【画像1】

住みたい物件の申し込み・契約をしよう

賃貸物件を見学して、実際に気に入った物件を見つけたら、さっそく申し込み・契約をしていきましょう。申込書や契約書は不動産会社に行って記入することが多く、物件に関する注意事項なども詳しく説明を受けることになります。物件の契約書には、たくさんの注意事項や説明が書いてあるでしょう。難しい言い回しも多いので、簡単に理解できない人も多いかもしれません。

ですが、契約書に書いてある内容はどれも大切なものです。少しでもわからない部分があったら、不動産会社に確認を取っておきましょう。実際に入居してからトラブルがあっては大変なので、契約書の内容を理解したうえで契約を進めたいですね。

荷物をまとめて引っ越し準備をしよう

物件の契約をする段階で、引っ越しの日程も一緒に決めてしまうことが多いです。そのため、物件の契約が終わったらすぐに引っ越し業者に連絡しておきたいですね。業者によっては、段ボールなどの資材をサービスしてくれます。資材を揃える費用がかかりませんし、早いうちから荷物をまとめられるので、引っ越し日間際に慌ただしくなってしまうことを避けられるでしょう。

しかし、どうしても仕事などが忙しくて引っ越し準備を進められない人もいますよね。そのような場合には、引っ越し業者のオプションサービスを活用しましょう。引っ越し費用は少し高くなってしまいますが、自分で荷造りをしなくても業者が請け負ってくれるサービスがあります。自分だけでは引っ越し準備ができないと判断した場合には、さまざまなサービスを活用してみると良いでしょう。


便利に物件を探すなら@nifty不動産アプリ

部屋を借りる!賃貸版はこちら

住宅を買う!購入版はこちら