スキレットの焦げつきはコレで解決!焦げとり方法3選と焦げ予防方法

【方法1】水を張って温め、焦げを緩めてこすり落とす

スキレットの基本的なお手入れ方法は、調理後の熱い状態のうちにお湯を流しながらスポンジやタワシなどでこすって汚れを落とし、そのまま火にかけてしっかり乾燥させるだけ。とっても簡単なのが魅力です。

ただ、ときにはちょっとこすっただけでは落ちにくい焦げが付いてしまうことも。そんなときは、水かお湯を張って火にかけて沸騰させ、焦げている部分をやわらかくふやかしてから再度こすり洗いにトライしてみましょう。手ごわい焦げのときは、沸騰させる水に重曹を加えても効果的です。

【方法2】空焼きで焼き切ってこそげ落とす

【方法2】空焼きで焼き切ってこそげ落とす

水を張って温める方法で焦げつきが解消されなければ、次の手を。焦げのついたスキレットを強火にかけて、焦げをさらに焦がしてしまいます。煙が出るので、換気をお忘れなく。焦げ部分が真っ黒に炭化したら、フライ返しやヘラなどでこそげ落とします。

ただし、表面が加工されているスキレットの場合は、空焼きNGのことがあります。事前に取扱説明書などをよく確認してくださいね。

【方法3】天日干しで、自然のパワーを借りて焦げ落とし

【方法3】天日干しで、自然のパワーを借りて焦げ落とし

お湯でふやかしても、空焼きしても解消されない手ごわい焦げつきには、奥の手を。太陽の力を借りて、焦げつきを落とす方法です。

晴れている日に、焦げている部分に太陽の光がたっぷり当たるよう、陽当たりの良い場所にまる1日置いておくだけ。焦げの部分がパリパリになると、軽くこすればポロッとはがれます。一度で落とし切れなくても、「天日干し~軽くこすってはがす」作業を数日繰り返せば、かなりキレイになるはず。しばらくスキレットが使えなくなるのが難点ですが、根気よく続けるのがポイントです。

もう焦げを作らない!スキレットを焦がさない使い方のコツとは?

もう焦げを作らない!スキレットを焦がさない使い方のコツとは?

焦げ付きを落とせたら、今後はもう焦げに悩まされないようにしたいものですね。スキレットを焦げつかせない使い方のコツも、押さえておきましょう。

まず、食材を入れる前に空のスキレットを強火でしっかり熱し、油がなじみやすくしておきます。油は少ないと食材がくっついて焦げにつながるので、全体に行きわたる充分な量を。食材を入れたら火力を抑えめにして熱が伝わりすぎないようにすれば、焦げつくこともぐっと減ります。


焦げつかずに調理できる油の量や火力がわかれば、スキレットがぐんと使いやすくなること間違いなし。スキレットでのお料理、たっぷり楽しんでくださいね!

便利に物件を探すならニフティ不動産アプリ

部屋を借りる!賃貸版はこちら

住宅を買う!購入版はこちら