【女性向け】失恋から立ち直る効果的な方法をご紹介!の画像01

「失恋してものすごく辛い」「わたしは世界で一番の不幸者…」
と今もなお、悲しい思いをしているあなた。

どうせなら、失恋をバネに成長して、新しい最高の恋を見つけてみませんか?



失恋から立ち直るまでにかかる期間は?

失恋中はどうしても「わたしだけがこんなに辛い思いをしている!」と思ってしまいがちですよね。
また、なかなか失恋から立ち直れない自分に嫌気がさして、「なんで私はいつまでたっても、前の恋を引きずっているんだろう…」と自己嫌悪におちいってしまう人も多いのでは?

でも、どうか決してそんな風に思わないでください!
誰しも失恋から立ち直るには、時間がかかるものなのです。

そもそも、世の女性は失恋から立ち直るまでに、どれくらい時間がかかるのでしょう。
以下のグラフは、失恋から立ち直るまでにかかった時間をまとめたものです。

【女性向け】失恋から立ち直る効果的な方法をご紹介!の画像02

ニフティ不動産編集部が20代~40代の女性50人にアンケートをとった結果、4割の人が失恋から立ち直るまでに数ヶ月を要していることが分かりました。
なかには、失恋から立ち直るまでに1年以上かかったという人も2割程度います。

もちろん、短期間で失恋から立ち直っている人もいますが、グラフを見れば、失恋から立ち直るのに時間がかかるのは、当然のことと言えるでしょう。

失恋から立ち直るためにとった行動は?

それでは、世の女性は失恋から立ち直るために、どのような行動をとっているのでしょうか。
こちらも、グラフにまとめてみました。

【女性向け】失恋から立ち直る効果的な方法をご紹介!の画像03

アンケートによると、約3割の人が「新しい恋を探すこと」で失恋から立ち直っています。
また、「誰かに話を聞いてもらった」「気が済むまで泣いた」「自分の好きなこと・やりたいことをした」という人の割合も多いですね。

人それぞれ性格や考え方は違えど、失恋から立ち直るための有効な方法には、共通点があるようです。

失恋から立ち直る5つの方法

【女性向け】失恋から立ち直る効果的な方法をご紹介!の画像04

ご紹介したとおり、失恋をして立ち直れない、とても悲しくて辛いと思っているのは、あなただけではありません。
でも、できる限り傷つかずに、短い期間で失恋から立ち直りたいものですよね。

ここでは、失恋から立ち直るために効果的な5つの方法をご紹介します。

ひたすら泣く

失恋中の女性のなかには、

「こんなことで、いつまでも泣きたくない」
「早く忘れなきゃ」

と涙を我慢してしまう人も多いようです。

ここはあえて、感情にしたがって思いっきり気が済むまで泣くことをおすすめします。
泣くことはストレス発散にもつながり、泣いたあとは前向きに考えやすくなりますよ。

あえて気が済むまで思い出に浸る

「いつまでも彼のことを引きずるわけにいかないから…」と無理に彼を忘れようとしていませんか?
人間は無理に忘れようとすればするほど、なかなか忘れられず、かえって失恋をこじらせてしまうもの。

そういうときは、自分が冷静に失恋を受け入れられるようになるまで、あえて「思い切り彼との思い出に浸ってみる」のも有効ですよ。

自分の感情に素直に従うことで、失恋から早く立ち直れるのは、「ひたすら泣く」という方法と同じ原理です。

友達に話を聞いてもらう

アンケート結果でも多くの女性が行っていたように、仲の良い友達に話を聞いてもらうのも、失恋から立ち直るためにはとても効果的な方法の一つ。
友達と遊ぶことは気晴らしにもなりますし、気の置けない友人には会うだけでも癒されるものです。
彼との恋愛で忙しくてなかなか会えなかった友達と、久しぶりに思いっきり話してみてはいかがでしょうか。

