バリアフリーの賃貸物件

小さいお子様がいるご家庭にも、高齢者のかたにも安心して生活していただくために!今回は、生活しやすい住まいにするためにバリアフリーの賃貸物件をご紹介します。

バリアフリーの賃貸物件とは・・・

「バリアフリー」とは、一戸建てやマンションやアパートなどの障壁(バリア)となる部分を取り除くことです。具体的には、家の中の床の段差をなくし、廊下や階段に手すりをつけ、歩きやすいように廊下の幅を広くし、扉を引き戸からスライド式に変更されている物件をさします。「フラットフロア」の賃貸物件とは、バリアフリー対策の1つで、台所や居間、ベッドルーム、和室、バスルームなどの床の部分に段差がない物件のことです。

おさえておきたい2つのポイント!バリアフリーの賃貸物件

1.バリアフリーの一戸建て・マンションのポイント

高齢者や子どもが階段から落ちたり、転んでケガをしたり、浴室ですべったり、一戸建てやマンションやアパートで事故が起こることや、お年寄りがキッチンで調理している際の事故も非常に多くなっています。
バリアフリー物件は、事故を防止するための配慮がなされています。
主なポイントとして・トイレや浴室に手すりがある・段差がなくスロープがある・和室や浴室の床の段差がない・床がすべらない・キッチンの高さ調節ができる、などです。

2.屋外もバリアフリーのマンションや一戸建て

一戸建てやアパートやマンションの室内だけでなく、バリアフリーに屋外空間を作ることも大切です。例えば、建物入口にスロープや手すりを設置して、共用部分のバリアフリー化を行うことも高齢者に優しい賃貸物件です。
2003年に「改正ハートビル法」(高齢者、身体障害者等が利用できる特定建築物の建築の促進に関する法律)が制定され、今ではマンションなどの共同住宅でも、バリアフリー対策がなされた賃貸物件が人気があります。
画像

住みやすい街を探す

住みやすい街サーチ 住みやすさから街を探す。理想の住まいを見つけよう。

街の住みやすさ情報を掲載中!

街の特色や教育・保育・治安などの情報、交通情報やイベント情報、口コミなどを集めました。
あなたにぴったりな街を見つけましょう!

住みやすさ情報をもっと見る>>

バリアフリーの賃貸マンション・賃貸アパート・賃貸住宅を探すなら@nifty不動産。
ケガ人や病人、子供がいる人でも安心して生活できるバリアフリーの賃貸。一人暮らし向けの高齢者にも身体が不自由な方にもご満足いただけるよう、段差を取り除き、室内外に手すりを設置した快適なバリアフリー賃貸物件を提供します。バス・トイレ別やフローリングなどの人気の条件からも検索可能!あなたに合った理想の住まいがきっと見つかります!

閉じる