【画像1】

戸建て住宅の購入動向の変化

戸建て住宅の購入はとても大きな買い物です。高額な費用がかかるものですから、情報を調べたり比較検討したり、じっくり考えて決める必要があります。

まずなんといっても、費用の準備にある程度の年月が必要です。ほかにも、住宅ローンを申し込むには職の安定性や継続性、社会的な地位にも一定の条件が求められることになります。

そのため、住宅購入者を年代別で見てみると、これまでは30代以降の人が多くを占めていました。しかし最近では、20代のうちに戸建て住宅を購入する人も増えてきています。

大きな買い物ですから、30代の方が、精神的にも金銭的にも余裕を持って返済できる可能性は高いでしょう。しかし、30代こそが戸建て住宅を購入するのに適しているというわけではありません。

むしろ、20代のうちに戸建て住宅を購入しておくことで得られるメリットもあります。ここからは、20代での戸建て住宅の購入にどのようなメリット・デメリットがあるのかを見ていきましょう。

20代のうちに戸建て住宅を購入するメリット

【画像2】

戸建て住宅を購入する際には、住宅ローンを使用する場合が多いでしょう。住宅ローンで借り入れをおこなえば、そこからローンの返済が始まるわけです。したがって、20代のうちに住宅ローンで戸建て住宅を購入しておけば、住宅ローンの返済期間を、長い時間をかけた無理のないプランに設定することができます。

住宅を購入した後も生活があります。日々いろいろな出費や貯蓄があり、子どもが生まれれば教育資金が必要になることもあるでしょう。せっかくすてきな住宅を購入しても「住宅ローンの返済で家計が危うく、快適な生活を送ることが困難だ」なんてことになってしまっては悲しいですよね。

また、老後の資金についても考えておかねばなりません。一般的な住宅ローンの多くは、返済期間が35年前後に設定されます。20代で借り入れをおこない、35年かけて返済するとしても、60代の前半で返済を終える計画も可能です。現役世代のうちに余裕を持って住宅ローンの返済を終えることができれば、老後の資金の準備もしやすくなるでしょう。

もう1つの大きなメリットは、20代のうちに戸建て住宅を購入することで、賃貸住宅に住む期間を短くすることができるということです。賃貸住宅を借りている間は家賃を支払うことになりますが、家賃はいくら支払っても資産として残るものはありません。

一方、賃貸の期間を短くして、家賃の分を住宅の購入資金に充てることができれば、支払った後には土地と住宅という資産が残ることになります。賃貸住宅と持ち家のどちらがいいのかという比較も一概にこちらがベスト、後述のデメリットのように善し悪しがありますが、そういう考え方をすることも可能になるわけです。

20代のうちに戸建て住宅を購入するデメリット

メリットがあれば、当然デメリットも存在します。

20代のうちは、まだライフプランがしっかりと決まっていないこともあるでしょう。結婚・出産・離婚・転勤などといったさまざまな人生の変化が、戸建て住宅を購入した後に訪れる可能性があります。

しかし、戸建て住宅を購入してしまうと、その土地を中心に生活を考えることになります。戸建て住宅を購入したことで、大きな変化に対して柔軟に対応できなくなってしまう場合があるということです。

逆に賃貸住宅の場合、何かあれば引っ越しをするという選択を容易にとることができるところが、大きなメリットであるといえます。

また、メリットの項で取り上げましたが、住宅ローンの返済期間を長く設定して余裕を持って返済することができる反面、完済までの長い間利息が発生し続けることになり、利息の総額はどうしても高額になってしまいます。

住宅ローンの返済は、一定の余裕がある返済プランでないと現実的に続きません。収入がそれほど多くない場合はとくに、毎月高額の返済は難しくなってきます。利息のことも考えて返済期間を設定することをおすすめします。自分のライフプランを先々まで見越すことは難しいものではありますが、メリットも多いので、20代のうちに住宅を購入することも検討してみてください。

便利に物件を探すなら@nifty不動産アプリ

部屋を借りる!賃貸版はこちら

住宅を買う!購入版はこちら