【画像1】

不動産会社にはそれぞれ特徴がある

物件を探そうと思ったら、まずはインターネットの不動産サイトで検索を始めるという方も多いのではないでしょうか。そうして見ていくと、いろいろな不動産会社があることに気づきます。

同じ「不動産会社」といっても、多くの人が知っているような大手の不動産会社と、地域密着型の不動産会社とでは、その規模にも特徴にも違いがあります。その違いに伴って、それぞれにいいところとそうではないところがあるわけです。

「じゃあ、どちらに頼めばいいのだろうか?」――その答えは、人によっても、物件探しのシチュエーションによっても異なります。メリットとデメリットを把握して、ご自身の物件探しに適している不動産会社を考えてみましょう。

大手不動産会社のメリット

大手不動産会社のメリットは、何といっても多くの物件を扱っていることです。物件の選択肢が豊富であれば、それだけいい物件に巡り会える可能性が高まります。多くの支店をもつような会社であれば、数多くの地域に対して接点も知識もありますので、そのネットワークを生かした広範囲での物件探しも可能です。

そして、大手の知名度や、そこからくる安心感もメリットのひとつといえるかもしれません。時期によってはキャンペーンを実施している会社もあり、お得に利用できることもあります。

大手不動産会社のデメリット

大手不動産会社の場合、営業担当者が数年おきに全国の支店を異動していることが多くあります。担当が異動してきたばかりの方だと、地域についての知識も経験もほとんどない状態で、大家さんとのつながりも期待できません。不慣れな地域で物件探しをする際には、そうした面で頼りにすることができないのは残念です。

取り扱う物件の多さの裏返しで、ひとつひとつの物件を詳しく把握していないことも少なくありません。物件探しや内見のときは不動産会社ならではのアドバイスを求めたいところですが、ご自身と同様に初見となることもあるので注意しましょう。

【画像2】

地域密着型不動産会社のメリット

地域密着型の不動産会社の利点は、地域に根ざしていることです。お店の情報から治安まで、その地域について上辺だけではない情報を詳しく教えてもらえるでしょう。個々の物件についても把握していることが多く、心強い存在になります。

また、大家さんとのつながりの強さが期待できるところもメリットです。大手チェーンにはない長いつきあいで、掘り出し物の物件を紹介してもらったり、料金や条件に関する交渉でよりよい契約ができることもあるでしょう。

地域密着型不動産会社のデメリット

地域密着型の不動産会社で期待しづらいのは、カバーする地域の範囲と物件数です。地域が限られているからこその密度の濃さといえますが、物件数は大手に比べてやはり少ないと思っておいたほうがいいでしょう。

近年では、不動産流通機構が運営している「REINS(レインズ)」という不動産物件データベースを使うことで日本全国の物件を調べることができるようになっています。大手では多くの会社でレインズを契約していますが、地域密着型では契約していないところもあり、探せる物件の選択肢に大きく影響してしまうのです。

また、意外に気になるのが敷居の高さではないでしょうか。大手チェーンの開けた感じに比べると、どうしても入りづらく感じる人もいるようです。

おわりに

大手にも地域密着型にもそれぞれ良さがあり、適したケースがあります。物件を探したい地域が定まっているならば、地域密着型はいいパートナーになってもらえるでしょう。エリア探しから相談に乗ってほしいといったようなケースや効率的な物件探しを求める場合には大手が向いているといえます。とはいえ、最終的には会社次第、担当者次第です。1件の会社だけではなく、いくつかの不動産会社を訪れてみるのはとても有効です。

専門家からのアドバイス

依頼をする際には1件だけではなく、複数の会社に行ってみてどこの会社で話を進めるか検討するべきです。おおむね3~4社をあたってみて比較すれば十分かと思います。
不動産取引は、結局は担当者次第ですので、
 1)信頼ができるか
 2)相性が合うか
 3)知識があるか
を見て選んでいきましょう。この3つのうちどれが欠けても取引を進める上で納得がいかないことが出てきます。そのため、物件ありきで進めても、担当者が誰かによって、家を買ったときの喜びや金銭面の損得が変わってきますから、慎重に担当者は選んでいきたいものです。

「@nifty不動産」では、物件探しについてのお役立ち情報を掲載しています。Webサイトに加えてスマートフォンアプリも提供しており、大手不動産サイトに掲載された日本全国の物件から、住みたいエリアやこだわり条件で一括検索することができます。不動産会社情報も確認しながら、あなたにぴったりの家を見つけてください。

便利に物件を探すなら@nifty不動産アプリ

部屋を借りる!賃貸版はこちら

住宅を買う!購入版はこちら

監修:

畑中 学(はたなか おさむ)

Profile
不動産コンサルタント・武蔵野不動産相談室株式会社 代表 1974年東京都生まれ。設計事務所にて一戸建てや公団分譲地を手掛けた後、不動産会社へ移り最年少で店長になる等、7年間にわたり不動産の販売・企画・仲介を責任者として携わる。2008年に創業。家に関する相談を約800組受け、お金の面から多くの方に満足のいく家づくりと家の買い方をサポートしている。 「不動産の基本を学ぶ(かんき出版)」「不動産の落とし穴にハマるな(同)」「マンション・戸建 中古の選び方(日経ビジネス)」「お金持ち入門(実業之日本社 不動産編)」など著書は多数。