大田区の賃貸物件探しならニフティ不動産。あなたにピッタリの賃貸物件をみつけよう!

大田区の賃貸物件

検索 大田区の賃貸物件をさまざまなこだわり条件から検索できます。

並び替え

絞り込み

7,035件中1〜40件を表示

7,035件中1〜40件を表示

LINEで簡単お部屋探し

大田区の口コミ

良い

自然環境

4.0

30代/男性/購入検討者

六郷用水が近く、大分なくなったとはいえまだ緑が残っている印象。鳥の鳴き声もよく聞こえる。松山公園は整備もされていて雰囲気が良い。

気になる

自然環境

3.0

30代/女性/住人

駅近辺やはり歩きタバコが非常に多いです。ポイ捨てがひどいとかそいういうことはありませんが、肺が弱い方は平和島駅はやめた方がいいかも。

大田区周辺の口コミをもっと見る もっと見る

※口コミは「 マンションノート 」が情報提供しています。口コミに関するお問い合わせは、 こちら からお願いします。

東京都大田区の住みやすさ情報

総合評価

3.63

交通・アクセス

5.00

治安

3.90

レビュー

3.63

教育・保育

2.00

東京23区内の最南部に位置する大田区は、東側に東京湾を臨み、北側は品川区、目黒区、世田谷区と接し、西側と南側は多摩川を境に神奈川県川崎市と接しているエリアです。また東端には羽田空港があり、蒲田駅から羽田空港行の路線バスが出ています。羽田空港は旅行の際に利用するだけでなく、レストラン、カフェ、ショップ、無料の展望台もあり、家族で一日遊べる娯楽施設としても魅力のスポットです。
武蔵野台地の先端にある大田区は、昔から人が住みやすく、交通の要路でもあったため、区内には大森貝塚や池上本門寺五重塔など数多くの史跡が点在しています。台地部は、住宅化が進み、田園調布をはじめ、雪谷、久が原などの緑の多い住みやすい住宅地。埋め立て地からなる臨海部は、空港をはじめ、コンテナふ頭やトラックターミナル、市場などの物流施設があります。また、周辺には野鳥公園や海浜公園などが整備され、休日には家族連れの姿も多く見られるエリアです。交通面では、JR京浜東北線をはじめ、京浜急行電鉄、東京急行電鉄、都営地下鉄の各線が乗り入れ、東京モノレールも通っており、都心や横浜方面への交通アクセスが充実しています。
人口は約712,000人(2016年2月時点)。区の商業地域は蒲田駅と大森駅周辺に、区の行政は蒲田駅近辺に集中しています。蒲田駅近くは大型商業施設が多く、一方で昔ながらの商店街も健在で、家族連れで買物を楽しめるエリアです。多摩川沿いはジョギングや散歩をする人が多く、多摩川沿いの緑地は野球場やゴルフ場などもあり、自然のなかでスポーツを楽しめる住みやすい環境も魅力。桜の名所としても有名な洗足池は、春は多くの花見客で賑わい、池の近くには遊具のある公園もあります。また一年を通じお祭りやイベントが多く、池上本門寺の初詣客の多さは都内上位に入り、本門寺お会式は万灯行列に数十万人が集まる大きなイベントです。

東京都大田区の住みやすさをもっと見る

東京都大田区の相場価格(目安)

7月13日時点での価格

  • このデータは「ニフティ不動産」に掲載されている物件の価格を元に算出したものです。
  • 相場情報はあくまでも参考値です。検討の目安としてご活用ください。

掲載パートナー一覧

ニフティ不動産の東京都大田区の賃貸物件情報は、物件一括検索参加パートナーが提供しています。ニフティライフスタイル株式会社は物件の内容について一切の責任を負いません。

【東京都】【大田区】の購入物件からお探しの方はこちらからどうぞ

家探しの疑問を解決

今付き合っている相手がいて、将来的には結婚もしたい。そんな風に考えていたら、同棲を視野に入れるのは自然な流れですよね。 同棲することは、一緒に生活することですから、家賃、家事などの分担や、相手の生活スタイルへの理解など、いろいろな課題が出てくるかもしれません。

これから首都圏に「進学・就職する」「転勤で引っ越しする」「家族で住む家を探す」などの場合、どの街が人気か気になりますよね。 そこで今回は、総勢150名を対象にアンケート(※)を実施して、住みたい街ランキングをまとめました。 ※2020年3月ニフティ不動産調べ・駅名ベースで集計

「片付けたいけど、どこからやればいいの?」など、片付けられない部屋に悩んでいる人は多いのではないでしょうか。 部屋が散らかっている状態のことを「汚部屋(おべや)」とも言います。 今回は、片付けられない汚部屋から卒業する3ステップをご紹介します。

カウンターキッチンにあこがれている人は多いのではないでしょうか。 キッチンで料理をしているときもリビングやダイニングの様子が見えるので、家族と一緒の時間を過ごせます。 特に、小さなお子様がいる家庭だと、常に見守ることができて安心ですよね。

お悩みコラムTOPへ

Loading