宅配収納サービスTRUNK(トランク)に荷物を預けて、部屋を片付けてみた!の画像01


部屋にモノが多すぎる!

宅配収納サービスTRUNK(トランク)に荷物を預けて、部屋を片付けてみた!の画像02

突然ですが、私はストレスを感じると、ネット通販やフリマアプリで雑貨や洋服を大量に買ってしまう癖があります。洋服や、美容グッズ、本や漫画など……部屋にはどんどんモノが溜まって、散乱しています。 限られた収納スペースには入り切らず、使ってもいないモノたちをしまえる場所があれば……、と思っていた時に、知ったのが「TRUNK(トランク)」でした。

TRUNK(トランク)とは?

宅配収納サービスTRUNK(トランク)に荷物を預けて、部屋を片付けてみた!の画像03

TRUNK(トランク)とは、収納に困っているアイテムをダンボール箱に入れて送るだけで、そのモノたちを整理して預かってくれるというサービス。
預けたモノは、スマホアプリからいつでも取り出しができ、さらに、不要なアイテムはTRUNKのマーケットで売ったり、無料で譲ったりできます。

正直、我が家にはメルカリや、ラクマ、ヤフオクなどのフリマ系アプリで買って、結局使わず、いつかもう1回出品しようと思って眠っているものが多数…。しばらくTRUNKに預けておいて、売る決意ができたらそのまま出品なんていうこともできるのです。

宅配収納サービスTRUNK(トランク)に荷物を預けて、部屋を片付けてみた!の画像04

TRUNKのサイトにわかりやすい図があったので、貼っておきます。まずは預ける荷物を準備するところから始めたいと思います。

TRUNK(トランク)の使い方1:預ける荷物を入れる箱を準備しよう

では、早速実際にTRUNKに荷物を預けてみようと思います。
TRUNKに荷物の準備方法は2つのパターンがあります。

(1)手持ちのダンボールを使って預ける

一番手っ取り早いのが、手持ちのダンボールを使って荷物を預けるパターンだと思います。ボックスサイズが縦+横+高さの合計が160cm以内のものであれば、そのまま送ってOKだそう。

(2)TRUNK専用のダンボールを使って預ける

自分でダンボールを用意できない場合は、TRUNKに申し込めば無料でダンボールを送ってくれます。今回、私はこちらのパターンで申し込みました。
私はWEBから申し込みましたが、アプリからも申し込み可能。TRUNKを初めて利用する場合は、会員登録が必要になりますが、もし楽天のIDを持っていたらデータが全て連携されるので、入力の手間も省けてとても簡単です。
TRUNKは箱単位でお金がかかるので、最初にダンボールを取り寄せる時に決済情報(私は楽天と連携した楽天Payにしました)を登録する必要があります。1箱あたり、1ヶ月500円。とってもシンプルな料金体系でわかりやすいです。

ダンボールは注文してから3日くらいで届きました。真っ白なダンボールに描かれたTRUNKのロゴがとってもカワイイです。大きさは、縦36センチ、横56センチ、奥行き48センチと、結構大きいです。引っ越し用のダンボールの大きめサイズというイメージでしょうか。
500mlのペットボトルと比べてみました!

宅配収納サービスTRUNK(トランク)に荷物を預けて、部屋を片付けてみた!の画像05

大きさのイメージ、つけていただけましたでしょうか?

TRUNK(トランク)の使い方2:荷物を箱に入れよう

そうしたら、荷物を箱に収めていきましょう!
今回、私が預けたのは下記のモノたちです

好きなアーティストのグッズ

宅配収納サービスTRUNK(トランク)に荷物を預けて、部屋を片付けてみた!の画像07

私は、小沢健二というアーティストが大好きなのですが、彼のツアーグッズや本、DVDボックスなどが、結構場所をとっているので、思い切って預けることにしました。

宅配収納サービスTRUNK(トランク)に荷物を預けて、部屋を片付けてみた!の画像08
ちなみに、細々したアイテムでもひとまとめに管理したいアイテムの場合は箱や袋でひとまとめにしておくと、まとめて管理してくれるそう。漫画の全巻をひとまとめに管理したい時などに便利!

フリマアプリで買ったけど使っていないモノたち

フリマアプリで、ストレス発散に衝動買いしたけど使えていないモノたち…。具体的には電気鍋と、個性的なデザインのジャケットです。どちらも5000円くらいしたので、捨てるには忍びないし、まだまだ使えるのでいつかまたフリマアプリに出品しようと思っていつつ部屋の奥に眠っていたので、いったんTRUNKに預けることにしました。

思い出の写真・アルバム

めったに使わない割に、なかなか捨てられないし、場所も取る、定番アイテムの写真。これ、全部デジタル化できればいいんですけどね…。とりあえず、大きめの箱にまとめて送ることにしました。

MacBookの箱

全然出番はないものですが、もし新しいパソコンを買って売ることになったりしたら、箱付きの方が圧倒的に高く売れるので、保存していました。2台分の箱は結構場所をとるので、今回預けることとしました。

宅配収納サービスTRUNK(トランク)に荷物を預けて、部屋を片付けてみた!の画像09

こんな感じで詰め込みが完了しました!

TRUNK(トランク)の使い方3:集荷の依頼をしよう!

宅配収納サービスTRUNK(トランク)に荷物を預けて、部屋を片付けてみた!の画像06

荷物を詰め終わったら、アプリから集荷依頼をかけましょう。TRUNKのアプリはストアからすぐにダウンロードできます。私はTRUNKのダンボールを取り寄せたので、入力したのは希望日時のみ!翌日の午前中に取りに来てもらうことにしました!
ちなみに、普通に宅配業者に集荷を依頼することはできません。というか、そもそも送り先がどこにも書いていないので、自分では手配できません!

翌朝、時間どおりに佐川急便さんが荷物を受け取りに来てくださいました。重い荷物も軽々と持って行ってもらえました!

TRUNK(トランク)の使い方4:アプリで荷物の管理をする

荷物を送って1週間ほどすると、アプリに送ったモノ達が登録されます。ここから、不要なモノをマーケットに売りに出したり、必要になったものを自宅に取り寄せたりが簡単にできます。家の押入れが1つ増えたみたいで、とっても便利!

TRUNK(トランク)は、めっちゃ気軽に使えるトランクルーム

洋服が好きで衣替えをする人や、季節に偏った趣味(スキー・スノボなどまたは、バーベキューなど)がある人はTRUNKを利用するとすごく便利なんだろうなと思いました。また、アプリの動作がサクサク軽く、アイコンなどもすごく可愛くて、アプリを開いて自分の荷物を眺めるのが楽しいです。
荷物を送り出した後の家は少しだけスッキリして、これを気に一気に断捨離しよう…!という欲求がふつふつと高まってくる、お悩みコラム編集部員なのでした。

ニフティ不動産に会員登録で、TRUNKが特別価格で使える!!(※)

今なら、ニフティ不動産に会員登録をすると会員特典として
・初期費用500円→無料
・1箱500円の専用箱→3箱まで4ヶ月間無料

という特別価格でTRUNKの利用が可能です。
この便利なサービス、ぜひおトクに使ってみてください。

※会員特典の内容は、予告なく変更または終了する場合がありますのでご了承ください。

たった10分でお部屋スッキリ。簡単収納サービスtrunk(トランク)