今の収納スペースにもっとディスクを収納するには

今の収納スペースにもっとディスクを収納するには

録画した番組はなかなか消せないので、大量のDVDディスクやブルーレイディスクがあります。定期的にディスクの書き換えはしているのですが、私はいくつかのスポーツのファンで、試合の放送を消してしまって後から非常に後悔したことがあるので、ディスクの枚数は増える一方です。

家の中にディスクの収納棚はあるのですが、もはやとっくにあふれ出た状態。別の棚を片付けてしまっていますが、そこももう一杯になってきました。これから年末年始にかけて特別番組も増えてきますし、もはや収納方法そのものを変えなければならないと思いました。できる限り低コストで保存枚数を増やせる方法を探し始めました。

同じスペースにより多くのディスクを収納するには、現在の「1ケース1ディスク」を、「1ケース複数枚ディスク」に変えるしかなさそうです。1つのボックス内に複数枚のディスクを保存することはDVDディスクでは行っていましたが、その際、ディスクは不織布のケースに入れていました。

ただ、調べてみると、ブルーレイディスクには一般的な不織布ケースは使えないよう。繊維の凹凸がディスクのデータ記録面に写って傷をつけてしまうからとか。不織布ケースは、ブルーレイディスク用として作られたものでなければ、ディスクがダメになってしまう可能性があると思ったほうがよさそうです。

実際に100円ショップへ行ってディスク収納グッズをチェック

実際に100円ショップへ行ってディスク収納グッズをチェック

ここまで調べたことを頭に入れて、100円ショップのDAISO(ダイソー)へ行ってみました。ディスク収納グッズは、CD/DVDケース用として売られていて、ブルーレイディスク用となっているものはありません。1つのボックス内に不織布のケースを使って数十枚のディスクを収納できるグッズはありましたが、ブルーレイディスク用とは書かれていません。もっとも省スペースでたくさん収納できそうでしたが、このタイプの購入は見送りました。

実際に100円ショップへ行ってディスク収納グッズをチェック

そうなると、プラスチックのディスクケースタイプで、1ケースに複数枚のディスクが収納できるタイプに選択肢は絞られてきます。私が行ったDAISO(ダイソー)では、1ケースに収納できるディスクは2枚、4枚、10枚といくつかの商品がありました。

実際に100円ショップへ行ってディスク収納グッズをチェック

収納スペースを増やすことから考えると、購入候補となったのは1ケース4枚収納x2枚組のものと、1ケース10枚収納のものでした。

実際に100円ショップへ行ってディスク収納グッズをチェック

上の写真は、左側が4枚収納x2枚組ケース、右側が10枚収納ケースを重ねてみたものです。左側は計32枚、右側は計30枚収納できて、同じぐらいのスペースを占めると言えそうです。今回は、この2つの商品を購入して、実際に使ってみることにしました。

収納スペース減+αの効果が!

収納スペース減+αの効果が!

収納ケースを別に買って保存するため、ディスクは1枚当たりの単価がお得な「ケースなし、簡易包装」タイプの商品を使用することにしました。

収納スペース減+αの効果が!

4枚収納ケースも、10枚収納ケースも、ケース表面に薄いフィルムが貼られていて、ケースとフィルムの間に紙を入れることができます。私はディスクの内容さえ自分で分かればよいため、いたって簡素なメモを入れているのみですが、するっと紙をはさめて内容が一目でわかるのはストレスがありません。

収納スペース減+αの効果が!

上の写真は左側が1枚収納入りを10ケース並べたもの、右が10枚収納のケースです。10枚収納入りケースに変えると、収納スペースは約半分になります。

収納スペース減+αの効果が!

また、上の写真は、左が1枚収納入りx10ケース、真ん中が10枚収納ケース、右が4枚収納x3ケースです。

4枚収納ケースと10枚収納ケースのどちらを使うかは個人的な好みによると思いますが、実際使ってみると、同じテーマの内容の映像がどのぐらいあるかで使い分けるのはよいのではと感じました。たとえば私の場合、スポーツAについての映像がとにかく多いので、4枚収納ケースだと多数のケースが必要になってきます。ですので、そういった映像は10枚収納ケースにまとめたいと思いました。

また、1ケースに複数枚収納できる商品を利用することは収納スペースを減らせるだけでなく、1枚1ケースで収納していたときよりも内容が把握しやすくなりました。4枚、あるいは10枚の内容をぱっと確かめることができます。

今のところはこの4枚収納ケースと10枚収納ケースでディスクの再収納を行っていきますが、さらに別の枚数が収納できるケースを見かけたら、それらも使ってみたいと考えています。

便利に物件を探すならニフティ不動産アプリ

部屋を借りる!賃貸版はこちら

住宅を買う!購入版はこちら