違約金は支払わないといけない?賃貸物件の違約金について解説!
の画像01

そんな方のために、ここでは賃貸マンション・アパートで違約金が発生するケース違約金が発生した場合には必ず支払わなければいけないのかについて解説します。
効率良く賃貸物件を探せる方法も併せてお伝えしますので、違約金への理解を深めて新居を探してみてください。

違約金が発生するケースや原因を理解しておけば、賃貸物件の解約手続きがスムーズに進められるし、違約金を請求された際の適切な対処ができるようになるよ!しっかりと理解しておこう!



違約金ってそもそもなに?

違約金は支払わないといけない?賃貸物件の違約金について解説!
の画像02

違約金の定義について、まずは説明しますね。
違約金とは、契約内容に反する行動を起こした際に課せられる罰金だと考えて間違いはありません。
賃貸マンションやアパートの契約に限らず、携帯電話などでも契約内容に違反した場合には、違約金が発生しますよね。
賃貸物件で違約金が発生するケースは、いくつか考えられます。
マンションでもアパートでも賃貸物件を借りる際には、違約金が発生するのはどんなケースなのかを把握しておきましょう。

違約金は賃貸物件を解約すると必ず発生する?

違約金は支払わないといけない?賃貸物件の違約金について解説!
の画像03

それでは賃貸マンションやアパートを借りた時に、どういった行動を起こしたら違約金が発生するのでしょうか?
多くの方が真っ先に思い浮かぶケースが、賃貸契約を解約した際ではないでしょうか。
しかし、賃貸契約を解約したからと言って、必ずしも違約金が発生するとは言い切れません。
重要なのは契約書、もしくは重要事項説明書に違約金に関する項目があるかどうかです。

契約書・重要事項説明書に違約金に関する項目があるかチェック!

賃貸マンションやアパートを借りる際に、必ず契約書にサインをし、重要事項説明書を渡されてその内容を説明されます。
それらの記載内容に、違約金に関する表記がされている場合には、違約金が発生する可能性があるでしょう。
ただ、多くの賃貸契約では「解約した場合には違約金が発生する」とは書かれてはおらず、「借主が契約から一年未満の解約を申し出た場合、所定の違約金が発生する」と記載されています。
契約してすぐに解約をしてしまうと大家さんやオーナーに迷惑がかかりますし、手続きも多くなってしまう関係から、短期契約の場合にのみ違約金が発生することになるでしょう。
契約書や重要事項説明書に記載されている内容によりますが、一般的には短期解約でもない限り、解約における違約金が発生することはないと考えて良いのではないでしょうか。

違約金が発生するケースとは?

違約金は支払わないといけない?賃貸物件の違約金について解説!
の画像04

短期解約以外にも、賃貸マンションやアパートを借りている際には違約金が発生するケースは考えられます。
具体的にどういった行動を起こしたら違約金が発生するのか、これから賃貸マンションやアパートを借りようと考えている方は備えておいてください。

①家賃滞納を繰り返す

違約金が発生する代表的なケースとして考えられるのが、毎月支払わなくてはいけない家賃を複数回に及んで滞納した場合です。
一度や二度の家賃滞納は見逃してくれたり、延滞料も加算せずに気長に支払いを待ってくれたりする大家さんもいますが、何ヶ月も支払いが行われないと違約金を課せざるを得ません。
家賃滞納を繰り返すと違約金の発生に留まらず、強制退去にも繋がり、最悪の場合訴訟問題に発展するおそれもありますので、注意したほうが良いでしょう。

②ペット不可物件でペットを飼育する

1人暮らしやカップルの同棲でペットを飼育している方は多くいるかと思いますが、借りているマンションやアパートがペット不可の物件であった場合、その物件でペットを飼育すると違約金が発生する原因となります。
ペット可としている物件は多く見受けられますが、なかには契約内容で飼育できるペットの種類を細かく指定していることもあるのでご注意を。

③騒音に関する苦情を複数回受ける

賃貸マンションやアパートは、基本的に一人だけがその物件に居住しているわけではありません。
1つの建物に複数の人が共同で生活をしているので、ご近所さんから騒音に関する苦情が頻繁に大家の耳に入った場合、違約金が発生する可能性があります。
ご近所さんに迷惑をかけないような生活をするのは、仮に契約内容に記載がなかったとしても一般常識と言えます。早朝や夜間に洗濯機を使わないなど、騒音に関する配慮が必要です。

④単身者用物件で2人以上居住する

賃貸マンションやアパートのなかには、1人暮らし用の物件であっても、2人以上でも十分に住めるような広さの物件が多く見受けられます。
しかし、単身者用の賃貸マンションやアパートで、2人以上の人が生活をするのは契約違反です。
契約内容にも必ず単身者用物件であることが記載されていますので、時折友人や恋人を招くなら問題ありませんが、定住してしまうと違約金が発生することもあるので注意してください。

