バランス釜の使い方や注意点~家賃を抑えたい人必見~の画像01

今回はバランス釜の使い方や注意点を解説していきます。
バランス釜は古い設備で使いにくい部分もありますが、家賃が低く設定されている物件も多いのでお風呂にこだわらない人にはオススメですよ!

バランス釜は昭和のお風呂って感じがするね♪シャワー派の人で家賃が安い物件を探しているなら狙い目かも!



バランス釜とはシャワーヘッドや給湯器が付いたお風呂

バランス釜の使い方や注意点~家賃を抑えたい人必見~の画像02

バランス釜とは、ガスを使ってお湯を沸かす給湯器のことです。
浴槽とシャワーヘッドが付いていて、一般的なお風呂と同じように使うことができます。

「バランス」という名前の由来は、ガスを燃焼させる仕組みと関係しています。
バランス釜では、室外から空気を取り入れて(=給気)、同じ量の空気を排出します(=排気)。この給気と排気を「バランスよく」行うことからバランス釜と呼ばれているのです。

まずは、基礎知識としてバランス釜の仕組みを解説します。
見慣れているお風呂とは違いますが、レトロな雰囲気が好きな人にはバランス釜はおしゃれに見えるかも?

バランス釜の仕組みを解説【イラスト付き】

バランス釜の使い方や注意点~家賃を抑えたい人必見~の画像03

バランス釜には上のイラストにある通り、外気が出入りする給気口と排気口が付いています。ガスを使ってお湯を沸かす装置なので、空気を取り入れて、使った空気を排出しています。

イラストは、バランス釜で追い焚きをしている時のイメージです。
冷たい水を浴槽から給湯器内に取り込んで、熱いお湯を吐き出します。これを一定時間続けると、お風呂が沸いてくるのです。

また、給湯器には水道管がつながっていますので、シャワーや蛇口からお湯を出したいときに浴槽内へお湯を張っておく必要はありません。
シャワーホースと蛇口は給湯器の表側に付いています

バランス釜のメリットとデメリット~家賃の安さ重視ならアリ~

バランス釜の使い方や注意点~家賃を抑えたい人必見~の画像04

バランス釜の物件を選ぶかは迷うところですが、ほとんどシャワーしか使わない人で家賃が低い物件を探しているのであれば、十分メリットがあるでしょう。
一方で、お風呂にこだわりがあって、毎日お湯を張ってゆったりしたい人には不向きな物件と言えます。

ここではバランス釜が設置されている物件のメリットとデメリットを解説していきます。
自分のライフスタイルに合っていれば、家賃を抑えて部屋探しができますのでしっかりチェックしていきましょう!

バランス釜のメリットは意外と沢山

バランス釜のメリット
・家賃が安い物件が多い
・追い焚きできる
・シャワーだけでも使える
・停電でもお風呂が使える

バランス釜のメリットはやはり家賃が安い物件が多いことです。築年数が古くて設備もリフォームされていないため、新しい給湯器を設置している部屋よりも安く住めるというわけです。

家賃以外のメリットはあまり知られていませんが、追い焚きができることやシャワーのみでも使えることです。お風呂はサッと済ませるタイプの人は、シャワーがあれば十分かもしれません。

また、通常の給湯器では停電のときに困りますが、バランス釜は電気を使用しないので心配いりません。

バランス釜のデメリットはやはり使用感

バランス釜のデメリット
・シャワーの水圧が弱い
・お湯が冷めやすい
・浴槽が狭い&高さがある
・ガス代がかかる
・掃除がしにくい

バランス釜のデメリットは、一般的に普及しているお風呂と比べて使い勝手が悪いことです。ただ、そもそも浴槽を使わない場合には関係ないものもありますので、人によって影響度合いは違ってきます。

ネットの口コミなどでも「シャワーの水圧が弱い」という感想がありますが、節水シャワーヘッドを買って交換できるので、気になる人は対策をすれば問題ありません。
また、ガス代はもちろんかかりますが、追い焚きが使えるので水道代は節約できそうです。

なお、バランス釜はお風呂場の床に風呂釜と給湯器を置いているため、床や壁との間にスキマができてしまいます。湿気が溜まるとカビが生えやすいので、こまめに漂白剤などで掃除した方が良いでしょう。

バランス釜の使い方を解説!意外と簡単に使える

バランス釜の使い方や注意点~家賃を抑えたい人必見~の画像05

ここではバランス釜の使い方を解説します。
基本的に操作は難しくありませんが、給湯器のメーカー(リンナイ、ノーリツ、INAXなど)や機種によって若干違うので、必ず内見のときに使い方を確認しましょう。

バランス釜の使い方
①ガスの元栓を開ける
②点火コックを押し回して”たね火”をつける
③点火の確認をする
④給湯・シャワーの部分に合わせる
⑤コックで給湯かシャワーを選択して使用

バランス釜を使うには、まずガスの元栓を開けてから点火を行います。
この点火方法はコックを回す方式のほかに、レバーをカチカチと回すタイプもあります。
点火は給湯器のランプを確認するか、機種によっては確認用の点火窓を覗き込みます。