頭をからっぽにしてぼーっとする

私たちの頭(脳)は、ほぼ24時間ずっと働き続けています。
失恋中は特に、ずっと同じことをモヤモヤ考えてしまう女性も多いですよね。

実は、頭を空っぽにしてぼーっとすることは、失恋から立ち直るために有効なのです。

ぼーっとして何も考えない時間をつくり、脳を休ませることによって、下記の効果が期待できます。

・感情が穏やかになる
・余裕がうまれる
・ストレス発散になる

失恋がつらすぎてなにも手がつかないという人は、1日5分でも10分でも、何も考えない時間を意図的に設けてみてはいかがでしょうか。

時間が経つのを待つ

一番はやはり、時間が経つのをひたすら待つこと。
よく「時は最良の薬」と言われるように、時の経過こそが失恋から確実に立ち直らせてくれるのです。

ですが、失恋しているときほど、時の流れを遅く感じるもの。
そんなときは、先程ご紹介した方法を試して、自然に時間が経つのを待ってみることをおすすめします。

失恋の傷を深めてしまう!やってはいけない行為

【女性向け】失恋から立ち直る効果的な方法をご紹介!の画像05

失恋をした女性の中には、自暴自棄になったり、冷静さを失って失恋の傷を深めてしまったりする人がいます。
できるだけ失恋から早く立ち直るためには、どういったことに気をつけたらいいのでしょうか。

ここでは、失恋中にやってはいけないNG行為を6つ紹介します。

元恋人にしつこく連絡をする

別れた恋人や元カレにしつこく連絡をとったり、何度も復縁を迫ったりする行動は絶対にNGです。

相手から本格的に嫌われてしまうことはもちろん、周囲のあなたに対する評価も下がってしまう可能性も。
連絡したい気持ちをグッとこらえ、しばらく冷却期間を設けましょう。

自分ひとりで抱え込む

失恋したことが恥ずかしかったり、プライドが許さなかったりして、自分の悩みをなかなか打ち明けられない人もいると思います。
ですが、決して一人で抱え込まないでください。
一人で無理に抱え込んでしまうと、最悪の場合、心のバランスを崩してしまうこともあります。

親しい人に言いにくいのであれば、医者やカウンセラー、匿名で相談できるサイト等を利用するとよいでしょう。
とにかく、誰かに自分の悩みを伝えて、溜め込まないことが大切です。

自分を責める

「わたしがワガママを言ったから」「わたしが気持ちを伝えなければ…」と自分を責めても、何もいいことはありません。
あまりにも強く自分を責めていると、うつ状態になってしまう場合も。

「今回はだめだったけど、次はうまくいくかもしれない」など、できるだけ前向きに考えることが、失恋からの立ち直りに繋がります。
難しいかもしれませんが、ポジティブシンキングを心掛けてみてください。

忘れるためにお酒に走る

つらい失恋を忘れるために、お酒に走ることはあまりよくありません。
今後なにか自分にとって都合の悪いことが起こる度に、お酒に逃げる癖がついてしまい、最悪の場合、アルコール依存症になってしまうことも。

適度な量のお酒を楽しく飲むのであれば問題はありませんが、現実から逃げたり、記憶が飛んだりするほどお酒を飲むのはやめましょう。

周りの人に八つ当たりをする

周りの人に八つ当たりをすると、家族や友達を遠ざけてしまいます。
その時は気分が紛れても、孤立に繋がり、最終的には自分のまわりに大切な人が誰もいなくなってしまう恐れがあります。
失恋してつらい気持ちを人にぶつけるのではなく、節度をもって話をきいてもらいましょう。

安易に身体の関係を許してしまう

新しく出会った相手やナンパをしてきた相手と、安易に身体の関係をもつことも、おすすめできない行為です。
そのときは一瞬だけ辛いことを忘れられるかもしれませんが、後には空しさが倍になって押し寄せてくるでしょう。

誰かの優しさに甘えたくなる気持ちはとてもよくわかりますが、簡単に始まった関係は簡単に終わるもの。
ここでグッとこらえることで、新しい恋へのチャンスに繋がりますよ。

「失恋から立ち直れそう」と思えたときに、おすすめの行動

【女性向け】失恋から立ち直る効果的な方法をご紹介!の画像06

ここでは、失恋をしてから数ヶ月経ち、「そろそろ新しい一歩を踏み出したい」と思えたときに、ぜひ始めてほしいことをご紹介します!

