珪藻土バスマットやコースターのデメリット・選び方・お手入れ方法の画像01

今回は珪藻土のメリット・デメリットをはじめ、珪藻土のお手入れ方法や選び方まで詳しく解説していきます!
珪藻土グッズを購入するか迷っている方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。



珪藻土バスマットってすごく快適って聞くから使ってみたい!でも、洗わないのは衛生面が心配だなぁ。布製のバスマットと比べてどっちが優位なんだろう?

珪藻土の仕組み~珪藻土バスマット以外のおすすめグッズ~

珪藻土バスマットやコースターのデメリット・選び方・お手入れ方法の画像02

珪藻土とは、植物プランクトンの一種である珪藻が死滅し、その殻や化石が堆積した地層のこと。
珪藻の殻にはたくさんの小さな穴が開いており、水分を大量に保持できるのが特徴です。
また、保持している水分を放出することも可能で、壁紙などで使用される場合には快適な湿度を保つ機能もあります。

珪藻土グッズはバスマット以外にも沢山ある

珪藻土の吸水・速乾性を最大限に活かしたアイテムが珪藻土バスマット
一般的に珪藻土といえば「バスマット」のイメージが大きいですが、実は珪藻土を使ったグッズは他にもたくさんあります。

珪藻土グッズのおすすめ
・珪藻土バスマット
・珪藻土マット(キッチン用・猫用など)
・珪藻土の壁紙や壁材
・珪藻土コースター
・珪藻土スティック

●珪藻土バスマット

珪藻土バスマットは、珪藻土グッズのなかでもおすすめNo,1のアイテムです。
家族全員がお風呂上がりに使ってもサラサラのままで、快適に使えます。
珪藻土バスマットのおすすめはsoil(ソイル)。日本製ブランドで性能が良いことで有名です。

●珪藻土マット(キッチン用・猫用など)

珪藻土マットには大小様々なサイズがあります。
バスマットの半分くらいのサイズのマットなら、キッチン用にするのが便利!
水切りかごの替わりに置いて、食器やまな板を乾燥させることができますよ。カビや臭いの心配がなく、省スペースにもなるので良いことづくめです。
また、猫ちゃんの水飲み皿の下に敷いておけば、床が濡れるのを防いでくれますよ。

●珪藻土の壁紙や壁材

優れた調湿機能を持っている珪藻土は、吸水グッズとしてだけでなく、壁紙や壁材としても利用されています。
壁に塗るタイプの珪藻土なども販売されているので、DIYでチャレンジしてみてはいかが?

●珪藻土コースター

布製のコースターはグラスの水滴でベタベタになってしまいますが、珪藻土のコースターなら水滴を瞬時に吸収してくれます
繰り返し使ってもカビが生える心配もありません。
ただし、ジュースやコーヒーはシミになる可能性があるので、使い方には注意が必要です。

●珪藻土スティック

テレビで放送されてから話題になった珪藻土スティックは、完全に乾燥させるのが難しい水筒の水気取りに重宝します。
洗った水筒の中に珪藻土スティックを入れておけば、中の水気をぐんぐん吸収してくれます。こもりやすい嫌な臭いも取ってくれて◎。

珪藻土バスマットやコースターのメリット~カビが生えない~

珪藻土バスマットやコースターのデメリット・選び方・お手入れ方法の画像03

珪藻土の仕組みや珪藻土グッズがわかったところで、次は珪藻土グッズのメリットについて解説していきます。
ここを読めば、珪藻土グッズがいかに優れているか、理解してもらえるはずです。
珪藻土グッズをキッチン脱衣所に利用することで得られるメリットはこちら。

珪藻土グッズのメリット
①速乾でいつもサラサラ
②カビや雑菌が繁殖しづらい
③脱臭・消臭してくれる
④洗濯の必要なしでお手入れ簡単

珪藻土グッズの宣伝でよく目にするのは、速乾性
それ以外にも、カビ・雑菌が繁殖しづらいこと脱臭・消臭効果など、毎日使うアイテムにほしい機能が備わっています。
以下で珪藻土のメリットを詳しく見ていきましょう。