そして、コックを「給湯・シャワー」に合わせた状態で、⑤にある出水レバーで給湯かシャワーを選びます。上の写真では左がシャワーで、右が給湯になっています。

バランス釜の使い方~追い焚き編~

バランス釜で追い焚きをするときには、浴槽に水やお湯を張った状態で①〜③を行い、④でコックを「追い焚き」に合わせればOKです。

ただし、浴槽に何も入っていない状態で追い焚きをしてしまうと、「空焚き」という状態になり火災の原因となります。十分注意しましょう。

バランス釜の注意点~修理費用の負担を避けるために~

バランス釜の使い方や注意点~家賃を抑えたい人必見~の画像06

バランス釜を使うときにはいくつかの注意点があります。
もともとバランス釜が設置されている物件は築年数が古いため、火災や爆発など思わぬ大事故になる危険性もあります。

賃貸物件では自分の不注意で事故を起こしてしまうと、修理費用を負担しなければなりません
バランス釜の交換や撤去してリフォームなど、大掛かりな修繕になってしまうと大変なので、リスクもしっかり理解した上で使うようにしましょう。

バランス釜の追い焚きは空焚き厳禁!

バランス釜の使い方や注意点~家賃を抑えたい人必見~の画像07

先ほど追い焚きの使い方で少し説明しましたが、バランス釜でもっとも多い事故が空焚きです。空焚きは、追い焚きをするときに水を張り忘れていた、または水位が排水口の上まで来ていなかったときに発生します。

空焚きをしてしまうと熱が直接風呂釜に伝わってしまい、変形して水漏れや火災の原因となります。自分のミスで賃貸物件を傷つけてしまった場合、修理にかかる費用を自分で支払わなければなりません。

せっかく家賃が安い物件に住むことができても、余計な出費が増えてしまっては意味がありませんので、気をつけたいですね。

バランス釜の点火を必ず確認する

バランス釜は点火をしてガスを燃焼させますが、点火できていない状態で進めてしまうとガス漏れが発生します。
点火を確認するランプが付いているタイプであればわかりやすいのですが、点火窓を覗くタイプの場合、青い炎が見えにくいことがあるので要注意です。
点火窓が水垢で汚れていると中がよく見えないので、キレイに保っておくことが大切ですよ。

バランス釜が点火しない場合は修理や交換が必要かも

何回操作してもバランス釜の給湯器が点火しない場合、点火用の電池切れか、部品の劣化が考えられます。給湯器の点検や修理は素人ができるものでありませんので、すぐに管理会社か大家さんへ連絡した方が無難です。

通常の使用で寿命に達したときや故障が発生したのであれば、新品への交換費用は管理会社か大家さんが負担してくれます。場合によっては最新の機種にしてくれることもありますので、不具合を見つけたら速やかに伝えるようにしましょう。

業者の掃除が必要な場合もある

バランス釜の掃除は、浴槽の中は自分でできますが、給湯器部分の汚れは業者さんに依頼する必要があります。カビがひどくなってきたら管理会社や大家さんへ連絡しましょう。

費用をどちらが負担するかは、管理会社や大家さんと相談になります
ただ、入居時からまったく風呂掃除をしていないなど、手入れを怠っていたと判断されると不利になってしまいます。常識の範囲内で掃除はしておいた方が良さそうです。

バランス釜の使用後は必ずガスの元栓を閉める

バランス釜は使い終わったら、1回ごとに必ずガスの元栓を閉めるのが大切です。
慣れてくると忘れがちですが、安全を考えて「閉める」のを習慣にしておきましょう。

ガス漏れや火災のリスクを減らすためにも、普段からルーティーンにしておくと◎。

バランス釜の賃貸物件を借りるという選択

バランス釜の使い方や注意点~家賃を抑えたい人必見~の画像08

築年数が古い賃貸物件で見られるバランス釜について、使い方や注意点などを解説してきました。

最大のメリットは家賃が安いことですので、お風呂にこだわりがないという人は選んでみても良いでしょう。
特にシャワーしか使わない人は、シャワーヘッドを交換すればバランス釜でも十分と言えます。

築年数が古い物件の場合、バランス釜以外の設備や内装もしっかり内見でチェックしておいた方が安全です。
設備が故障したときの費用負担などについては、賃貸契約書に記載されていますので、漏れなく確認しておきましょう。

また、バランス釜はどうしても無理という人は、ユニットバスという選択肢もあります。
バランス釜と比べれば使い勝手が良くて、家賃が安めの物件もありそうです。

ちなみに、ユニットバス=トイレ付き風呂ではありませんのでご注意を!ユニットバスにもいくつか種類があるのです。
気になる人は以下の記事にまとめていますので、ぜひ参考にしてください。

<関連記事>ユニットバスとはトイレ付き風呂ではない?!

家賃が安い物件を探したいならニフティ不動産で検索を!
複数サイトを一括検索できるので、効率よく物件探しができますよ。
バランス釜の物件がヒットしたら、今回の記事を参考にして決めてくださいね。

便利に物件を探すならニフティ不動産アプリ

部屋を借りる!賃貸版はこちら

住宅を買う!購入版はこちら