トランクルームとはレンタル収納スペース!おすすめはネット宅配型の画像01

トランクルームは収納するのに必要な分だけ、その都度スペースを借りることができるんです。

今回は3種類あるトランクルームの紹介とその活用法、自分にあったトランクルームの選び方を説明いたします!



トランクルームとはレンタル収納スペース、引っ越し時にも活用

トランクルームとはレンタル収納スペース!おすすめはネット宅配型の画像02

トランクルームとは、個人や企業向けに展開されている「貸スペース」のこと!
倉庫ぐらい広い場合もあれば、ボックス単位で貸し出ししているサービスもあります。

・急な引っ越しや同棲などで、荷物の選別が間に合わない
・引っ越したい物件の収納スペースが足りない
・買いたいものが多すぎて、収納スペースからモノが溢れてしまった

このような様々なシーンで活躍できるのがトランクルームの魅力です。

トランクルームの運営会社はたくさんありますが、業者によっては荷物の出し入れが制限されていたり、預けられる種類が少なかったりする可能性も。自分のニーズにあっているか、事前にサービス内容を確認しておくと良いでしょう。

トランクルームには屋外コンテナ型やネット宅配型もある

トランクルームには大きく分けて3つの種類があります。

①屋内ビルイン型
②屋外コンテナ型
③ネット宅配型

それぞれ特徴が異なるので、預けたい荷物によって使い分けるのがオススメですよ!
3種類ごとの活用例やメリット・デメリットを、簡単に解説します。

①トランクルーム(屋内ビルイン型)

屋内ビルイン型のトランクルームは、小スペースからレンタルできるのが魅力!クローゼット感覚で使えるので、シーズンものの小物や洋服などをしまうのにピッタリですよ。

屋内ビルイン型なら、屋外コンテナ型のように雨風に晒されることもないため、劣化などの心配もありません

屋内ビルイン型は駅から近い場所にあるケースが多く、会社によっては24時間出し入れ可能な場合もあるので、自分の生活スタイルに合わせて選択するのがオススメです。

屋内ビルイン型のメリット
・雨風による劣化を防げる
・ビルの出入口とトランクルームの扉で、2重に施錠できるため安心
・0.5帖タイプなど、小さめのサイズから貸し出しているのでクローゼット感覚で使える

屋内ビルイン型のデメリット
・大きなスペースを借りにくい
・更に物が増えたときに再契約をする必要がある
・預けられるものに制限がある(家具など大型のものは預けられない)


②トランクルーム(屋外コンテナ型)

トランクルームの中には、屋外に設置されたコンテナをレンタルするタイプ(屋外コンテナ型)もあります。
小スペースを気軽に借りられる屋内ビルイン型に比べ、より大きなスペースを安価に借りられるのが屋外コンテナ型の魅力です。

また、コンテナ近くまで車で移動することができるため、屋内ビルイン型よりも運搬が楽チン!倉庫や物置の代わりに使用するのはもちろん、ガレージ代わりにバイクや自転車などを収納することも可能です。

屋外コンテナ型のメリット
・広いスペースを気軽にレンタルできる
・コンテナ近くまで車で運搬できる
・自転車やバイクを収納できる

屋外コンテナ型のデメリット
・小スペースからのレンタルサービスが少ない
・屋内ビルイン型に比べ、雨風で劣化する可能性がある
・会社によっては利用時間が制限されることも


③トランクルーム(ネット宅配型)

トランクルームの3種類目は「ネット宅配型」
これは段ボールなどに預けたい荷物を入れ、倉庫に郵送することで預け入れを行うサービスのことを言います。
段ボール1個分から預けることができるので、本や思い出の品といった「捨てられないけどかさ張るもの」を預けるのにぴったりです!

また、「屋内ビルイン型」「屋外コンテナ型」よりも月額料金が格安なのが、ネット宅配型トランクルームの特徴!
「トランクルームに興味はあるけど、ちょっと手を出しづらいんだよね」と思っている方にこそ、オススメしたいサービスです。

ネット宅配型のメリット
・段ボールにまとめて郵送することで、カンタンに荷物が預けられる
・月額料金がリーズナブル
・ネット/アプリで簡単に手続きができる

ネット宅配型のデメリット
・自分で荷物を取りに行けない
・倉庫の様子を確認できない
・集荷依頼をしなくてはいけない

今回は引っ越しや部屋の整理に便利な、屋内ビルイン型ネット宅配型を紹介します♪
屋内ビルイン型のトランクルームが知りたい人は、このまま読み進めてください。
ネット宅配型のトランクルームが気になる人は、以下をタップすれば早く記事を読めますよ♪
ネット宅配型のトランクルームとは?