①速乾でいつもサラサラ

珪藻土の一番の特徴は、水分を瞬時に吸収し、表面がサラサラに乾くということ。
この性質は珪藻土バスマットや珪藻土マットといった、床などに敷いて水分を吸収するグッズに最適です。
特に珪藻土バスマットはおすすめで、ファミリーなど複数の人が使った後でもすぐに乾くので、一度使ったらやめられない快適さ♪

珪藻土バスマットで有名なsoilは、珪藻土の他に「ひる石」という鉱物を配合させ、よりすばやい吸収力を発揮しています。
また、soilにはバスマットの他に珪藻土コースターや珪藻土スティックなどもあり、優しい色味のアイテムがたくさんで、つい揃えたくなりますよ。

②カビや雑菌が繁殖しづらい

珪藻土マットはカビや雑菌が繁殖しづらいという、毎日使うには嬉しい性質もあります。
水虫が移ることはないの?」と心配される方もいますが、結論としては、可能性はゼロではないが、リスクは低いです。

水虫を含め、カビや雑菌が移ったり増殖したりするには「菌+菌を増殖する環境」が必要です。例えば、水虫菌がいる状態で高温多湿の靴を履き続けると増殖し、感染しやすくなります。
しかし、珪藻土なら高温多湿とは無縁なので、菌を増殖する環境にはならないのです。

③脱臭・消臭してくれる

布製バスマットのように、ムワっとした特有の湿っぽい臭いが付かないのも珪藻土グッズの嬉しいポイント。
臭いの原因である化学物質は、空気中の水分に溶け込んでいるので、珪藻土が湿気を吸収すれば臭いも一緒になくなります。
また、珪藻土を壁材に利用すると、部屋にこもった臭いなども吸収してくれるため、珪藻土の壁紙は住宅の内装素材としても人気です。

④洗濯の必要なしでお手入れ簡単

珪藻土グッズはお手入れが簡単で、普段は使い終わったら立てかけておくだけでOK
詳しいお手入れ方法については後述しますが、1~2年に1回のお手入れで済むのでラクチンですよ。

珪藻土バスマットやコースターのデメリット

珪藻土バスマットやコースターのデメリット・選び方・お手入れ方法の画像04

「洗濯不要で消臭効果があり、カビも繁殖せずにサラサラ」な珪藻土は、キッチンなどの水周りに最適と言えます。
しかし、珪藻土にもデメリットがあり、使い方に注意が必要です。特に、気を付けたいのはこちら。

珪藻土グッズのデメリット
①水以外はシミになる可能性がある
②割れる可能性がある
③床材やテーブルに傷がつく可能性がある
④ひんやり冷たい

ただ、このデメリットを見て「珪藻土バスマットやめた」となるのはもったいない!
これらは、商品の選び方やお手入れなどに気をつければ、回避できる内容です。
珪藻土グッズの購入前にしっかり対策を確認しておきましょう。

①水以外はシミになる可能性がある

珪藻土が吸水して放出できるのは、純粋な水だけ。
もちろん水であれば水道水でもミネラルウォーターでも問題ありませんが、水以外はシミになる可能性があることを覚えておきましょう。

珪藻土グッズ・素材 シミになる可能性あり
珪藻土バスマット ・血液
・子供のおもらし
・着色料の強い入浴剤
珪藻土コースター ・ジュース
・コーヒー
珪藻土マット ・泥水
・ペットの嘔吐物
珪藻土の壁紙・壁材 ・手垢など手の油分
・油跳ね

このような汚れが染み込んでしまうと、見た目が悪くなるだけでなく、吸水力も落ちてしまうのでご注意を。
表面だけの汚れなら紙やすりで対処できるので、汚れてしまったら早めに対処するのがおすすめです。

②割れる可能性がある

珪藻土グッズは丈夫なので、立てかけておいたものが倒れるくらいでは割れません。
しかし、

・床に小石など固いものがある上での利用
・ドアレールなど段差があるところでの利用
・珪藻土スティックを高い場所から落とす

このような場合は割れる可能性があるので、注意して使いましょう。

③床材やテーブルに傷がつく可能性がある

「知らないうちに床に傷がたくさん付いていて、珪藻土バスマットをやめた」という意見も見受けられます。
安い珪藻土バスマットは滑り止めなどが付いておらず、使っているうちに床を傷つけてしまうことがあるようです。
珪藻土グッズは長く使えるものなので、soilシリーズなどしっかりとしたものの購入をおすすめします。

