことをお勧めする。排水口へのホース取り付けや機械の水平出し、アース線の処置など、素人には面倒。
男性・栃木県・40代以上

一人用の炊飯器を買ったが、電力が弱いのか、お米が美味しく炊けなかった。炊飯器を買うときは、一人暮らしであってもしっかりした大きさのものを買うべき!
男性・千葉県・30代

掃除機を買ったら、アパートの壁が薄くて苦情が来るので、あまり使用することがなかった。代わりにクイックルワイパーで掃除をすることが多くなり、掃除機を買って失敗した。
男性・千葉県・30代

一人暮らしの家電も、家具と同様に、生活環境に合わせて慎重に揃えていくのがベスト。また、大型家電の設置は事前に業者へ依頼しておくようにしましょう。

▼家具家電付きの部屋 注意点は?

家具家電付きの部屋を選んだので、何も準備せずにそのまま生活ができるものだと思っていたら、洗剤や布団や食器など、生活するために足りないものがいっぱいあり困った。
男性・東京都・20代

便利な家具家電付きの部屋を選んだら、古い型の家電や家具ばかりで、とても使い勝手が悪く、思い通りのインテリアも楽しめず後悔した。

家具家電付きの部屋と言えど、生活消耗品や寝具などは自分で用意しなければならないケースが多いです。事前に確認と準備を怠らないようにしましょう。

インターネット環境をととのえよう

家賃を安いところにしたら、WiFiが設置できない物件だった。ポケットWiFiしか使えず困った。
女性・大阪府・10代

インターネット無料の物件でも、回線速度が遅いこともあるので事前に確認を。心配なら前の回線契約を解約せず、残しておいたほうが違約金が無駄にならない。
男性・千葉県・30代

インターネット(WiFi)は、現代人には必需品!
建物全体で回線をシェアしている場合、利用者が増える夜の時間帯に回線速度が遅くなることもあるので、ご注意を。

一人暮らしを始めて…料理・お風呂・収納の失敗

一人暮らしの経験者から学ぶ!一人暮らしの失敗談とアドバイスの画像06

一人暮らしの料理事情

料理が好きなので積極的に自炊しようと野菜など安いときにまとめて買うようにした。結果、作りすぎてしまうことが多くて、腐らせてしまうことも。
女性・東京都・30代

レトルト食品の買い溜めはNG!心配で色々買うけど食べるのを忘れて、賞味期限切れで結局捨ててしまうからもったいない。
女性・愛知県・30代

一人暮らしの料理では、食材を余らせたり、料理を作りすぎてしまったり…。上手な買い方や保存方法を知っておくと便利ですよ!

<関連記事>一人暮らしの料理ってどうする?一人暮らしなキッチンの作り方と簡単レシピ

一人暮らしのお風呂事情

安いからとユニットバスで我慢した。いざ暮らしてみると、ゆっくりお風呂に浸かるのにもトイレまで濡らしてしまい、不便だった。
女性・静岡県・30代

一人暮らしの収納事情

収納が無い部屋を選び、失敗。全部部屋に丸出しだと、生活感が出て、部屋が狭くて見える。
スーツなどをお持ちの方は、収納スペースにハンガーをかける棒があるか、必ず確認して!
男性・宮城県・30代

一人暮らしは自己責任!

一人暮らしの経験者から学ぶ!一人暮らしの失敗談とアドバイスの画像07

いかがでしたか?
最後に、これから一人暮らしを始める方に向けて、生活上のアドバイスをお伝えします。
一人暮らしはすべて自己責任!日ごろから十分に注意をして、新生活を楽しんでくださいね。

学生で初めての一人暮らし。実家に帰省する際、電気代の節約と思い、冷蔵庫の中身を空にしてブレーカーを落とした。2日後アパートに戻ると、冷凍庫の氷が溶けて、床がビショビショの大惨事!
男性・熊本県・30代

静岡の田舎から上京したので警戒心というものがなく、チャイムがなると構わずにどんどんドアを開けてしまい、押し売りの被害に遭った。
男性・東京都・20代

一人暮らしでは絶対に自宅の鍵を失くさないように、バッグにひとつ、その他必ず身につけるところに二つ目を用意しておいた方が良い。特に女性はバッグをよく変えるので要注意!
女性・愛知県・40代以上

便利に物件を探すならニフティ不動産アプリ

部屋を借りる!賃貸版はこちら

住宅を買う!購入版はこちら