トランクルームのサイズ別料金相場、初期・別途費用に注意

トランクルームとはレンタル収納スペース!おすすめはネット宅配型の画像03

トランクルームを活用する上で、サイズ選びはとても大切です。
必要以上のスペースを借りてしまえば割高になりますし、借りたスペースが狭すぎた場合、再手続きの必要や詰め込んだ荷物の破損につながる恐れがあります。
トランクルームを格安で利用するためにも、自分に必要なサイズがどれくらいなのか確認しておくと良いですよ!

トランクルームのサイズ選びと収納できる荷物の目安

トランクルームのサイズを選ぶ際は、どんな目的で利用するのか明確にしておくと選びやすいです。
引っ越し前の物置として使う場合、一人暮らしであれば1~1.5畳程、カップルやファミリーであれば荷物の量に応じて2~6畳程のスペースが必要となるかもしれません。

最適なトランクルームのサイズを選ぶためにも、まずは各サイズに何がどれくらい入るのかチェックしてみましょう!
屋内ビルイン型を想定して、荷物の目安量をまとめました。

サイズ(広さ) 荷物の目安量
0.5畳 洋服・本・小物など、段ボールに入る荷物
1畳 布団やテレビ・電子レンジなどの小型家電
2畳 ダブルベッドなどの大型家具や大型家電
3畳 ダブルベッド・衣装ダンスなどの大型家具や大型家電、段ボール20箱分
4畳 ダブルベッド・衣装ダンスなどの大型家具、大型家電に加えて段ボール30箱分
5畳 ダブルベッド・衣装ダンスなどの大型家具、冷蔵庫・洗濯機などの大型家電に加えて段ボール30箱分
6畳 ダブルベッド・衣装ダンスなどの大型家具、冷蔵庫・洗濯機などの大型家電に加えて段ボール40箱分

トランクルームに預けたい荷物が、自転車やバイク、スキー、スノーボードなどすぐに使わないスポーツ用品などの場合は、屋外コンテナ型をオススメします。

また、預ける量が段ボール1~2個ですんでしまうのであれば、屋内ビルイン型のトランクルームよりも、ネット宅配型のサービスを利用したほうがお得ですよ。

トランクルームの料金を比較【東京・大阪】

トランクルームの料金は、サイズや場所によって大きく異なります。
とはいえ、月額どれくらいかかるのか相場を知りたいですよね。

そこで、東京と大阪の都心部でどれくらいの値段になるのか、トランクルームの大手3社を比較してみました!
「トランクルームの月額料金が不安…」と思っている方は、是非参考にしてみてください。

▼トランクルームの料金相場(東京都港区)


サイズ キュラーズ ハローストレージ ライゼボックス
0.5畳 15,200円
1畳 23,500円 14,400円
2畳 39,500円 27,000円 19,300円
3畳
4畳 49,200円 43,300円
5畳 87,400円
6畳

▼トランクルームの料金相場(大阪市中央区・淀川区)


サイズ キュラーズ(淀川区) ハローストレージ(中央区) ライゼボックス(中央区)
0.5畳 5,900円 7,600円
1畳 11,200円 11,000円
2畳 18,300円 16,000円 11,000円
3畳 26,900円 22,000円 18,000円
4畳 33,600円
5畳 40,500円
6畳

トランクルームを短期で借りるなら、初期費用や別途料金に注意!

トランクルームを借りる際、気をつけないといけないのが初期費用や別途費用
ついつい月額料金だけ確認して、それ以外の費用をチェックせずに契約してしまいがちですが、トランクルームには月額料金のほかにも、初期費用・解約料・更新手続き・保険や補償といった費用が発生します。

たとえ月額料金が激安でも、別途料金が割高であれば意味がありません。
利用したいトランクルームが総額でどれくらいかかるのか、前もって確認しておくと良いでしょう。

【トランクルームの初期費用内訳(一例)】
・月額料金の前払い:1ヶ月分
・保証金:1ヶ月分
・契約手続き料:3,000円
・鍵の交換費:3,000円
・セキュリティ登録費:1000円
⇒合計:月額料金の約3ヶ月分

どの会社を利用するかにもよりますが、屋内ビルイン型・屋外コンテナ型の場合は、初期費用としてある程度の金額が必要となります。
そのため、1日や1ヶ月といった短期での利用はあまりオススメできませんね。

トランクルームは空調完備が鉄則!有人で24時間の自宅近くが◎

トランクルームとはレンタル収納スペース!おすすめはネット宅配型の画像04

ここまで、トランクルームの料金やサイズに関するチェックポイントをまとめてきました。
ただ、実は他にもトランクルームをレンタルする上で、気を付けておきたいポイントがあるんです!
後々「しまった!」と後悔することがないよう、下記のポイントをチェックしておきましょう。

