【画像1】

子供部屋をリフォームするときのポイント

子供部屋をリフォームするときには、その時々の用途に合わせて自在に変化させられる部屋・家具を意識しましょう。
例えば、広めの部屋を子供部屋として使う場合、子供が大きくなった時に仕切りの壁を作れば、その後も長く使っていけるでしょう。勉強机やベッドなどの家具よりも、クロークなどの収納スペースを重視した部屋にしておいたほうが長く使えます。

せっかく部屋をリフォームするなら、子供が成長した後にも長く使い続けられるような部屋にしたいですね。

子供部屋リフォームの予算の相場

子供部屋の多くはそれほど広くないため、比較的低コストでリフォームできます。クロスや床材を取り換えて部屋の雰囲気を変えるだけなら、50万円以下の費用で済みます。子供っぽい内装をシンプルな内装にリフォームすれば、その後も長く使える部屋に変わるでしょう。

部屋に取り付けてしまっていた家具を取り除いたり、壁を作ったりして部屋の形を大きく変えてしまう場合には、50万円~100万円ほどの費用が必要になります。

リフォームの内容に合わせて予算を立てつつ、リフォーム業者から見積もりを取ってみましょう。最低でも3社以上の見積もりを取れば、費用の相場がつかめます。


便利に物件を探すなら@nifty不動産アプリ

部屋を借りる!賃貸版はこちら

住宅を買う!購入版はこちら