④ひんやり冷たい

また、「冬場に珪藻土バスマットを使うと、冷たいのがイヤ」という声も。
そんな時は、珪藻土バスマットの上に一枚タオルを敷いておくとよいでしょう。

珪藻土グッズの選び方とお手入れ方法

珪藻土バスマットやコースターのデメリット・選び方・お手入れ方法の画像05

珪藻土グッズは、

・ダイソーなどの100均
・ニトリなどのホームセンター
・ネット通販

など、多数の販売元で扱われる価格差の大きい商品です。

珪藻土バスマットを例に挙げると、ニトリでは1,000円ほど、soilは8,000円ほどで購入できます。
「初めて使うし、とりあえず安いものを」といきたいところですが、ちょっと待って!
ここでは、珪藻土グッズの選び方とお手入れ方法を解説します。

珪藻土グッズの選び方~3つの注意点~

●大きすぎるサイズは注意

大き目の珪藻土バスマットは使いやすそうですが、重量があると割れるリスクも増えます。
大き目がほしい場合は、中型の珪藻土バスマットを2つ組み合わせて使うのがおすすめです。

●国産でないものは注意

珪藻土は世界各国で採取できるので、もちろん国産でないものもあります。
国産のものはそうでないものと比べて品質にこだわっているものが多く、一般的に人気があります。選ぶときには産地もチェックしてみましょう。

●安すぎるものには注意

何でもそうですが、安いものには安い理由があります。
珪藻土の場合は含有量が多ければ吸水も良くなるため、高品質になるほど値段が上がる傾向にあります。
珪藻土グッズはお手入れ次第で長く使えるものなので、安さだけにとらわれず、使い勝手の良いものを選びましょう。

珪藻土グッズのお手入れ方法

珪藻土は使い続けると吸水しづらくなります。
その理由は、皮脂や汚れが珪藻土の小さな穴に入り込み、目詰まりを起こしてしまうからです。
汚れを落とせばまた吸水するようになるので、吸水しづらくなったらお手入れしてあげましょう。

珪藻土グッズのお手入れ方法
・珪藻土バスマットは細かめのやすりで表面を磨く
・珪藻土コースターや珪藻土の壁はキッチンハイターを使ってポンポンと拭く

●珪藻土バスマット・珪藻土マット

普段は立てかけておくだけでOK。
汚れが気になったり吸水しなくなったりしたら、♯280~♯400程度の細かめのやすりで表面を磨きましょう。
やすりで削ると汚れが落ち、吸水するようになります。

●珪藻土コースター・珪藻土の壁紙

キッチンハイターを布巾に含ませて、汚れをポンポンと拭きます。
その後、水を布巾に含ませて、またポンポンと拭いていきます。
このとき布巾が汚れていると余分な汚れが入ってしまうので、必ずキレイな布巾でお手入れしてください。

珪藻土スティックを水筒の湿気取りに使っている場合は汚れが付くことが少ないですが、汚れてきたら珪藻土コースターと同様の方法でお手入れします。

お手入れをしてもどうしても汚れが落ちない場合は、買い替え時です。
捨てるときは「不燃ごみ」か「粗大ゴミ」のどちらかになるので、お住まいの地域のルールを確認してください。

珪藻土グッズでサラサラ&快適なインテリアライフを

珪藻土バスマットやコースターのデメリット・選び方・お手入れ方法の画像06

珪藻土グッズは優しい色合いとサラサラな使い心地で、見た目でも機能面でも快適な生活をサポートしてくれるアイテムです。
ぜひあなたの生活に取り入れて、サラサラ感を体感してみてくださいね!

ニフティ不動産では、おしゃれインスタグラマーさんの収納アイデアや、風水で運気アップのお部屋作り、食洗機の特集など、生活を快適に送るためのコラムを多数掲載しています。
気になる記事をチェックしてみてくださいね♪

「もっとおしゃれで快適なお部屋に住みたい!」と思ったらニフティ不動産で検索を!


便利に物件を探すならニフティ不動産アプリ

部屋を借りる!賃貸版はこちら

住宅を買う!購入版はこちら