この記事では、インスタグラマーさんのおしゃれで使いやすいキッチン収納術を大公開します!
真似できるアイデアを見つけて、毎日の家事をストレスフリーにしていきましょう。



キッチン収納~隠す収納編~

キッチン用品を上手に収納するには、

・収納ケースを使用する
・どこに何があるかマイルールを作って整理する
・キッチン下部の収納スペースには重たいものを収納する
・上部には軽いものや使用頻度の少ないものを収納する

これらを意識すると使いやすく、無理な姿勢をとることもないのでおすすめです。

キッチン収納術① シンク上は取り出しやすさ重視で

キッチンの収納と言えば、まず思いつくのがシンク上の吊り戸棚。
収納スペースが大きい割には、背伸びしないと届かなかったり、奥に入れたものを取りだすことに苦労したりと、有効活用できていない方も多いのでは?

そんなシンク上のキッチン収納のポイントは、取り出しやすくすること!

■シンク上のキッチン収納のポイント
・軽いものを置く
・使用頻度の少ないものは上段に
・持ち手付きのストッカーや収納ケースを活用する


戸棚の下から順に、
・1段目は普段使いのもの
・2段目は来客用
・3段目は年に数年しか使わないもの
と、使用頻度に応じて収納されています。

ダイソーのトリムバスケットがジャストフィットしていますね。
一番上の棚は取手付きのバスケットなので、取り出しやすく実用的です。

また、収納グッズの変更も考えて、白のマスキングテープの上からテプラでラベリングをするひと工夫も!
白のバスケットとシンプルなラベルで、すっきりと統一感のある印象です。

キッチン収納術② シンク下は収納グッズをフル活用

シンク下の収納スペースには、フライパンやボウルなどのキッチンツールを置いている方が多いでしょう。
二段トレーやファイルボックスを活用して、奥に置いたものを取り出しやすくすると、収納スペースが広がり多くのキッチングッズを置くことができますよ。

キッチングッズをすべて1回の動作で取り出せるように工夫されたキッチン下収納です。
ファイルボックスや収納ケース、仕切りスタンドをうまく間仕切りに活用しています。
洗剤類も取り出しやすく収納されているので、汚れに気づいたらすぐ掃除できますね。

右下はゴミ袋の収納で、詳しい写真がこちら。

無印良品の仕切りスタンドを利用して、種類毎に収納されています。
これなら必要量以上にゴミ袋が増えてしまうこともなく、在庫管理がしやすそうですね。

「取り出しやすく、片付けやすいこと」を一番に考えて収納された実例です。
一緒に使うことの多い油やオイルポット、フライパンを同じ場所に。
この引き出しを開ければ必要なものがすべて取り出せるので、時短につながるアイデアです。

キッチン収納術③ カトラリーはアイテムごとに分類を

アイテム数が多く、ごちゃごちゃしがちなカトラリー。
すっきりと分類・収納するのにおすすめのアイデアがこちらです!

奥のフォークやナイフなどを斜めに収納して、取り出しやすく工夫されています。
こちらはセリアのペンスタンドを活用されていているそうです。
手前のお箸は家族全員分同じもので統一して、ニトリのケースに。

キッチン収納術➃ 食器はラックを活用して重ねすぎない

ワイヤーラックや積み重ね棚を利用した食器収納の実例です。
このように棚の中をツールで区切ることで、取り出しやすく、どこに何があるか一目で分かる収納が実現されています。

ミニマリストを目指しているkazumi_kuboさんは、ここから更に食器収納を進化させています。

整理・断活後の食器収納がこちら。
アンティークの食器も、ときめかないものは手放したそうです。

和洋中を問わないデザインや白色の食器は、使い回しが効くので便利!
やはり、棚の下段には使用頻度の高い食器を収納しておくとよいでしょう。

こちらは、レンジ台下に食器やグラス、トースターなどを収納した実例です。

・左上部に突っ張り棒とバスケットで棚を一段増設
・積み重ねラックやワイヤーネットで、食器を取り出しやすく
・カトラリーやグラスも種類毎にケースに入れる

このような工夫で収納スペースを広げて、食器を重ねすぎず、どれも種類毎にきれいにおさめられています。

キッチン収納~見せる収納編~

キッチンの収納が、まるでインテリアの一部のように見せられたら素敵ですよね。
ここでは、おしゃれに見せるキッチン収納のコツをチェックしていきましょう。

■見せるキッチン収納のポイント
・お店のようなディスプレイを参考に
・収納容器の形や色を揃える
・作業スペースを確保する
・掃除のしやすさを考慮する
・生活感のでないデザインを選ぶ