⑤その他契約違反となるケース

上記4つが主な違約金が発生するケースと言えますが、その他にも大家さんの許可を取らずに増改築をした場合や、賃貸契約をした方がさらに別の方に貸す(転貸をした)場合には違約金が発生します。
賃貸マンションやアパートは、退去時に原状回復して部屋を返還する義務が借主にはあります。勝手に改築してしまうと違約金が発生することになるので、改築したい場合には必ず大家さんに相談しましょう。
また、転貸も契約書に禁止事項として記載されています。契約を結んだ方が他の方に部屋を貸すのは契約違反とみなされますので覚えておいてください。

違約金は契約直後のキャンセルなら発生しない?

違約金は支払わないといけない?賃貸物件の違約金について解説!
の画像05

違約金が発生するケースはいくつか考えられますが、なかには賃貸マンションやアパートを借りた直後に、急な事情から解約しなければいけない事態におちいる方もいるのではないでしょうか?
短期解約をしてしまうと違約金が発生する原因となりますが、契約直後のキャンセルであれば違約金は発生しないとのではと考える方もいるかもしれません。
しかし、契約直後のキャンセルでも違約金は発生すると覚えておきましょう。
どういった事情であれ、一度契約を結んだら、基本的には契約書の内容を守らなくてはならないからです。
ただし、賃貸マンションやアパートを貸す大家さんも人間です。
交渉次第では、違約金の減額やキャンセル料の免除をしてもらえるケースもあり得ます。
違約金が発生してしまうのを前提とした上で、事情を話せば理解を示してもらえる可能性もあるので、早めに連絡することが大切です。

違約金に関する項目が契約書になかったら無効?

違約金は支払わないといけない?賃貸物件の違約金について解説!
の画像06

契約書や重要事項説明書に、違約金に関する項目がない場合はあるのでしょうか?
不動産会社を通して賃貸マンションやアパートを借りている場合にはまずそういったケースは有り得ないと言えますが、友人が所有している物件をツテで借りているような場合には、契約書を交わして賃貸契約を結んでいないケースもあります。
しかし、いくら契約を結んでいなかったとしても、上記で紹介したような違約金が発生する原因となる行動を起こしている場合には、違約金の支払いを免れない可能性があります。
あくまで物件を所有している方の監督責任も関係してきますので、通常の賃貸契約を結んだ場合と同様の違約金が発生するとは言い切れませんが、常識外の行動を起こして物件所有者に迷惑をかけた場合には、違約金を支払う義務はあると考えられます。

違約金の相場はいくら?

違約金は支払わないといけない?賃貸物件の違約金について解説!
の画像07

もし契約内容に違反してしまい、違約金が発生する場合にはどれくらいの金額を請求されることになるのでしょうか?
違約金の金額が契約書や重要事項説明書に記載されていなかったとしても、違約金の上限額は法令で定められています。
平均的に「違約金は家賃一ヶ月」と定めるケースが多いので、家賃一ヶ月分=違約金の相場と言えるのではないでしょうか。

違約金の金額交渉はできる?

違約金は支払わないといけない?賃貸物件の違約金について解説!
の画像08

金銭的な事情で違約金を支払うことが難しい場合、違約金の金額交渉をすること自体は可能です。
もちろん必ずしも金額が安くなるとは言い切れませんし、多少の減額に応じてもらえたり、支払期日を待ってもらえたりするのは、すべて大家さんやオーナーの裁量次第です。
また、先にお伝えしたとおり法令で定められている金額以上の違約金を請求された場合にも、交渉は可能となります。

違約金の仕組みをしっかりと理解してニフティ不動産で新居を探そう!

違約金は支払わないといけない?賃貸物件の違約金について解説!
の画像09

違約金が発生するケースや金額の上限などを紹介しましたが、それらの知識をしっかりと備えておくと新居を探す際に非常に役立ちます。
難しく感じられる賃貸契約の契約書や重要事項説明書の記載内容に関しても、ある程度理解が進めば、より積極的に物件探しができるようになります。
違約金について理解できたら、賃貸マンションやアパートをニフティ不動産で探してみてください。
いくつもの大手賃貸物件情報サイトに掲載されているマンションやアパートを一括検索して、物件探しの時間を短縮できます。
新居探しにあまり多くの時間を割けないという方は、ぜひ一度ニフティ不動産を覗いてみてください。
きっと希望している賃貸物件を見つけられますよ!

便利に物件を探すならニフティ不動産アプリ

部屋を借りる!賃貸版はこちら

住宅を買う!購入版はこちら