【阿佐ヶ谷1】
【阿佐ヶ谷2】

駅を出ると目の前にある「阿佐谷パールセンター商店街」

【阿佐ヶ谷3】

JR阿佐ヶ谷駅南口を出ると目の前に見えるのが「阿佐谷パールセンター商店街」です。商店街はスーパーマーケット、飲食店、カフェ、惣菜屋、衣料品、ドラッグストア、日用雑貨、100円ショップ、花屋、電気屋など、日常生活に必要なものが揃っています。

なかでも、カフェと飲食店はたくさんありました。カフェは星乃珈琲店、上島珈琲店、サンマルクカフェなど、飲食店は居酒屋、和食、洋食とジャンル問わず様々な料理があります。

スーパーマーケットはピーコックストアとアキダイ、青果と精肉と取り扱っているTAKANOなどが数店舗あるのが特徴です。「阿佐谷パールセンター商店街」以外では反対の北口に西友とイトーヨーカドーがあります。

【阿佐ヶ谷4】

商店街の入り口には周辺の地図「あったかマップ」がありました。眺めてみると、商店街の広さを実感します。

【阿佐ヶ谷5】

自転車で商店街を移動するのは禁止されているため、安心して歩くことができます。自転車がある場合でも押して歩けば大丈夫です。

【阿佐ヶ谷6】

商店街はアーケードになっており、雨の日でも濡れずに安心して買い物ができます。

ミートソースパスタ1品で勝負する「ミート屋」

【阿佐ヶ谷7】

「阿佐谷パールセンター商店街」には飲食店が豊富に揃っていますが、その中でも気になった「ミート屋」で昼食をいただくことにしました。外観のシンプルさが、賑わいを見せる商店街の中で逆に目立ちます。

食券制となっており、お品書きはミートソースパスタのみ。食券で選べるのはサイズ、別料金のトッピングです。

値段は普通盛が900円、大盛1,050円、特盛1,200円で、すべてのサイズにサラダが付いてきます。

席はカウンター席のみですが、店内は一方通行のため人とぶつかることは少ないです。上着かけのハンガーや椅子の下に荷物置きがあるため、窮屈に感じることはないでしょう。

【阿佐ヶ谷8】

先にサラダが運ばれ、その後にミートソースパスタが運ばれてきました。湯気が出るほどの熱々。しっかりとかき混ぜてからいただくのがおすすめとのことでさっそく実践。麺がとにかくモチモチです。ミートソースもお肉がふんだんに使われていました。ミートソースパスタ1品で勝負しているのが納得とも言えるほどのおいしさ。テーブルにタバスコだけでも4種類は置かれているのも魅力的です。

店員さんが「紙エプロンいりますか?」と聞いてくれるので、それを使えば服を汚してしまう心配もなく、料理を味わうことに集中できます。

平日でも人気の昔ながらの雰囲気漂う喫茶店「gion」

【阿佐ヶ谷9】

JR阿佐ヶ谷駅北口を出て右に行くとあるのが「阿佐谷新進会商店街」です。南口にある「阿佐谷パールセンター商店街」より静かな印象ですが、パン屋、和菓子屋、カフェ、地産食品店などがあるため閑散としているわけではありません。

【阿佐ヶ谷10】

その「阿佐谷新進会商店街」を入ったすぐのところにあったのが喫茶店「gion」です。朝8時半から深夜2時まで長時間営業をしています。

【阿佐ヶ谷11】
【阿佐ヶ谷12】

店内はレトロ感満載の雰囲気で漂っています。ホットコーヒーを注文したら店員さんから「ミルクとウィンナーのどちらにしますか?」と聞かれたので、今回はウィンナーコーヒーを注文しました。甘みもしっかりとありおいしかったです。

メニュー数が豊富に揃っている喫茶店でもあります。なかでも注目したいのが12時まで注目することができるモーニングのトーストセットとサンドセット。トーストセットが80円、サンドセットが90円という驚きの安さで提供されています。

12時過ぎまでお店にいたのですが、ふと周りを見渡すとランチ利用のサラリーマンの姿も見られました。

閑静な住宅街の中にある静かな公園「阿佐ヶ谷けやき公園」

【阿佐ヶ谷13】

先ほどの「阿佐谷新進会商店街」を進んで終わりの地点である場所を左に曲がり、道に沿って進んでいくとあるのが「阿佐ヶ谷けやき公園」です。住宅街の中というのもあり、ガヤガヤしていない静かな雰囲気でした。

【阿佐ヶ谷14】
【阿佐ヶ谷15】

遊具は滑り台と鉄棒の2つです。小さな子どもを連れた親子連れや近くにある保育園児の団体がいました。

【阿佐ヶ谷16】

広い砂場もありました。

【阿佐ヶ谷17】

「阿佐ヶ谷けやき公園」は犬の散歩が禁止です。そのため、子どもが犬に噛まれるといった事故の心配がないのが特徴です。

【阿佐ヶ谷18】

公園の奥にはL字型のベンチがあり、静かな雰囲気の中で休憩できます。実際に仕事の休憩時間かと思われる方が何人もいました。

【阿佐ヶ谷19】
【阿佐ヶ谷20】

雨水を貯めて池ができるようになっています。ちょっとした水遊びもできそうです。この日は水が貯まっていなかったため、その光景を見られなかったのが心残りです。

ちなみに「阿佐ヶ谷けやき公園」はプールが併設されており、夏の時期である7月~9月の間はプールが無料で開放されています。一般用と幼児用があるので、小さな子どもがいる家庭でも安心して遊べます。

まとめ

阿佐ヶ谷駅は駅周辺に商店街があり、日用品はこの商店街で買い揃えられます。特に「阿佐谷パールセンター商店街」は生活の中心地となる商店街です。都心にあるせかせかとした雰囲気がなく、駅周辺でも静かに暮らせるでしょう。公園など、子どもが安心して遊べる環境も揃っているので、子育て世代のファミリー世帯におすすめのエリアです。

便利に物件を探すなら@nifty不動産アプリ

部屋を借りる!賃貸版はこちら

住宅を買う!購入版はこちら