新しい恋をさがす

まずは、自分の気持ちに正直になって、新しい恋を探してみましょう。
友人に紹介してもらったり、流行りの婚活アプリなどを使ってみたりするのも◎。
合コンの誘いがあれば、思い切って参加してみるのもありですよ!

好きになれそうな異性を意識してみる

職場や友人など、周りにいる男性をじっくりと観察してみましょう。
今までは彼氏がいたから異性として意識しなかったけれど、「意外といいかも…」と思える人が見つかるかもしれません。

新しい習い事や趣味をはじめる

恋愛に忙しくて、する余裕がなかった習い事や、かねてからやりたかった趣味を本格的にはじめるのも、失恋から立ち直るための有効な方法です。
また、新しいことをはじめることで、新しい出会いが見つかる可能性もありますよね!

合コンに参加してみる

「合コンって怖い…」「あんまりいい男性がいなさそう」と、あまり合コンに対していいイメージを持っていない女性もいるかと思います。
ですが、新しい出会いを見つけたいのであれば、信頼できる人が幹事の合コンに思い切って行ってみてはいかがでしょうか。

素敵な出会いは、いつどこで見つかるかわかりません。
どんな小さなきっかけも見逃さないことが、新しい恋につながりますよ!

捨てられなかった思い出の品を処分する

見るのも辛くて、なかなか処分できなかった彼との思い出の品を、思い切って処分することも、新しい恋に進むための第一歩です。
ですが、「物に罪はない」「デザインが気に入っている」など、安易に捨てることに抵抗のある方もいるでしょう。
そんな場合には、「彼への未練につながっていないか」「純粋にそのモノを愛せるか」を基準に考えて、処分するのがおすすめです。

みんなの失恋エピソード

【女性向け】失恋から立ち直る効果的な方法をご紹介!の画像07

ここでは、アンケートに回答した女性たちの失恋エピソードをご紹介します。
みなさん辛い失恋をされていますが、その経験を乗り越えて、新しい恋や新しい自分を見つけています。
自分に近い・共感できる失恋エピソードを見つけて、「辛いのは自分だけじゃないんだ」と励みにしてくださいね。

大学時代からずっと片思いの彼がいました。
でも、彼には彼女がいたので諦めていたのですが、社会人になり2人が別れたのを知って、私から交際を申し込み、付き合う事に。
が、結局彼は元カノとヨリを戻し、失恋しました。
(25歳女性)

卸売業で荷物を運んでくる運転手さんの受付をして、そこで出会った彼と交際しました。
当時、同僚が「あの人は遊び人で、即捨てられる」と熱心に忠告してきたけれど、「根拠もないのに」と一蹴。案の定、即フラれてしまいました。
(42歳女性)

「付き合っていた人の態度が変だな」と思ってコッソリ部屋を探ると、他の女性と恋人のようなラブラブ写真を発見!
黙っていたけれど、相手から別れ話を切り出されました。長い付き合いなので何度も拒んだ結果、最後はこっぴどく振られてしまいました。
(27歳女性)

「元カノを忘れられない」という理由で失恋しました。
最初は私を好きになろうと努力してくれましたが、やはり元カノが忘れられないと言われ…。
正式に付き合う前に、二人の関係は終わりました。
(41歳女性)

長年付き合って、お互い結婚適齢期に。
子供が欲しい私と、子供は欲しくない彼。将来の考え方が違うため、「のぞむ未来は叶えてあげられない」と振られました。
(33歳女性)

失恋を受け入れて、前向きに生きるために…

【女性向け】失恋から立ち直る効果的な方法をご紹介!の画像08

失恋すると、「こんなに辛い思いをしているのは自分だけ」と孤立して、自分を過度に責めてしまう女性がとても多いです。
しかし、たとえ相手が「あなたが悪いから浮気した」などと言っても、その原因の全てがあなたにあるわけではありません
どうか自分で自分を責めないでくださいね。

失恋から立ち直るためには、自分の気持ちに素直になって、受け入れることが大切です。
そして、心の整理がついたら、環境をガラッと変えてみるのもおすすめ。
心機一転して、新しい街に引越してみてはいかがでしょうか?

便利に物件を探すならニフティ不動産アプリ

部屋を借りる!賃貸版はこちら

住宅を買う!購入版はこちら