手作りシェルフにお気に入りのアイテムを飾る

シェルフにお気に入りのキッチンアイテムを並べて。
こちらのシェルフは枠組みをご主人が作り、奥さまが陶器市で見つけた木材を天板にしたそうです。

道具たちを楽しみながら配置していくのがポイント。
まるでお店のような、おしゃれで味のあるディスプレイに仕上がっています。

収納容器の形や色を揃える

アンティーク調の雰囲気が素敵な収納の実例。
こちらは、作り付けの棚についていた両開きの扉を取り外し、オープンシェルフとして使用しています。

保存容器を種類ごとに同じシリーズでそろえているので、すっきりとした印象に。
調味料やスパイス、保存食材が多い方は、ぜひ参考にされてみてはいかがでしょうか?

キッチンカウンターは作業スペースを確保する

木製のアイテムとグリーンが見事に調和した、あたたかみのあるキッチンカウンター。
コーヒーフィルターやスプーンなどがお洒落に飾られていて、まるでカフェのよう

こちらのキッチンカウンターは作業スペースが広く確保されているので、使い勝手も◎。

コンロ周りは掃除のしやすさも考えて

ワイヤーネットと突っ張り棒で、コンロ周りにスパイススペースをDIYした実例です。
ダイソーのオイルボトルを使って液体調味料を1ヶ所に。
スパイスや調味料がすぐに使えて、調理もはかどりそうですね。

コンロ周りは油はねしやすい場所ですが、ワイヤーネットの収納なら取り外して丸洗いできます。
掃除のしやすさと利便性を兼ね備えたキッチン収納アイデアです♪

キッチンのゴミ箱は生活感のでないデザインを選んで

こちらは用途に合わせて、ゴミ箱を使い分けている実例です。
生ごみなどは、匂いが漏れにくいシールズの密閉ダストボックスへ。
シンプルで無駄のないデザインはキッチンの邪魔にならず、自然とインテリアに溶け込んでいます。

そして、その他のゴミは背面収納内のダストボックスへ。
ごみ箱を使い分けて訪問客に生活感を見せない、整理収納アドバイザーさんならではのアイデアです。

キッチン収納~冷蔵庫の収納アイデア~

キッチンの収納スペースの中でも、大容量で食材を直接保存するのが冷蔵庫。
インスタグラマーさんがどのように工夫しているのか、さっそくチェックしていきましょう!

■冷蔵庫の収納ポイント
・家族にもわかりやすく
・食材のロスを防ぐ


ブックスタンドと100均のケースで、きれいに立てて収納された冷凍庫。

以前はジップロックを使っていたそうですが、
・数回しか使えない
・立てて収納できない
・中身がパッと分かりづらい
ということで、こちらの収納方法に。

ケースの上下にラベリングをしていて、中身の食材を使ったら裏返すルールなのだとか。
このように、在庫のある・なしが一目でわかるように工夫されています。

収納グッズにいれてしまうと在庫がわかりにくくなってしまう悩みは、これで解決できますね。
食材名をラベリングしているので、旦那さまにもお手伝いを頼みやすくなったそうです♪

キッチン収納~コンパクトなスペースを活かす~

賃貸やワンルームなどコンパクトなキッチンのときは、

・限られたスペースを最大限に使う
・デッドスペースを活用する
・思い切ってスペースを増やす

こんな工夫が必要です。
インスタグラマーさんのアイデアを参考に、使いやすいキッチンスペースを検討してみましょう。

デッドスペースをフル活用して場所を増やす方法

コンパクトなキッチンの収納スペースを壁面収納や収納グッズで最大限に使用している実例です。
突っ張り棒やラック、マグネット付きの保存容器なども積極的に活用していて、デッドスペースがありません!

