お風呂の排水口掃除、100均グッズでラクしませんか?

「くるっとキャッチ」ってどんなもの?

たとえ自分のものでも、できれば触りたくない排水口に溜まった髪の毛。簡単に片付けたくて、さまざまな便利グッズを試した結果、今のイチオシがこの「くるっとキャッチ」です。ダイソーで税込み108円。たったこれだけで、毎日気分までとってもラクになりました!

「くるっとキャッチ」ってどんなもの?

売り場はこのような感じ。形状の違うものや、シートタイプ、ネットタイプなどいろいろありますが、「くるっとキャッチ」は左下に残り1つ!テレビで紹介されてからますます人気が出て、入荷してもすぐ売れてしまうそう。

「くるっとキャッチ」ってどんなもの?

パッケージ裏面で、使用可能な排水口や設置方法、使用できないタイプが詳しく説明されています。ご自宅の排水口と見比べて、まずは使用できるかどうかご確認ください。

「くるっとキャッチ」ってどんなもの?

上、横、裏側から見たのがこちらです。

現在の目皿の直径が約102~107mmの場合は、調整リングを付けたまま取り替えるだけ。約95~101mmの場合は、赤い矢印のようにパカッと調整リングをはずします。

排水口が浴槽や壁に近い場合は、青い矢印の切れ目から外側をカット。突起のある排水口の対応法もパッケージで丁寧に図解されています。

これまでに使ってみた&比べてみた商品はこちら

これまでに使ってみた&比べてみた商品はこちら

ご参考までに、これまで使って失敗したのがこれらです。

左のAmazonで買った「レック FE ヘアーストッパー M(ヘアーキャッチ)」(税込み 242円)は山型になっているのですが、麓の部分に髪の毛が巻き付くので逆に水がせき止められ、床に水が溜まってきます。

また、ドラッグストアなどで売っている数百円のシートならスッキリはがせるのですが、同じダイソーで買った右のシートは、はがすときにベタベタが残り、洗剤をつけてこすっても取りにくく、最後は除光液でふき取ることに。髪の毛が目皿をくぐり抜けないのはいいのですが、どちらも結局は髪の毛を手でかき集めるのが不便でした。

そこでもっといいものがないかと探して気になったのが、以下の「水流でまとめる」タイプ。700~1,000円くらいして高いかも……と口コミ欄を眺めていたら、「ダイソーのくるっとキャッチで十分」との口コミを発見。

まずはそちらを試してみることにしたのでした。

セットして、流してみると……!

セットして、流してみると……!

我が家の元の目皿は直径102mm。取り替えてみると、買ってきたままの状態でピッタリはまりました。

セットして、流してみると……!

髪の毛ではなく青い「しつけ糸」を流します。6~10センチほどの糸を合計84本用意。少しずつ流していくと……うずまき状の水流に乗って真ん中に集まり、その場でクルクル回っています。

セットして、流してみると……!

さらにどんどん流していきます。水を流しているときに本体が浮いてくることもありません。端に引っ掛かっても、水が掛かるとスルッと中央へ。全部流しましたが、きちんと真ん中のくぼみで回転。水切れも良く、コロンと丸くまとまりました。

セットして、流してみると……!

でっぱりをつかんで持ち上げるとすぐにはずれ、ゴミを触らずポイッと捨てられます!ティッシュでゴミだけサッと包んで捨てるにしても、かき集めなくていいのがうれしいところ。お手入れも、ブラシでこするだけと簡単です。

お風呂の排水口掃除、こんな100均グッズでラクしませんか?

便利に物件を探すならニフティ不動産アプリ

部屋を借りる!賃貸版はこちら

住宅を買う!購入版はこちら