【画像1】

賃貸の契約更新時に気をつけたいこと

賃貸の更新料とは

賃貸物件に住んでいると2年毎に契約更新がある物件があります、だいたい契約更新の3ヶ月くらい前に葉書などで不動産会社からお知らせが届くようになっています。

契約更新時には手続き時に更新料(更新手数料)を支払う必要があります、更新料は基本的に家賃の1ヶ月分。他にも更新手数料、保証料、火災保険などを一緒に支払う事が一般的です。

更新料ってどこにでもあるの?

契約更新は元々関東、東海エリアの慣習で、2年毎に家賃の1ヶ月分の費用を更新手数料として手続きをする不動産会社に支払う契約制度で、全国どこでもあるワケではないので契約更新がない地域から転居した場合など戸惑う方も多いのではないかと思います。納得いかないからといってゴネれば何とかなるかというとそうではなく、契約書で内容記載があると支払う必要があります。

不動産会社から更新料の案内がきたらやるべきこと

家賃交渉

まずは改めて契約書の内容を確認しましょう、”2年毎の契約更新に記述がされているかどうかなど”

この際今の家賃が安くならないか交渉してみるのも手です、その場合、同じマンションや近くの物件をリサーチして引き合いに出すことが必要ですのでお住まい周辺の物件情報を改めて検索して今のより条件のよい物件が無いかチェックしましょう

設備の交換の相談

入居時に部屋に設置されていた設備などで古くなっているものを新しくしてくれと交渉してみましょう、例えば古いエアコンが調子悪い場合交換を頼んだり、トイレを洗浄暖房機能付にして欲しいなど、更新するからと交渉してみましょう

この際いっそ住み替える

生活環境をグレードアップすると気分も変わります。更新せず、この際新しいお部屋を探して引っ越すきっかけにするのもひとつの手段です。このまま家賃を払い続けていくくらいならば思い切ってマンションや一戸建てを購入するのもよいかも知れませんよ


便利に物件を探すならニフティ不動産アプリ

部屋を借りる!賃貸版はこちら

住宅を買う!購入版はこちら