【画像1】

間取り図は意外とわからない言葉が多い

真っ黒に塗りつぶされたスペースに白文字で「PS」とあったり、他よりも小さい部屋に「SR」とあったり、間取り図はよく見ると謎の略語が多く使われています。
何となくわかるものもありますが、思い違いをそのままにしているケースもあるかもしれません。

知っておきたい間取り図の略語

LDK

物件を見ているときによく見る言葉の代表格ではないでしょうか。Lはリビング、Dはダイニング、Kはキッチンをあらわしていて、LDKはそれら3つが仕切りなしで一つの部屋になっている空間のことです。

カウンターキッチンがあって、キッチン脇には食事テーブルがあり、食事テーブルの奥にテレビを囲んでソファがある、という空間を実際に見たことのある人は多いでしょう。それがLDKです。

DK

Dがダイニング、KがキッチンなのはLDKと同じです。キッチンがあり、食事テーブルを置くスペースはあるが、リビングをとる場所まではない空間をDKと呼びます。とはいえ、食事の場所とくつろぎの場所が同じでも抵抗のない人には、DKは「狭めのLDK」と同じような意味を持つでしょう。

【画像1】

R

Rは冷蔵庫(Refrigerator)を指します。冷蔵庫置き場という意味で、すぐそばにアースを取り付けられるコンセントがあるでしょう。この冷蔵庫置き場を基準に、レンジやオーブンのラック、食器棚などの配置を考えることになります。

BR

ベッドルームの略称です。部屋数の多い物件では使われる場合もあり、MBR(マスターベッドルーム)と称されることもあります。MBRとBR、両方が記されている場合は、MBRが主寝室、BRは子ども用のベッドルームを指します。

【画像1】

RF

ロフトのことです。本来、屋根裏部屋を指しますが、部屋の狭い物件では、はしごを使って昇る収納スペースを指すことが多いです。賃貸のワンルームでロフト付の場合はベッドルームとして使える場合があります。

【画像1】

SR

サービスルームの略称で、4畳、5畳など主たる居室には使えない部屋を指します。いわゆる納戸です。せっかくなので子ども部屋に、などと考える人もいるかもしれませんが、居室に必要な採光を確保できないので納戸にする場合が多く、窓がないか小さいので、物置にするのが妥当です。

【画像2】

SB

シューズボックスの略称です。玄関先に表示がなされることが多いでしょう。

SIC

シューズ・イン・クローゼットの略称です。シューズボックスよりも広い玄関収納で、大きいものは玄関から靴のまま直接入れコートなどの収納にも使えます。

WIC

ウォーク・イン・クローゼットの略称です。通常のクローゼットよりも大きめにできていて、歩いて入れるサイズになるので2畳以上の面積があるものが一般的です。中に棚とハンガーパイプが設置されている場合が多いので背の高いタンスなどは入れられない場合があります。扉がついた独立した小部屋なので、扉を閉めればお部屋はスッキリ片付いた状態を保てます。

UB

ユニットバスの略称であり、バスルームのことです。

W

洗濯機(Washing Machine)置き場の略称です。ベランダにある場合、特に女性は注意しましょう。1階、2階の物件の場合、盗難にあう危険性もあります。

UP

上り階段の略称です。1階など下階の間取り図につけられます。

DN

下り階段の略称です。2階など上階の間取り図につけられます。

MB

メーターボックスの略称です。水道やガス、電気などのメーターボックスがあります。こちらはお部屋の中でも最も重要な設備になるため、入居の際には改めて位置をチェックしましょう。

PS

パイプスペースの略称です。使えないスペースです。配管設備が詰まっています。部屋のほうにせり出している場合には、家具の配置に影響してくるでしょう。

AC

エアコンの略称です。室内にある場合は壁に配管用の穴が空いているスペースを指し、室外にある場合は室外機置き場を意味しています。

おわりに

略称の意味を知れば、間取り図はグッと想像しやすく現実的なものになるでしょう。理想の部屋を探すための一助となれば幸いです。

物件を探していると、あちこち調べすぎて気に入った物件がどこに紹介されていたかわからなくなってしまったということもあるかと思います。@nifty不動産なら、有名不動産会社の情報がまとめて検索でき、物件をお気に入り登録しておくことができて便利です。


便利に物件を探すなら@nifty不動産アプリ

部屋を借りる!賃貸版はこちら

住宅を買う!購入版はこちら