こちらの収納は、地震などで勝手に扉が開くことのないように、扉の底面にラッチ錠を取り付けているそうです。
余った段には郵便物や洗剤なども入れて、有効活用されています♪

突っ張り棒の棚を使った収納アイデアはこちら。
平安伸銅工業のSPLUCEシリーズは、パーツを追加することでさらに収納スペースを広げることができます。
キッチンに合わせてカスタムメイドできるので、「場所がない」という悩みも解決できますよ。

キッチン収納~DIYで便利に~

DIYときくと「不器用だから難しそう…」「賃貸でもできるの?」と不安に思う方もいるでしょう。
でも心配は無用です!
100均のプチプラアイテムDIY用のグッズを使えば、手軽にDIYを楽しみながらキッチンスペースを便利に活用できますよ♪

原状回復できる!カフェ風キッチンDIY

ラブリコリメイクシートなどを使って、カフェ風のキッチン収納を実現されています。
賃貸のため、壁に穴を開けずにいつでも原状回復できるのがポイントです。

現在は、壁紙や収納扉の色を変えたり、ディアウォールで棚を増設したりと、また違った雰囲気のキッチンに模様替えされています。
ぜひリンクからチェックしてみてくださいね。

100均アイテムで便利&ジャストサイズの収納DIY

100均のプチプラアイテムを駆使した、すっきり&便利な収納の実例です。
戸棚を収納ケースで整理する以外にも、こんなDIYアイデアが散りばめられていますよ。

・ワイヤーネットとポケット、突っ張り棒で調味料棚をDIY
・ワイヤーネットを曲げて、戸棚の右下に一段増設
・戸棚のへこみに突っ張り棒を通して、キッチンペーパーホルダーに
・反対側のへこみには、両面テープ付き面ファスナーでポリ袋などの容器を収納

100均にはさまざまな大きさのワイヤーネットなど、DIYに役立つアイテムが豊富に取り揃えられています。
キッチンにぴったり合うサイズの収納グッズが見つからない場合は、DIYも考えてみてはいかが?

まずはラベリングから始めてみよう!

「大掛かりなDIYは難しそう」と思う方は、まずはラベリングから始めてみてはいかがでしょうか。

こちらは、無印良品の収納ケースにテプラでラベリングした実例です。
ご家族の誰が見てもわかりやすく整理されて、片付けやお手伝いがしやすくなっています。

ズボラさんこそ「戻す場所」を知らせるラベリングが大事だと思います!
y______homeさん

きれいな収納の維持にはご家族の協力が欠かせません。
インスタグラマーさんの金言をもとに、まずはラベリングから試してみてくださいね。

キッチン収納のコツはシンプルなルールづくりから

インスタグラマーさんのキッチン収納アイデアは、おしゃれで使いやすそうなものばかり。
今日から早速真似できるアイデアが盛りだくさんでした。

キッチンは毎日使う場所だからこそ、実用性が高く、家事のモチベーションが上がるアイテムを揃えたいですよね。
家事を楽しむためにも、キッチンをお気に入りの空間にしていきましょう。

キッチン収納を成功させるコツは、「シンプルなルール」を作ること。

■キッチン収納を成功させるコツ
・家事動線を考えて収納する
・決めたところに戻す
・収納グッズを使う場合は、ラベリングをする
・掃除しやすい・衛生的なグッズを選ぶ

キッチンの収納は、一番使いやすくて片付けやすい場所を考えて、決めた場所に戻すことが基本です。
その際、収納アイテムにラベリングすると、家族も家事に参加しやすくなります。
家族が手伝える収納づくりを目指してみてはいかがでしょうか。
さらに、塗れた手でも使える衛生的なグッズを選ぶこともキッチンの収納では重要ですよ。

理想のキッチンはニフティ不動産へ

ニフティ不動産では、キッチンの他にも様々な収納アイデアを掲載しています。
興味のある方はぜひ覗いてみてくださいね。

「もっとキッチン収納の充実したお部屋に住みたい」「理想のキッチンを作りたい」
そんな方は引っ越しや家の購入を考えてみるのもよいでしょう。
ニフティ不動産が理想のお部屋探しを全力でサポートします♪

便利に物件を探すならニフティ不動産アプリ

部屋を借りる!賃貸版はこちら

住宅を買う!購入版はこちら