①トランクルームにエアコンなどの空調完備があるか

大切な荷物を預けるトランクルーム。
預けるものにもよりますが、密室に放置していたらカビが生えたり、変質したりする可能性がありますよね。
特に、楽器など繊細なものを置く場合は、空調管理は必須となります。

預けた荷物を最適な状態で保管するために、エアコンなどの空調設備が完備されているトランクルームを選ぶと良いでしょう。

②トランクルームが自宅の近くにあるか

ネット宅配型以外のトランクルームを利用する場合は、自宅の近くにあるかどうかは重要なポイント。どれだけ安く条件のいいトランクルームだったとしても、家から遠いと荷物の出し入れが大変ですよね。

トランクルームを借りる際は、立地にこだわることをオススメします。

③トランクルームの利用時間に制限がないか

トランクルームによっては、日中しか荷物の出し入れができないことも。一度預けたらなかなか取り出せないとなると、使い勝手が悪いですよね。

その点、24時間出し入れOKのトランクルームなら、時間帯を気にせず自分のタイミングで荷物を取りに行くことが可能です。
預けたい荷物が比較的よく使う荷物なのか、それともめったに使わない荷物なのか。状況をよく見極めたうえで、トランクルームを利用するのがベストです。

④有人のトランクルームだとセキュリティも万全

屋内ビルイン型の場合、トランクルームにスタッフが常駐している会社もあります。
スタッフがいれば、トラブルが起きたときすぐに相談できますし、セキュリティ面でも安心ですよね。
また、トランクルームの電球交換や清掃管理なども徹底されていることが多く、気持ちよく利用することができるメリットも◎。

⑤トランクルームにエレベーターがあるか

屋内ビルイン型の場合、事前にエレベーターがあるかどうか確認しておくと良いでしょう。
手で簡単に運べるぐらいの大きさ・重さであれば問題ありませんが、大型・大量の荷物ではエレベーターがないと搬入が難しいケースも。

小さなビルだとエレベーターがないところも多いため、あらかじめチェックしておく必要があります。

トランクルーム(ネット宅配)は料金が安い!本や服の整理におすすめ

トランクルームとはレンタル収納スペース!おすすめはネット宅配型の画像05

「本が棚からあふれてしまった…」「季節ものの服をしまうスペースがない!」
そんなときは、ネット宅配型のトランクルームがオススメです。

段ボール1個から預け入れができるネット宅配型は、事前に難しい契約を結ぶ必要もなく、ネット上で簡単に申し込めます
月額料金も屋内ビルイン型・屋外コンテナ型よりかなりリーズナブルなので、気軽に始められる点もメリットの1つです。

トランクルーム(ネット宅配型)は、荷物受け取りを自宅から配送

ネット宅配型のトランクルームは、荷物を自宅から配送できることが最大のポイント。
専用、もしくは自分で用意した段ボールに荷物を詰め、配送業者に運んでもらうので、自宅近くにトランクルームがなくても気軽に利用できます

また、ほとんどのサービスが月額料金200~500円程で利用できるため、屋内ビルイン型・屋外コンテナ型に比べて、リーズナブルなのも魅力的。
一方で、配送業者を利用する都合上、「1箱20kgまで」といった重量規制が設定されている場合も。

家具や家電などを預けるのには不向きですが、その分本や服、季節の小物などを預けるにはぴったりなネット宅配型トランクルーム。くれぐれも荷物のつめすぎにはご注意を!

ネット宅配型のトランクルームの「TRUNK」今なら初期費用0円

トランクルームとはレンタル収納スペース!おすすめはネット宅配型の画像06

ネット宅配型のトランクルームを始めるなら、初期費用無料キャンペーン中の「TRUNK」がオススメ。
ニフティ不動産に会員登録すると、 「TRUNK」の初期費用と月額料金が3箱まで4ヶ月間無料(※)になるんです!
専用の段ボールも無料で付いているので、すぐに荷物を預けることができますよ。
※キャンペーンは予告なく変更・終了する場合があります。

▼預けたアイテムは1点から取り出し可能!

「TRUNK」では、預けたアイテムを1点単位から取り出し可能です。
取り出したアイテムは最短で翌日に配送されるので、「あ、アレ使いたい!」と思ったときにとっても便利。

コミックなどは1つの袋にまとめて送ると、1アイテムとして扱うこともできます
作品ごとにまとめて送れば、本棚代わりに利用できますね!

手軽に始められるネット宅配型トランクルームの「TRUNK」。
気になった方はぜひ、実際に使ってみたレビューもチェックしてみてくださいね。

<参考記事>宅配収納サービスTRUNK(トランク)に荷物を預けて、部屋を片付けてみた!

便利に物件を探すならニフティ不動産アプリ

部屋を借りる!賃貸版はこちら

住宅を買う!購入版はこちら